Fotolia(フォトリア) の評判と使い方〜利用してます〜単品と定期契約(ディリーとマンスリー)の違い

シェアする

it001

このサイトのアイキャッチ画像も、Fotolia(フォトリア) の写真を使っています。
いろいろな素材サイトを見ましたが、現在、Fotoliaに落ち着いています。

個人的な口コミ・評判にはなりますが、とても満足しています。それでは具体的にみていきましょう。

ロイヤリティフリーストックフォト、写真素材、イラスト、ベクター、動画 - フリー素材の購入はFOTOLIA/フォトリア

フォトリア(Fotolia)

Fotolia(フォトリア)に決めた2つ理由

Fotolia(フォトリア)に決めた理由は、他の写真サイトと比較してもかなり値段がかなり安いからです。
画像は使い回しもできますから、毎月はいりませんし、たまにならいいのかなと

もうひとつの理由は画像が豊富なことです。いくつかのキーワードで検索すれば大抵の画像はあります。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

単品(オンデマンド)と定期契約(ディリーとマンスリー)の違い

単品契約は1枚ずつやるので、若干面倒です。解像度が高くなるほど割高になります。電子書籍の表紙に使うなら単品契約もありですかね。アイキャッチ画像を探す場合は、1ヵ月ぐらいまとめて契約した方が手っ取り早いです。

とくに定期契約はサイズを問わず、一定の料金でダウンロードできます。Mサイズは倍ダウンロードできるように変更になり、さらに利用しやすくなりました。ブログのアイキャッチならMサイズでサイズ的にOKでしょう。

サイズは写真家によってもまちまちですが、だいたいXXLサイズがありますね。もちろん、購入する前にどのサイズがあるのかは確認できます。

定期契約は、ディリーとマンスリー契約がありますが、個人で使うなら、マンスリー契約で十分ですかね。ディリーは毎日ダウンロードしなきゃいけないのが面倒臭いです。個人でブログのアイキャッチ用途にで使うのなら、マンスリーで50-100枚ぐらいダウンロードすると結構満足します。

フォトリア(Fotolia)

スポンサーリンク

Fotolia(フォトリア)の写真の選び方

写真の選び方にはコツがあります。人気順にソートすると、わりと日本人の写真やイラストがでてきます。ダウンロード数順ににソートすると、海外発なので、やはり登録日が早い海外のものが多く表示されます。

よい写真が見つかったら、その作者のポートフォリオを確認するとよいです。同じ著者の似たような写真がある場合が少なくありません。トリミングの仕方を変えただけのもの、イラストの組み合わせを変えたものなどが、よくあります。

たとえば、少し引いた写真を購入した方が、後から加工する際に融通が聞きやすいです。

フォトリア(Fotolia)

Fotolia(フォトリア)のクレジット表記

Webのアイキャッチなら問題ありませんが、Kindleなどの電子書籍の場合、クレジットする必要があります。

FAQ -Fotoliaの写真を使用する際、コピーライト情報を記載する必要がありますか? – FOTOLIA/フォトリア

ウェブサイトや文書内へのコピーライト情報(著作権表示)の記載は必須ではありませんが、表示してもらえるとありがたいです。 出版物、エディトリアル(出版、報道)としての利用、例えば新聞や雑誌の記事等、またインターネット上のニュース記事、電子書籍、またテレビの報道番組やドキュメンタリー、情報番組等では、コピーライト情報は必須になります。

コピーライト情報の表記形式は: © 作者名 – Fotolia.com です。

場所はどこでもかまいません。本だったら発行日とか書くとところに一緒に記載ですかね。文字のサイズや色も関係ありません、と前に利用した際に、Fotoliaさんのサポートがそう言っていました。

デザイン的に綺麗におさまりますかね。

Fotoliaのサポートは結構返事が早いので、わからないときがあれば、大抵、当日中に返事があります。

Fotolia(フォトリア)のJCBの支払い

Visaではなく、JCBのカードで購入しようとすると、なぜかPaypalにつながります。
Paypalを通してJCBの引き落とししかできないそうです。。
Fotoliaの中のひとからそう聞きました。

フォトリア(Fotolia)
の公式サイトに行く

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク