dropboxのスリープ中の同期にPower Napは使えるのか?

シェアする

apple001

Dropboxはスリープ中、同期できません。睡眠状態の時はネットワークが途切れるため、普通に考えればそうなります。しかし、バッググラウンドで走らせる方法はないのか、という点は、気になるところ。

Power Napは、Dropboxなど他社のソフトウェアで動作するのか!?

MacにはPower Napという機能があり、Macがスリープ状態のときでも、さまざまなタスクを実行させることができます。

Mac の Power Nap の機能について – Apple サポート

しかし、この機能は他社のソフトが走らせることができるのか、がいまいちわかりません。タイムマシーンではなく、Dropboxがバックアップをしていますし。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

Power Napの使い方

システム環境設定>省エネルギー>バッテリーと電源アダプターのタブ いずれにも、Power Napオンオフのチェックボックスがある

スポンサーリンク

ググって見ると他社のソフトも実行できると実行できないに異なる回答が出てくる。?

早速ぐぐってみると異なる回答がでてきます。
やはり情報源はひとつから取るのは危険ですね。

Dropboxのフォーラムを見ると、回答者はいかにもできるような流れで書かれています。

To fix the problem: go to Settings->Energy Saver and check the following:

  • Enable Power Nap
  • Wake for network access
  • Prevent computer from sleeping automatically when display is off

This will allow you to allow your monitor to turn off, and your sync with Dropbox to continue uninterrupted.

uninterrupted.=途切れない

Dropbox sync during the night – Home – 6893

プログラマーに有名なコミュニティStack Overflowを覗くとできないと書かれていますね。

MacにはPowerNapという機能があり、スリープ状態でも一時的に起動してプログラムをバックグラウンドで実行する機能がありますが、これはOSのサービス専用なので残念ながら任意のプログラムを実行するようなことはできません。

python – macでスリープ状態でもコマンドを実行し続ける方法 – スタック・オーバーフロー

いったいどっちなの…。

試した方が手っ取り早い!

Power NapでDropboxのファイルがダウンロードできるか(mac os sierraで検証)

すべて1時間でどれだけ同期したのかの結果です。

241827個のファイル
↓ スリープする(Power Napをオン)
240327個のファイル

240327個のファイル
↓ スリープしない(スクリーンセーバー)
234403個のファイル

234207個のファイル
↓ スリープする(Power Napをオン)
234101個のファイル

1つのファイルに重い軽いはあるという点はおいておいても

スリープしてPower Napもわずかなら同期が進んでいるようですが、スリープしない方が圧倒的に同期が早く同期が完了しそうです。
ちなみに、Macbookは閉じていません。

アップルのサポートの見解

後日、アップルに電話する機会があったため、ディレクター的な人についでに聞いてみたのですが、やはり予想通り正式にはサポートしていないようですね。

結論

わずかにダウンロードはしているように見えるものの、スリープしないでダウンロードする方が圧倒的に早いです。スリープを無制限にしてスクリーンセーバーを動かすという昔ながらの手法でやるのがよさそうです。

片手間で試したので、わりとアバウトな検証だと思ってください;;

MacのCaffeineというソフトウェアはなくなった

ちなみに、自動でスリープモードにさせないようにするMacアプリ「Caffeine」というアプリがありましたが、現在、Apple Storeに接続してもないようです。もうスクリーンセーバー&スリープ無制限でいいやになったため、それ以上は調べていません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク