初心者でもわかるWiMAX2プラス(モバイルwifiルーター)の選び方

シェアする

wifi001

これだけ読めば、WiMAXについて、一通りわかるようにまとめておきます。なるべく漏れがないように。

WiMAXやWiMAX2といった、モバイルwifiルーターは、速度制限にひっからないため、動画を見たりゲームをプレイのに便利です。iPhoneなんかだとデザリングしていても、7GBの制限にひっかってしまいます。 ダウンロードなんかもそうで、アップデートが頻繁なゲームなんかやるとすぐひっかかるんですよね。(^^;

そこでもっと高速回線を手にいれるべく、WiMAXの調査に入りました。
今ならWiMAX2プラスですかね。

スポンサーリンク

モバイルwifiルーターを導入する前に抑えておくポイント

まず、この業界の構図をざっくりと俯瞰して調べたところ、

・WiMAXは無線規格のひとつで、UQコミュニケーションズが本家のようです。

・とくとくBBやニフティなど、他にもいろいろなプロバイダがありますが、それ以外の違いはありません。あと、料金プランが違うだけです。UQコミュニケーションズの代理店みたいなものなんでしょう。

・WiMAXも携帯電話と同じようなビジネスモデルです。キャンペーンがお得なところは、途中解約の解約金が多い、という場合が多いです。そして、どこも2年縛りが多いです(1年のところもあります)。いずれにせよ、トータルの料金で比較しましょう。

・auのスマホを持っていると、圧倒的にお得。スマホ割りなんかもあります。何故、auだけがお得かっていうと、UQコミュニケーションズが、KDDIの子会社みたいですね。KDDIのWiMAX実験部門から100%出資でできた会社です。そのあと、資本参加している会社もありますが、KDDIが基本的に牛耳っているってことでしょう。個人的にも携帯がauだったため、助かりました。^^

・WiMAXの回線は、すべてカバーできるわけではないので、イーモバイルや携帯のデザリングでの併用が必要。個人的にはWiMAX1本はきついと思います。たとえば、WiMAXは電波から遠くなる奥行きのある建物が苦手です。使い分けでしょうね。

・すでにどこもWiMAX2を売りにしている。WiMAX2プラスは3方式から選べる端末もあり便利です。

・速度制限はどこもなし。ちなみに、 下りとか上りとか言う言葉がでてきますが、
この意味は、マイPCから他の機器に向かう通信が「上り」、他の機器からマイPCに向かう通信が「下り」。ネットサーフィンは下りですね。アップロードやメールにファイルを添付して転送は上りですね。

・自分が住んでいる場所と使いたいエリアが繋がるかどうか調べる必要があります。東京などの都心はいいけど、サポートしている地域でも田舎は電波が悪いらしいみたいな情報は2chなどでちょくちょく見ました。東京でも府中とかはダメっぽい。。府中はいかないからどうでもいいけど。。^^;

・ネットゲームはオンラインFPSはちょっときつい。要は瞬間的な判断が命取りになるゲームはきついってことです。MMOやカードゲーム、ソーシャルゲームのダウンロードなんかは平気でしょう。

回線やWiMAX2が変わらないとなると、差がでるのは、料金とサポートぐらいです。
だから。料金とサポートで比べるのがいいでしょう。

こちらの記事でwimaxルーターの徹底比較をしました。
GMOとくとくBBの1年契約が最安!?【モバイルwifiルーターWiMAXの徹底比較(2014)】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする