電子書籍の自炊代行は違法らしいので、おすすめの方法は?

シェアする

ebook_01

電子書籍の自炊についてまとめます。

スポンサーリンク

弁護士の回答を見る、自炊代行業者に依頼すると利用者も罪?

こちらの弁護士の記事が1番わかりやすいです。

簡単に必要な内容だけまとめると

  • 自炊OK
  • 自炊代行違法(自炊代行業者に依頼すると利用者もよろしくない)
  • 裁断済の書籍転売OK

になります。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

自炊代行の最高裁判断

書籍を裁断、スキャンして電子化する「自炊」の代行業は著作権侵害に当たるという判決が確定。

だそうです。2016年3月に判決がでたようですね。。まあ、よくわるしはさておき、現在の法律からするとそういう結論になりそうだな、とわかりますが…。

これを踏まえて合法かつ、品質が高く時間的に素早く料金的に安い形で電子書籍化する方法を考えていきます。
個人的にはどちらかというと値段より時間の問題の方が大きいため、時間の効率化のプライオリティが高いです。

スポンサーリンク

自炊問題の最も大きな問題は、出版社が仕事をしていない

少し駄文を書いてみようと思います。自炊の方法が知りたい人は、この見出しは読み飛ばしてください。

自炊問題って、結局、「出版社が仕事をしていない」

お客さんにサービスをしてくれない、という点に集約されると思いますね。

自炊利用者は電子書籍がほしいのであって、わざわざ自炊がしたいのではないでしょう。

面倒だもん。

どちらかとうと面倒だけど、家を片づけためだったり、
専門書なんかだとOCRのPDFにして検索する利便性だったりのために、
やむなくやっているのが実情かもしれません。

その面倒くさいという、コストを簡略化するために自炊代行業者を利用すると。

つまり、電子書籍があれば、今ある本をBookoffにうっぱらって電子書籍を買い直すはず。

だから、出版社がしっかりと仕事をして電子書籍化したから、
自炊ではなく電子書籍を買ってよ、とアプローチすればいいんじゃないですかねー。
電子版なら少し格安に提供できるかもですし。

個人的には電子書籍化している書籍を自炊するつもりは

1ミリもありません。

まあ、電子書籍が5000円や1万円の専門書ならちょっと考えるかもですけど…。。あんまそういう本はないので。

金銭的コストだけではなく、それに時間的コストがのることを考えれば、極力、自炊なんてやりたくありません。

出版社もリフローが面倒ならOCR対応のPDFや画像書籍にして売ったらいいのに。

それだけでどれだけ助かる人がいることやら。

もしかしたら出版社が仕事をしていない以外に、作家の意向などで仕事をできない事情があるのかもしれませんけど、、
アマゾンで人気の本もかなり電子書籍化されていませんからね。

個人的なことですが、ほしいものリストの中に電子書籍化されたら、
買おうという本が何十冊もたまっていますけど、まったく電子書籍化されませんからね。もうほぼ諦めていますけどね…。

専門書は電子書籍化されていないと不便です。
IT関係者はもちろん、お医者さんとか医療従事者は自炊されている方も多いみたいですね。
あと、いわゆる分厚い本を読む職業の方々ですね。

スポンサーリンク
デジタル化セット

漫画・コミックの自炊代行はやる意味ないかも

ちなみに、古い書物や専門書を自炊する人はまあわかるのですけど、

漫画を自炊している人はよくわかりません。

個人的にはすべてBook off(面倒じゃなければヤフオクでもいいですけど)で処分して電子書籍を購入しています。

比較的電子書籍化が進んでいる、漫画なんて30%オフや半額で買えるんですから。すでに持っている漫画を定価で買うのに抵抗があるユーザーも少なくないでしょう。ただ、このぐらい割引されていればありなんじゃないですかね?

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。 電子書籍のお得な購入方法 電子書籍は一度購入すると、同じ電子書籍ス...

それに加えて時間的なコストが大きいです。
裁断代行するにしてもそう裁断費に加えて送料もかかります。書籍って重たいですから。

もしかしたらお金のない学生さんかもしれませんけど、安くかえることとその自炊にかかる時間にバイトを入れた方がいいかもしれません。厳密に計算していませんけど、その方が「早い」ということが何より大きいです。

あと、作家さんに貢献してあげたい気持ちも少なからずあるでしょう。

自炊がしたいのではなく電子書籍がほしい !

まず、自炊がしたいのではなく電子書籍がほしいのです。

電子書籍化されていればすべて電子書籍で買います。それが早いからの一言につきますね。これは最初からそう。出版社が仕事をしていれば出版社に利益を還元。

電子書籍化されていない本は、自炊を検討します。電子書籍元年のころから5年ぐらいは辛抱強く待っていたのですが、電子書籍化されない本は多いです。。。

待つのも限界がありますし、引越しなんかするときはどうしても実行しなきゃいけません。どこの出版社かは想像におまかせしますが、出版社が仕事をしていないため本棚の本が実はなかなか減ってくれないのが悩み。

おすすめで安い方法は裁断だけ代行してレンタルスキャナー

自炊はキンコーズなどの裁断サービスで裁断してもらって、スキャナーを利用する流れがよさそうですね。
料金は1cmで100円(税抜)みたいですね。薄ければ2冊同時も可で、厚ければ2回分みたいです。

裁断のサービスは実は昔からありますし、この裁断サービスがなくなることはまずないです。

おそらく裁断が1番大変なはず。
また業務用の裁断機を使わないとクオリティが落ちる気がします。

スキャンは時間はとるけど、もしかしたらページの抜けがあるかもしれないため、
自分でやりたい人もいるかもしれません。

裁断だけ代行して自炊用のブックスキャナーを購入するか、レンタルするかで用意します。
電子書籍をバラさない非破壊系のスキャナーもありますが、精度があまりよろしくないようです。

レンタルスキャナーはDMMが定価の1/10ぐらいの値段でレンタルしてくれます。

スキャナーやレンタルスキャナーについては詳しくはこちらの記事で…。

電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナー
電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナーを調査しました。購入とレンタルの両方です。 大量の紙をスキャンできるドキュメントスキャナとも呼...

電子書籍と自炊業界の今度の予想

電子書籍と自炊業界の行く末を考えてみました。ただの妄想です。

● 出版社
あいからわず電子書籍化をしてくれない(一部の優秀な出版社は除く)

できたら出版社に自炊をやってほしいですね。で、それを売れと。

たぶん有名な書籍なんてすごい人数が自炊をしているわけですよね、
根っこで電子化していないから、多くの人の時間と労力が費やされているわけですね。
人類が費やされる時間の損害は計り知れないかもしれません。。

● 自炊代行利用者のユーザー
自炊代行がしにくくなり、少し手間がかかるようになります。
たぶん裁断だけ代行して自宅でスキャンするという合法的な流れに移行するでしょう。

自炊代行業者は本を処分する場合もあったり、送料の関係で返却を諦めたりした人もいるかもしれません。
その人たちが自宅のスキャナーに流れます。つまり、裁断済の書籍がヤフオクなどに出回る率がさらに加速!

● 裁断済の本
自炊代行が難しくなり、自宅で裁断する人が増えるため、ヤフオクなどに出回る率がさらに加速

● すでに自分で自炊していたユーザー
変わらない

● 自炊代行に反対している作家たち
強いていえば裁断済の本をより出回ることに貢献したぐらいでしょうか。。たぶんそうなるような…。
そして、読者目線を意識できず、ユーザーの利便性に損なう取り組みをしてしまった。。。
作家のことを嫌いになった読者もいるかもしれませんね。つまるところ、ただの自己満足でしょうか。。。。。
たぶん何の改善もされません。

裁判はユーザーの利便性には何の貢献もしませんね。。

「俺らの本は電子化しているから、自炊しないで電子書籍で買ってね」と呼びかけるなり、販売展開に取り組むなりするなら、
かなり前向きな取り組みでいいと思うんですけどね。まあ、本をバラすのは抵抗があったりするので、
気持ち的にも電子書籍化されていれば、多少高くても、電子書籍で購入するユーザーが多いかもしれません。
EPUBやXMDFでリフローされているならなおさら付加価値もつくわけですし。

お墨付きではないですけど、一応判決をもらっておきたかったんですかね。
少なくとも何の問題も解決しないはず…。

● 自炊代行業者
事業撤退か、お客さんが出向く店舗型か、レンタル型に移行するかでしょうね。

客が勝手に裁断して勝手にスキャンするなら、たぶんセーフでしょう。
はじめての自炊はおそらくわからないこともあるでしょうけど、そばに聞ける人がいると安心しますね。
結構前から東京や大阪に店舗型の自炊レンタルスペースってすでにあるんですね。

DMMあたりは、レンタル裁断・レンタルスキャナーをやっていますね。
裁断代行だけやって、別メニューでレンタルスキャナーを提供しているところもあります。
著作権に配慮した、わりと賢い事業者ってやっぱりすでにいるんですねー。
結局、裁判前から、逃げ道あるよねー、って感じでしたね。。。

ただ、自宅のスキャンに流れて、利益率が低下するような気もするので、事業撤退するところも増えるかもしれません。

数年前から自炊の揉め事はつまらないな、と感じていました。だからニュースも追っていませんでしたね。ほんと久々。それ結論でてどう変わるの?って考えたらあまり変わらない気がしたからです。

そもそも個人的な複製は可で最初から認められている部分があるから、そこがひっくり返らない限り、根本的な部分で変化はないと。
自炊代行業者に微々たる変化があるしれないけど。

もうひとつは、そもそも出版社がお客さんのために仕事をしていなかったのが原因。

今回は自炊について、連々と思ったことを駄文にしてみました…。

ここまで書いていて、ちょっとしたオチですが個人的にはまだ自炊をやったことがありませんw。
はじめは出版社が電子書籍化をしてくれることを期待して放置してきました。
電子書籍がでたものは電子書籍で買っていますが、やはり本が溜まってきます。

電子書籍化を取り組まないおサボり出版社が多い気がします。特に昔の本で評価が高いものはそう。
そろそろ本棚が限界なので考えなくてはいけません。もう今、本棚にある書籍は電子書籍化されないだろうと。
気長に待ったけど、さすがに諦め時だろうと。。。

引越しや本棚をなくす上でいずれ考えなけれあばいけない問題なので、今回、ちょっと調べてみました。
すべて電子書籍化されていれば自炊なんてフローはいらないんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする