15分で大事なメールや特定の差出人のGmailのバックアップを取る方法(MacとWindows)

シェアする

it001

いらないメールを削除するのはきりがないため、基本放置です。
ただ、大事なメールが埋もれてしまわないように、バックアップはちょっと取っておきたかったりします。

大事なメールのGmailのバックアップを取る流れ

流れを簡潔にまとめると、こうなります。

  1. Gmailで大事なメールフォルダ(というかラベル)を作成する 1分
  2. メールをまとめてラベル付けする(一括選択がポイント!) 5分
  3. GmailでIMAPを設定する 1分
  4. Thunderbirdをインストールする(ThunderbirdはMacとWindows両対応) 3分
  5. Thunderbirdのアカウント設定して共有(トラブルあった) 5分
  6. 指定のラベルのみ、ローカルバックアップに移動する 一瞬
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

メールをまとめてラベル付け(一括選択がポイント!!)

この作業はすでにラベル付けしている人はいりません。

Gmailはフォルダではなく、ラベルで管理しています。ラベルはWordpressのタグのように複数指定できるのが特徴です。

それは、ともかく、画面左から、任意の名前のラベルを作成します。名前は「大事なメール」や「バックアップ」でいいでしょう。

from:差出人、で検索すれば差出人のみひっかります。まとめて選択してラベル付けするのですが、ひとつ問題が…。。

gmailの検索結果は、件数が20件しか表示できず増やすことができません(^^;

ただ、それゃないよ、と思いますが、ちゃんと一括でラベル付けできる方法はあります。

検索結果でたら、とりあえず、すべて選択で20件を選択します。

すると、

この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択

がメールの上部にでるじゃありませんか。 それを選択すると、選択が多数に切り替わります。

まとめて選択できたら、ラベルのアイコンを選択し、ラベルを指定するだけです。

スポンサーリンク

GmailでImapを設定する

画面右上の歯車のアイコン > 設定 > メール転送と POP/IMAP > IMAP を有効にする

Thunderbirdをインストールする

インストールすればいいだけ

Thunderbirdのアカウント設定

起動時にGmailのメールとパスワードを入れてアカウント設定すればよいです。

画像つきがよければ、詳しくはこのあたりで
Thunderbird を Gmail と同期 | Gmail の使い方

自動的に設定されるため、手順どおりで1〜2分で終わります。問題は設定してからです。最近、Gmailのデフォルトの設定が変わったようです。Thunderbirdのメールにアクセスしようとすると、

サーバimap.googlemail.com へのログインに失敗しました。

と表示されることがあります。パスワードあっているはずなのに(^^; 原因はこれです。

Windows TIPS:メーラーからGmailへの接続時に認証(パスワード)のエラーが生じる場合の対処方法 – @IT

一度、ログインに失敗すると、Gmailに「安全性の低いアプリのアクセス」のメールがきたりしますので、一時的に設定を無効から有効に切り替えてあげればいいでしょう。

これで接続が完了して、ラベルを選択し、メールを受信すればよいだけです。気持ちいいスピードでPC上にメールが保存されます。

指定のラベルのみ、ローカルバックアップに移動する

最後に、Thunderbirdのローカルフォルダに保存したいラベルだけドラック&ドロップ

以上で終了です。

最初はThunderbirdの設定で

ツール > メールアカウント設定 > 同期とディスクの領域 > このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する

のところでラベルを選べるため、そこだけダウンロードしてくれると思ったのですが、なぜか指定したラベル以外もダウンロードしてしまいますね。。うっかり受信フォルダが落ちてくるとすごいメール量になります(^^;。そこで、ローカルフォルダに移動することにしました。邪魔なデータのため、Gmailのアカウントは、個人的にはバックアップが終了したら消しています。

余計なデータをダウンロードしないようアカウント削除

設定したGmailのアカウントで右クリック > 設定 > 画面左下のアカウント操作 > アカウント削除

1回受信すると、IMAPというフォルダがPC上に生成されてしまうため、気になる人はIMAPというフォルダ内にある中身も削除しておきましょう。保存先は設定のパスで確認できます。

ITに疎い人や初回は30分ぐらいかかるかもしれません。けれど、慣れれば早いもんです。お試しあれ。

ただ、最も時間がかかるのは、どのメールをバックアップするか考えることかもしれません。あまり多くならないようにするといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク