漫画喫茶か電子書籍か、最近、漫画喫茶で全巻読破はないですね!

シェアする

ebook_01

最近、漫画喫茶で全巻読破しなくなりましたね!ちょっとその辺の事情をツラツラと書いてみようと思います。

「漫画喫茶」と「電子書籍」のコスパ比較

漫画喫茶で漫画1冊読むのにかかる時間は30分で1冊ぐらいでしょうか。 読むのが遅い人や文字が多い難しい漫画になると、1時間かかるかもしれません。

あと、一気に読もうとすると、ダレてくる場合があります(^^; ネットをやったり、たこ焼きを食べていたり。

漫画喫茶と電子書籍を比較すると、 漫画喫茶の方が安いじゃんと思われがちですが、ご存じの人もほとんどかもしれませんが、 最近、電子書籍の漫画は30%オフ、40%オフ、50%オフで手に入ります。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2016) おすすめで安いのはどこ!? » eBook Brain

快適clubやグランサイバーカフェなどの漫画喫茶の料金は、お得なセットで3時間1000円ぐらいです。6冊読めます。 ただ6冊読むのはかなり気合をいれればの話で、リラックスしながら読んでいると実際は4冊ぐらいなんです。読むの遅いのかな^^;

あと、思ったより長くいたみたいなこともあります。^^;

それに対して、電子書籍は仮に1冊500円として半額で買えば250円。1000円で4冊です。

同じじゃんと!!

まあ、無理やりあわせたような感じもしないでもないですけど、 多少の料金の差なんてどうでもいいのです。
そんなに変わらないね、ということさえわかれば。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

電子書籍の料金以外のメリット

ここからが大きな差です。電子書籍には他に大きなメリットがあります。

  • 時間に縛られて、セカセカ読まなくてもよい
  • 読みたい場所で読める
  • 所有しているため読み返したいとき読み返せる(個人的にはこれが大きいです)
  • オープンな人なら家族でアカウントも共有できる

そのため、多少電子書籍が高くても電子書籍を買います。 所有することは大きいですね。

スポンサーリンク

漫画喫茶に行く目的

漫画喫茶はアイス食べられたり、あの引きこもり空間が嫌いじゃありません。

空間が好きなんですね。

最近はipadで読めるなんていうサービスも一部ありますが、時間で拘束されるのに変わりないため、
個人的にはどうでもいい話ですね。まあ、他の人に取られていたみたいなのはないというのが利点でしょうけど。

ただ漫画を読むという点だけに関していえば、試しこみですね。 最近は漫画喫茶(ブックオフでもいいですけど…)で1・2冊読んで 面白かったら電子書籍を購入する流れになっています。 面白くなかったらリタイア。

だから、基本的に長時間漫画を読むはないですね。
長時間いるときはお泊まりとか別目的かもしれません。

漫画喫茶は漫画を読むことからあの快適な?空間に滞在することも目的がシフトしている気がしますね。
そのせいか、結構、居心地がよいマンキツがふえましたしね。

中古に売るのは時間の無駄

ちなみに 昔、新品で紙の書籍を購入して中古で売るなんてことも、大昔にほんと数冊やったけど、中古で売る時間が無駄です(^^;。 時間的コストが大きいです。その間仕事したいですね。

ついでにいうと部屋の本棚やスペースもとるため無駄!

筆者に貢献を

もうひとつ電子書籍の方がいいのかな、という理由は、 面白い漫画を書いてくれた作者にささやかなチップを渡せることですかね。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2016) おすすめで安いのはどこ!? » eBook Brain

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク