東京・大阪など裁断代行サービス比較とレンタルスキャナーまとめ

シェアする

ebook_01

全国の裁断代行業者を調べたためまとめておきます。利用する前に必要そうな知識、レンタルスキャナなどもあわせてまとめました。

豆知識:スキャンより裁断が大変

自炊代行はNGなので裁断代行のみしてもらう方が多いのではないでしょうか。自炊はスキャンより裁断が大変だと言われます。

スキャンも時間がかりますが、裁断はもっと時間がかかります。(ちなみにスキャンはスキャンよりスキャンに抜けがないか確認するのに時間がかかります。。)

そこで裁断代行です。裁断のみ行っている会社って結構あるんですね。業務用の機械を使うため確実です。ご存じの方はご存じでしょうけど、別に電子書籍は関係なく昔からあります。持ち込みできますしダンボールで郵送もあります。

著作権問題もありスキャンはしてくれません。しかし、スキャナーをレンタルしてくれる企業はあるようですね。自炊代行がダメになると、このようなサービスが増えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

豆知識:ゆうパックの30kg制限にかかり、100冊送ろうとすると、3箱になる

100冊送ろうとすると、ダンボール3箱になります(体験談)

ゆうパックの30kg制限にひっかかるからです。1冊50円で裁断してもらうと送料の方が高いことが少なくありません。

送料は片道5000円ぐらいですが、一部負担してくれる業者はあります。ちなみに地域による送料差は思ったほどでもありません。

スポンサーリンク

豆知識:カバーは裁断するしない?

カバーは裁断する派としない派がいるみたいです。個人的には裁断しない派です。

カバーを裁断しないと、スキャンするときにそれだけ分けてスキャンしないといけないので不便です。でも、背表紙や織り込んでいる作者のプロフィールなどが紹介されている部分まで残すことができるため、そのまま残したい人はいいです。ブックスキャナーを使えば長いカバーもスキャンできるものが多いです。裁断代行業者でカバーを裁断した場合、背表紙などはほとんどの場合ゴミ箱行きになってしまいます。

豆知識:自炊は店舗型のレンタルスペースよりレンタルスキャナ

東京や大阪にはスキャナが置いてあるンタルスペースがあります。自炊の森(秋葉原)なんかが有名ですね。自炊の森も結局裁断代行業者になったみたいですね。相変わらず自分スキャンはやっているみたいですけど。

ソース:http://www.jisuinomori.com/

レンタルスペースは時間ごとに料金が取られるため、落ち着いて作業ができない人も多いのではないでしょうか。聞くところによると意外と料金が高くなるとか。

それならば丸一日あいている休日にスキャナをレンタルした方が効率的かもしれません。重たい書籍を持ち込む必要はありませんし、定員さんに本の趣味を把握されることもありません。

スポンサーリンク

裁断機・スキャナレンタルできる「dmmいろいろレンタル」

dmmいろいろレンタルでは裁断機やスキャナーがセットでレンタルできます。スキャナーのみでいい気がしますが、裁断機を使ってみたい人は裁断機もレンタルしてもいいかもしれません。

デジタル化セット

スキャナーは最新の機種が揃っています。個人的には最新のScanSnap iX500を使っています。

【富士通/スキャナー】ScanSnap iX500 FI-IX500-C(Windowsモデル)

dmmいろいろレンタルはレンタルの手順などこちらに詳しくまとめました。

dmmいろいろレンタルのwifiルーターWimax2+ギガ放題(使い放題・無制限)と自炊セットがすごい!
dmmいろいろレンタルではいろいろレンタルできますが、個人的に興味があるのは、WiMAXと電子書籍自炊セットです。 電子書籍に興味があ...

スキャナーはこちらに詳しくまとめました。

電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナー
電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナーを調査しました。購入とレンタルの両方です。 大量の紙をスキャンできるドキュメントスキャナとも呼...

裁断代行できる「キンコーズ」(全国)

コピー・プリントから製本・パネル・ポスター印刷等を、1部から必要な時に24時間サポートいたします。名刺・年賀状もオンライン注文が可能です。オンデマンド印刷ならスピーディーで安心のキンコーズにお任せ下さい。

「キンコーズ」は特に自炊ということではなく、昔から裁断のサービスを提供しています。電子書籍が普及して自炊が有名になりましたが、別に昔からできたわけですね。

  • 1cm100円(税抜)。
  • ちょっと高いですが、店舗持ち込みができます。
  • 店舗は北海道札幌、宮城県仙台、新宿・池袋・渋谷など東京都内に多数、神奈川県横浜・川崎、石川県金沢、愛知県名古屋、京都、大阪、兵庫県神戸のようです。

詳しい料金はこちら。薄ければ2冊同時も可で、厚ければ2回分みたいです。

キンコーズの印刷後の穴あけ・断裁・紙折・ホチキス留めサービスの価格(料金)。穴あけ・断裁・紙折・ホチキス留めなど各種サービスによって料金が異なりますのでご注意ください。オンデマンド印刷ならスピーディーで安心のキンコーズにお任せ下さい。

店舗はこちら!

キンコーズの店舗情報。全国のキンコーズ店舗の場所や情報をご確認いただけます。店舗情報は随時更新しておりますが、設備点検・年末年始等により、営業時間・サービス内容が変更する場合がございます。ご来店の際は、予め電話で店舗にご確認をお願い申し上げます。

裁断の体験談はこちらが参考になります。

店舗型なので裁断が上手な定員さんを見つけたら、その人がいるときに行ってみるなんてこともできるかもしれません。でも、本を持っていくのが重いという人もいるでしょう。その場合は郵送の裁断代行サービスを利用するとよいです。

郵送で裁断代行・スキャナレンタルできる「スキャンブックス」(長野県)

2006年創業、世界初(当社調べ)の自炊(本のPDF化)関連のサービスです。本・書籍を裁断するサービスとスキャナーのレンタルをご提供しています。本1冊から裁断承ります。
  • 1冊あたり79円
  • 1~19冊(送料がかかる)、20冊〜(送料無料)
  • 梱包費一箱につき175円
  • 長野県なので東京など関東の人はわりと送料が安くなる。
  • 書籍の裁断とスキャナレンタルをあわせれば、スキャナが無料でレンタルっぽい。

関西や九州の裁断業者が多い中、長野県なので関東在住の場合、送料が安くなります。ただ、計算したところ、本の冊数が増えると、1冊あたり安い業者の方が安くになります。たしか自炊代行(スキャン代行)は違法なので裁断代行にしましょう、と提案してきたところですかね。

利用したことはありませんが、評判はいいという話はよく聞きます。 値段よりも品質重視の人はいいのかも。まあ、料金の違いといってもたかがしれているのですが。

2009年の頃にはもうあるので老舗ですかね。

郵送で裁断代行・スキャナレンタルできる「裁断ブックマート」(大阪府)

裁断1冊45円から。どのような種類の本・書籍でも裁断します。一冊づつ丁寧に本を裁断し、OPP袋に入れて即スキャンできる状態でお返しします。自炊派を応援する書籍本裁断サービスです。スキャナのレンタルも行っています。

  • 文庫・コミック・新書101冊以上〜1冊45円
  • 全種類書籍混在101冊以上〜1冊60円
  • 郵送先は大阪。
  • 返送料は20冊以上なら無料。19冊以下なら着払い。返送料のみのようです。
  • 本の裁断とスキャナレンタルの両方を申し込んだ場合、割引があります。
  • スキャナレンタル7日4000円
  • スキャナの機種はScanSnap S1500。こちら古いスキャナですが、アマゾンの評価は高いみたいですね。

郵送で裁断代行できる「カットブックプロ CBP」(大阪府、100冊以上で1冊あたり50円)

  • 20冊の初回限定のお試しはお得。
  • 50冊以上1箱は送料無料になる
  • 場所は大阪。
  • 文庫・コミック100冊裁断パック5500円1冊55円
  • 全冊100冊裁断パック6800円1冊68円
  • 100冊以上で50円プランもあり(ただし、カバー裁断はできない)。
  • ブロガーさんの体験談がのっています。

郵送で裁断代行できるブックカットジャパン(福岡県、100冊以上で1冊あたり50円)

50円からの選べる料金プラン(国内唯一)で、お客様の納期やご予算に合わせて本・書籍・雑誌等の裁断を致します。ブックカットジャパンでは大型本・ハードカバーから文庫・コミック・雑誌等まで全ての本・書籍が大きさや厚み、ページ数を問わず同一価格です。もちろん一冊からのご注文大歓迎!熟達の専門作業員が業務用裁断機(断裁機)で、大...
  • 本のサイズ・厚みに関係なく同価格
  • 1冊70円
  • 100冊以上で50円までさがる
  • 50冊以上で1箱は全国送料無料になる(福岡)
  • 往復送料無料のバリューパックがあります。カバーも裁断する場合、お得かもしれません(カバーを裁断しない場合は、計算したところ通常プランの方がいいです。)

以前、利用したことがありますが、ブックカットジャパンは対応が早いです。とくかくダンボールに詰めるだけ詰めて郵送すればいいだけです。本の冊数はカウントして振り込み案内をくれます。カバーを裁断されたくない場合、すべて外して郵送します。丁寧なので特に問題は感じていません。

自炊より購入の方がコスパがいい!?

裁断代行業者があってよかったと思いますが、、電子書籍化されているものは電子書籍ストアで購入するのがいいんじゃないでしょうか。

裁断や郵送の手配などにかかる時間、スキャンしたものが抜けがないのか確認する作業を考えると圧倒的に購入した方がコスパがいいというのが個人的な結論です。

電子書籍は30%オフ〜半額ぐらいで購入できますし、中古本はまとめて売っぱらうこともできます。ちなみに電子書籍が安く購入できるサイトはkindleではありません。詳しくは下記をみてください。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...

電子書籍化されないものは裁断代行業者、電子書籍化されたものは電子書籍ストアで仲良く共存をはかっていくのではないでしょうか。

電子書籍の自炊でおすすめのブックスキャナー

ブックスキャナーはこちらにまとめました。

電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナー
電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナーを調査しました。購入とレンタルの両方です。 大量の紙をスキャンできるドキュメントスキャナとも呼...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク