Ascend Mate 7 (8)ではなくnexus6pを購入、DMMモバイル(dmm mobile)で運用

シェアする

wifi001

6インチぐらいのスマホがほしく、Ascend Mate 7 (8)か、nexus6、nexus6pか検討しましたが、結局nexus6pをGoogleストアで購入しました。

simフリーです。

ちなみに、nexus6とnexus6pのデメリットはこちらにまとめました
nexus6とnexus6pのデメリット

Googleブランドは関係ない!

もちろん、Googleブランドだから、nexusを購入したというブランド志向な理由ではありません。^^; nexus6pの開発は、同じ中国メーカーのHUAWEI(ファーウェイ)ですからね。Ascend Mateと実は同じなのです。 余談ではありますが、nexus6はMotorola(モトローラ)です。 モトローラは現在、中国のレノボがGoogleからモトローラ・モビリティを 買収しています。

ソニーxpedia以を除けば結構中国やgalaxyのサムスン(韓国)などのアジア製品が多い時代に…。 ただ、xpediaは6インチがない。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

6インチはちょと大きく、nexus6pはズボンのポケットに入った

nexus6pを購入した1つめの理由としてサイズです。nexus6pは6インチではありません。正確には5.7インチでちょっと小さいです。 nexus6が6インチだから…とよく見てみたらちょっと変えたようです。やっぱりちょっと大きかったのでしょうか。 けど、iPhone6 plusより少し大きいです。

6インチは男性の大人の手でもずっと持っているとちょっと大きいと感じます。 握ってもっていると疲れます。

nexus6pはわりとズボンにもよりますが、ズボンのポケットにいれても平気です。

個人的にはズボンのポケットに入ることは結構重要です。
入らなかったらズボンを買い換えようとまで考えていました…。ズボンの方が安いですから。

でも、うちにあるズボンは全部はいりました。最近はファッションメーカーがズボンのポケットのサイズを スマホが入るように変えているみたいですね。

ちなみに、nexus6もちょっと店舗でお店の人と話しているとき、借りてポケットにいれてみましたが、はいるははいります。
ただ板が入っている感じがすごく、自転車にのるときついな、という気がしました。

nexus6pはポケットに入れたまま自転車にのっています。

スポンサーリンク

nexus6pは容量64gbが魅力!

nexus6pを購入した2つめの理由として容量です。ゲームやアプリを大量にダウンロードするため、やはり64gbぐらい必要だろうという話です。ちなみに128gbは国内の販売はありません。ascend mate 7は最大32G。ascend mate 8あたりで改善してくるでしょうけど。

カメラがソニー(Sony)製

関係ない人は関係ないかもしれませんが、カメラのクオリティが違います。 スペック表にのせていないサイトが多いですが、調べたところ nexus6がIMX214、nexus6PがIMX377でしたっけ。

個人的には結構こだわりがあります。とくに暗いところで撮影すると差がでますかね。

デザインが格好いい!

これは個人的な好みかもしれませんが、デザインが1番格好いいと思いました。
ascend mate 7はちょっと味気ないですし、個人的に黒が好きではないというのがあります。
nexus6はアメリカでは大人気みたいですけど、ゴツい感じがするんですよね。nexus6pはゆるい感じですね。

nanoSIMだとさらに便利に!

実はiPhoneも使っているためnanoSIMの方が都合がよかったのです。 simカードを差し替えれば、メインとサブの端末を切り替えられます。

ascend mate 7はmicroSD。

iPhone6のマイネオ(mineo)とnexus6pのDMM(モバイル)で運用

データ端末はメインのiPhone6でマイネオ(mineo)で運用。 サブ端末がnexus6pでDMMモバイル(Dmm mobile)で運用。 こちらガラケーからmnpした音声通話をかねた電話端末になります。

もともとガラケー+iphoneの2台持ち、かつ格安simの2回線契約でした。
android(電話端末)+iphone(データ端末)にすることにより、月1回やっていた格安simのカードの入れ替えが
なくなり楽になりました。外出先でもBluetoothを切り替えるだけでデザリングできるようになりました。

格安simのmvno回線は3日制限なし速度重視がおすすめ~格安スマホの比較!

mineo(マイネオ)のDプランドコモ版(docomo)の口コミ評判と速度の実測

DMMモバイルの口コミ評判と速度の実測

AndroidでBluetoothのペアリングやテザリング接続設定

音声の品質は変わらないため、電話端末はmvnoの最安のdmmに。 lineやskypeもあるので、電話はあまり使いませんし。

dmmモバイルは回線速度もわりと速いため、マイネオ(mineo)が5gbオーバーした際の予備機であります。 どちらのMvno事業者も繰り越しも可能なので、前月の余りをみて調整すれば想定の範囲ないに収まるだろうと。

  • mineo:前月
  • mineo:今月
  • dmmモバイル:前月
  • dmmモバイル:今月

というデータのストックがあるわけですからね。足りなければ事前に調整します。

端末は1回のみでsimフリーなので長く使う可能性もあるため、ほしいものを購入しますが、回線は毎月なので絞るだけ絞る戦略をとっています。

smsは電話番末のDMMにつけています。両方はいらないでしょう。

格安simのmvno回線は3日制限なし速度重視がおすすめ~格安スマホの比較!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク