フリーランスのための青色申告の記帳代行/帳簿の外注費

シェアする

it001

うちは税務はすべて外注化しているため、記帳代行や決算書の外注化についてまとめます。

スポンサーリンク

クラウド会計ソフトという選択もある

一応、最初に確認ですが、税理士にお願いすると顧問料や記帳代行すべて含めると30万ぐらいかかってしまいます。
バラでやってもらえればいいのですが、通常、記帳代行と決算書の作成までセットでお願いされて、
月々引き落とされることが多いです。

記帳代行や決算書の外注化が高いと思う人や税理士はぼったくりだと思う人は、多少手間がかかりますが、クラウド会計ソフトを検討するのもいいかもしれません。半自動かなので、便利は便利です。

クラウド会計ソフトの徹底比較おすすめで安いのは!?〜青色申告と白色申告 » eBook Brain

では、本題にはいります。

スポンサーリンク

記帳代行や決算書/確定申告書を委託する際のポイント

記帳代行や決算書/確定申告書(白色申告/青色申告) の委託する際のポイントです。

しっかりと記帳代行をやってもらえる安いところを探しました。正直、青色申告の段階から検討してもいいかもしれません。ただし、初年度は「ある程度、自分でも理解した方がいいだろう」と考えて、コツコツと自分で記帳しました。ただ、記帳は面倒であり、特に苦手意識がある人は時間もかかり、そのぶん、本業に力を割きたいというのが本音ではないでしょうか。そこで、2期目から、外注化することを検討しました。実際、外注化したのは3年目です。

まず、記帳代行だけではなく、今後を見据え経理の作業全体で考えました。税理士顧問料は高いところも多いので、できるだけ格安なところを探します。そして、節税や経営のアドバイスは、税理士より、経営の知識がある友達とすれば十分ではないかと。個人的には、毎月、税理士に相談することがあるとは思えず、また他からそのような状態になりやすい、という情報も仕入れました。忙しいときに、税理士との話しに時間も割きたくありませんし…。

税務調査の際、ヘルプは頼めるかは確認しておきます。個人の確率は1%ぐらいです。

スポンサーリンク

記帳代行や決算書、顧問税理士の料金の相場

相場は人によります。

  • 仕分け数
  • 利益

この2点で、大抵、料金が決まるため、現状によりかなり差はありそうです。

記帳代行の相場は広告を出している記帳代行業者も多いため、すぐに自分にとっての相場がわかります。もちろん、記帳代行の広告をだしていないところもあるため、検索エンジン経由や友達からも情報収集しましょう。

あと、青色申告会でも記帳代行サービスをやっているところもあるようです。といっても青色申告会から業者に委託しているところも少なくないようですが…。中に入っているだけ!??、使ったことがないためわかりません。

個人的には30社ぐらい比較しましたが、すぐに数社に絞り込まれました。電話とメール、郵送のやりとりだけでも可能なため、必ずしも地元で探す必要はありません。 ただ、近いと何かあったさいには便利でしょう。

あと、落とし穴にハマりやすいのは、何をやってもらえるのか、別料金がないのかなどです。 意外と広告ってわかりにくく書きますからね。しっかりと裏を取りましょう。

そのスタイルについて、これから書いていきます。

税理事務所の外注化にはいろいろなスタイルがある

スタイルは、

  • 記帳代行のみ
  • 記帳+決算のみ
  • 記帳+決算+顧問税理士 ×
  • 決算書のみ ×

*記帳代行は丸投げとそうじゃないスタイルがあり

決算書のみは正直、楽になるとは思えません。 慣れていない記帳に時間を取るので、即効、そのコースは外しました。このコースで頼んでしまう人の意図がわかりません(たぶん記帳だけ自分でやって少しでも安くあげようと思ったのかもしれませんが、それなら全部自分でやった方がいいのではないかと)。。

そして、記帳代行は丸投げとそうじゃないスタイルがあります。個人的に丸投げじゃないと楽になるとは思えません。自分でエクセルで入力して渡すなんて、どんだけ二度手間なんだという気がします。。 丸投げは大抵、倍の料金になりますが、それでも丸投げしかないだろうなと。

また、税理士や公認会計士と外部で提携のみしており、記帳代行のみを請け負っているところがあります。このスタイルは、何かあったとき、また別のところを探す必要がありますし、若干、不安のため候補から除外しました。

あと、記帳代行は価格破壊が進んでいます。 相手の立場を考えてあげると、記帳代行のみで、あまり利益をあげられると思えないため、決算とくっつけるスタイルが一般的なんでしょうね。

顧問税理士は、毎月、相談することがあるとは思えないため、 顧問料はオプション扱い、月額ではなく年額、回数によるチケット制のところがいいかもしれません。ただし、残念なことにほとんどが月額が現状です。 法人化していなければ、ついていないことろはあります。 個人的にはいつでもつけられるけど、顧問税理士としての料金は、必須ではない、ところがいいと思いましたね。

税理士と公認会計士の違い

税理士と公認会計士の違いが、ちょっと気になりました。

公認会計士は税理士に登録すればすぐになれます。 税理士は試験を受けないと公認会計士になれません。 このぐらいおさえておけばいいでしょう。弱小企業やフリーランスが発注する場合、基本的にどっちでもOKという結論です。

どこで決断するのか

経理は継続的にお世話になる可能性があるため、慎重に選んだ方がいいでしょうね。 相性がいい人がいいかもしれませんが、継続的課金されていくため、激安なところがいいかもしれません。 そんなに会うこともないし、事業の質に影響するパートナーでもないため、 経理は仕事さえきちんとやってくれればいいという考え方もあるかもしれません。

来年度から変更も可能ですから、リサーチするだけしたら決断することが大事でしょう。 ただし、契約書をかわすとき、そのまま継続委託になるようなものが少なくありません(^^;

余談ですが、決断できないのは、決断するだけの情報が、手元にないからです。 疑問点を解消するために、まずは情報収集です。 細かいことに目をくばることも大事ですが、それよりも大事なのが、全体をみて、抜けがないように注意しましょう。

情報量がいっぱいになった時点で優先度をつけて決断しないいけません。 パーフェクトな条件はなかなかありませんから、多少割り切ることも大事だと思います。

記帳代行といえば、デザイナー(グラフェックデザイナーやWebデザイナー)やエンジニア(プログラマーSE)などのフリーランス、駆け出しの起業家や自営業(個人居酒屋や整骨院、介護サービスなど)、電子書籍やアフィリエイト(アフィリエイター)などの副収入の方々ですかね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする