「Kindle本のポイント還元セールのまとめ」と「アマゾンの仮ポイントがつかない原因」

シェアする

ebook_01

「Kindle本のポイント還元セールのまとめ」と「アマゾンの仮ポイントがつかない原因」をまとめておきます。

キンドルのポイント還元セール

まずはKindle本のポイント還元セールについて。

  • 全商品が対象ではありません。
  • 本を購入するさいは、もちろんアマゾンギフト券が使えます。1クリックで購入する場合は予め登録しておかなければなりません。
  • ポイントが付与されて、さらにポイントを使って購入してもポイントがつきます。
  • ポイント還元終了時期はわかりません。
  • 他の要件でサポートと話す機会があってので、ついでに聞いてみましたが、案の定、教えてくれませんでした。^^;
  • ただ、キンドルのセールは他の電子書籍ストアのセールとあわせておこなわれることが多いため、他の電子書籍ストアのセール期間目安になるかもしれません。
  • 先日、ebookjapanが50倍ポイント(半額セール)をやったら、キンドルは追従して開始しました。終りもあわせてきましたよ。
  • 要は、半額セールなどの際に、客がストアを移動するため、流出防止のためですね^^;。
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

アマゾンの仮ポイントがつかない

しかし、キンドル(kindle)の書籍を購入したとき、アマゾンの仮ポイントが増えない、という事件が起きました。
仮ポイントの確認方法はアカウント上にメニューがあるからわかります。Fキーで「ポイント」で検索すればすぐに見つかります。

カスタマーサポートに直接確認したところ、本来であれば、即時反映されるが、時間がかかるということ。
とりあえず、数日の様子を見ることになりました。

仮ポイントが確定して使える流れですね。

アマゾンのカスタマーサポートは電話やチャットがあるため、対応が5分以内で助かります。

スポンサーリンク

他の電子書籍ストアを利用するメリット

現在、他の電子書籍販売サイトも併用しています。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2015) おすすめで安いのはどこ!? » eBook Brain

他の電子書籍購入サイトを使う1番のメリットは、さまざまなセールを利用して安い価格で電子書籍をそろえることですね^^;
キンドルはセールの比率がまだまだ少ないため。月1ぐらいで半額に近い価格でセールしてくれるストアもありますよ。

他にも家族で共有したりしなかったりで使い分けている人もいるみたいですね。
子供と共有できる漫画とそうでない漫画はあるかもしれませんね。

友達に貸す機能がなくても複数端末OKの電子書籍サイトは多いため、共有は問題なくできると思います。
PCが複数台あることもありますし、使っていない古いiphoneやipadの端末なんかもありますからね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク