Dropbox Proは3年POSA版で買えば料金が安いからお得!

シェアする

it001

Dropbox Pro(ドロップボックスプロ)の導入は決めていたのですが、忙しかったため、ちょっと先送りしていました。 しかし、500gbのmacの容量がもうほとんどない状態に。1tbのssdを購入することも同時に考えたのですが、まあ、地震対策のためにMacのバックアップは丸ごとクラウド化が必要かなっと

そこで、急遽、dropboxに契約することにしました。

dropbox 1tbの価格が値下げ

昨年、容量1tbで有料プラン1年12000円が安い値段になりました。複数デバイスの利用や大事なデータの保険だと考えれば安価だと思います。
今はどうなんだろうと買う前に料金をちょっとぐぐったら、Dropbox Proの3年版が安価で販売されるではありませんか。実質、値下げ^^

家電量販店で「Dropbox Pro」販売、1年版が1万2000円、3年版が2万4000円 -INTERNET Watch

ソースネクスト販売です。税抜だそうです。わかりませんが、
ドロップボックス・ジャパンが設立されたため、その流れなのでしょうか。
Googleドライブはこのプランはやらないかもですね。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

ソースネクストPOSA版の特徴

ソースネクストのPOSA版は実際購入したところ、次のようになっていました

  • パッケージに1万本限定と書かれていました。
  • パッケージを開けたら、100日以内に登録してください、と書かれていました。
  • もちろんレジを通したときではなく、ネット上で登録日から3年のようです。
  • 3年後に自動更新するために、登録したらクレジット情報の登録が必要です。
  • 内容は違いますが、ソースネクストは前にもこういうことをやっていたみたいですね、
スポンサーリンク

プロ版に移行するとき、Dropboxの容量が加算にならない!?

あと、Dropboxって容量が増やせるじゃないですか。
個人的にはあまり容量が増えていなかったため、まあいいかなと思っていたのですが、
Dropboxの容量が加算にはなりません。

どういうことかというと…たとえば、20GBを持っていたら、1TB20GBにはならず、1TBになってしまうようです。
せっかく一生懸命友達紹介したりDropboxのチュートリアルを忠実に行ったりした苦労がすべて水の泡!!そのあたり気になる人はご注意を^^; 個人的には微々たる問題なので、新規アカウントを作るなどはせず、この問題はスルーでプロ版に移行。

dropbox proはアマゾン(Amazon)や楽天市場で売っている?

dropbox proはパッケージ販売のため、アマゾン(Amazon)、楽天市場、あと最近勢いがあるyahooショッピングで確認しましたけど、売っていませんね。ソースネクスト本体の通販すらありません。ヨドバシカメラやビックカメラの通販にもありません。発売されてから数日後に最終確認しましたので、そのうち販売する可能性はあるのかも。

よくわからないソフトしか売っていませんでしたがご自身で確認するといいかも。ただダウンロード版ではなく、どうやらPOSA版はレジを通さないといけないらしいです…。

結局、個人的にどうしたのかといえば、普段はショーウィンドウとなった家電量販店で久々に購入しました。
ただ、もうすべてネットショップで完結することがほとんどで、ヨドバシカメラなんか頻繁に使わないため、
ポイントは喪失する可能性が高いです。amazonであらかじめ値崩れしない書籍をあらかじめ探しておきポイントで書籍をすぐ購入しましたね。

電子書籍で販売されている本はすべて電子書籍のため、紙の書籍で値崩れしないものですね。画集なんかまだ紙が多いですし、IT系の書籍も紙しか販売していないものがあるため、わりとあるものです。

電子書籍の情報はこちら
電子書籍の購入ストア徹底比較(2015) おすすめで安いのはどこ!? » eBook Brain

dropboxやgoogleドライブの市場のシェア

3年はちょっと長いのではないか、という人もいるかもしれませんが、 1年ちょっとで乗りかえたくはありませんし、 dropboxはすでに無料版で使い勝手がよい安心感もありますし、まあ大丈夫じゃなかかなと思います。

それでも長く利用するものなので、軽くシェアは調べました。

Dropbox vs. OneDrive: Dropbox is still better | THE CORNERPLAY

IT系の人はdropbox多いですね。 個人的には日本全体のシェアでもなく世界全体のシェアでもなく、IT関連のプロの人がどのような動向をしているか が気になりますね。

こちらが元ファイルがある場所のようです。aiimというサイトにあります。

“most popular paid file sync” – Google 検索

ちなみに、日本ではdropboxが1番でした。次にGoogleドライブが2番です。 dropboxはGoogleやアマゾンと違って、付加できるサービスが少ないのが今後の懸念点かもしれません。

dropbox proの支払い方法。

通常の支払い方法はどうなっているのでしょう。 一応、3年後ように公式サイトの支払い方法も確認しました。
というか、登録後自動更新しないと忘れそうだったので、自動更新にしておきました。

現在ご利用いただける Dropbox プランのお支払い方法は次の 3 種類です。

クレジット カード
PayPal
SEPA ダイレクト デビット(注: SEPA をご利用いただけるのは一部の国のみです)

出典:Dropbox プランの支払い方法について (Dropbox ヘルプセンター)

Paypalはいけるんですね。それはいいかも。
SEPA ダイレクト デビットは日本は対応していません。

現在ご利用いただけるクレジット カード:

Mastercard
Visa
アメリカン・エキスプレス
Discover
Visa エレクトロン
Carte Bleue

JCBはありませんね。まあ、日本のサービスじゃありませんからね。
でも、実はJCBで登録できたのですよ。ヘルプの方が追いつけていないらしい。^^

余談ですが、ちゃんと消費税も取られるみたいですね。

dropboxのセキュリティは暗号化

クラウドサービスを利用しない人は値段いがいにセキュリティを心配している人がいます。

大事なデータのため、dropboxのセキュリティはやや心配ですよね。
ただ暗号化する方法やソフトはいろいろありますので、クラウド化して暗号化でいいんじゃないかなと思います。

特にオリジナルが1つしかない写真や仕事のデータはクラウド化しておきたいところです。
それでも心配な人は2重バックアップの仕組みを作ればいいと思います。

Dropboxのデータをローカルに2重バックアップ

個人的にDropboxのデータはローカルに2重バックアップしています。
決定版クラウド(Dropbox Pro )とローカルで丸ごと2重バックアップを実現!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク