クーポンガチャが魅力の電子書籍booklive(ブックライブ)の口コミ・評判・満足度などまとめ

シェアする

ebook_01

booklive(ブックライブ)のアプリをインストールして使っています。

主な電子書籍ストアの比較記事をこちらに書きました。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...

こちらではbookliveについて覚書をまとめていきたいです。

booklive(ブックライブ)のクーポンガチャ

割引といえば、Bookliveはクーポンガチャというシステムがあります。20-30%割引が多いですが、半額割引もでます。
50%は簡単にはでないので、毎日ひくといいかもしれません。こちらの画像をクリック!

対象のジャンルや割引率が変わる日替わりクーポン。1日最大2回までガチャにチャレンジ可能です。

booklive(ブックライブ)の公式サイトを確認する » eBook Brain

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

booklive(ブックライブ)の50%オフクーポン

クーポンガチャはなかなか半額券はでないみたいですね。個人的にも全品50%オフはガチャがでたことはありません。。たまにしかやっていませんが・・・。

でも、今までの経験でいうと、1年に1回ぐらい50%オフクーポンがメールで配られます。1冊限りですけど、高めの専門書なんかを購入するのがいいんじゃないですかね。

ちなみに、「BookLive! から50%OFFクーポンプレゼント!」という件名でしたので、履歴で検索したい人は検索してみるとよいでしょう。

Gmailなんかだとプロモーションメールに紛れてしまうことがありますね。万が一、使い損ねても翌月きたパターンもありますよ。

booklive(ブックライブ)の公式サイトを確認する » eBook Brain

個人的にはBookliveはある専門のジャンルの本を揃えるのに利用しています。どのように使い分けるかは決めておいた方がいいですね。

スポンサーリンク

booklive(ブックライブ)の口コミ・評判

2ch(2ちゃんねる)などの評価も見ましたが、それほど悪評はありませんでした。何気に使っている人は多いです。私も使っていますが、電子書籍リーダーがつかいやすいのが特徴です。フォルダに鍵をかけることもできます。

booklive(ブックライブ)の公式サイトと特徴をもっと見る» eBook Brain

booklive(ブックライブ)のクーポンとポイント

半額(50%)クーポンは新規会員や会員登録の後に半額クーポンを配る場合もあります。それに加えて定期的に出版社を限定してキャンペーンをやっています。よくアプリにお知らせの通知がきます。クーポンを適用してもポイントバックできますし、ポイントはTポイントのため使いやすいと思います。Tポイントはファミマやガストやジョナサンなどのスカイラーク系レストランなどに対応しています。

booklive(ブックライブ)の公式サイトや新規会員様の半額クーポンを確認する » eBook Brain

スポンサーリンク

他の電子書籍ストアとの比較

利用者数は楽天kobo、キンドル(kindle)、hontoの方が多いですが、bookliveは昔から満足度が高めの電子書籍ストアです。

電子書籍ストアの満足度は「eBookJapan」が76.1ポイントでトップになった。「LINEマンガ」が75.0ポイントで2位、「BookLive!」が74.4ポイントが3位でこれに続いている。

ソース:https://csnews.jp/denpainfo/itservice/20141015_1147.html

booklive(ブックライブ)の公式サイトを確認する » eBook Brain

漫画を読むなら、ebookjapanもあわせてみるとよいでしょう。
ebookjapanの電子書籍の口コミ・評判(運営はイーブックイニシアティブジャパン) » eBook Brain

booklive(ブックライブ)の運営会社

運営会社は株式会社BookLiveです。
母体は大きく、国内印刷2強と言われる凸版印刷(もち東証一部)です。

booklive(ブックライブ)の公式サイトを確認する » eBook Brain

booklive(ブックライブ)のデメリット

電子書籍リーダーには次のようなデメリットがありますかね。

  • アプリの場合、クラウド上で本が読めない。ダウンロードして読む必要があります。ブラウザからは読めます。
  • カテゴリわけはできるけど、任意の順番で本棚の並べ替えができない。
  • 和書内で検索した場合、キンドルや楽天koboのように検索結果が一覧表示にならない。前へ次へなので不便。

電子書籍ストアの比較記事をこちらに詳しくまとめました。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク