Google Analystic(グーグルアナリティクス)のアカウントの追加とプロパティとの違い

シェアする

wordpress001

google analyticsの使い方めもです。覚書として要点だけまとめておきます。

google analyticsのアカウントとプロパティの違い

google analyticsにサイトを追加するとき、アカウントとプロパティをどうするか考える必要があります。プロパティを追加する方法しか知らない人もいるかもしれませんが、アカウントという上位階層があります。

アカウント
-プロパティ(サイトa)
-プロパティ(サイトb)
-プロパティ(サイトc)
アカウント
-プロパティ(サイトd)
-プロパティ(サイトe)

プロパティに作る場合、IDが連番になります。アカウントに作る場合、別のIDになります。同じようなサイトは同アカウントでプロパティを追加してもいいかもしれませんし、まったく違うサイトはアカウントを分けてもいいかもしれません。わかりやすさによるところが大きいかもしれません。

Googleのアカウントはひとつで大丈夫です。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

google analyticsのサイト追加「新しいアカウントを作成」と「新しいプロパティを作成」

上記の構成を考慮の上、「新しいアカウントを作成」と「新しいプロパティを作成」のどちらで作成するかを決めて作成します。

画面左下の管理 > アカウント > 新しいアカウントを作成
画面左下の管理 > アカウント > 新しいプロパティを作成

*画面右上の人のアイコンにある、アカウントの追加はGoogleアカウント管理なので、違います。
*アカウント名はアカウントの設定で名前を変更することができます。

新しいアカウントを作成の項目いつもはとくに迷う部分がないため、割愛。トラッキングコードを取得します。データ共有設定はチェックをいれたままにしています。

スポンサーリンク

google search consoleの追加

キーワードがnot providedになり見れなくなったため、見たい人はそのままgoogle search consoleを追加。google search console略してサチコとも呼ばれるみたいですね。

google search consoleで検索 > ログイン > プロパティを追加 ドメイン名を入れる 別の方法 > HTMLタグ

<meta name="google-site-verification" content="XXXXXX(個別コード)XXXXXX" />

google analyticsとgoogle search consoleの連携

google search consoleのキーワードは使い勝手があまりよろしくないため、google analyticsと連携します。google search consoleはキーワード検索で絞り込み検索ができません。

集客 > Serch Console > 検索クエリ > Search Consoleのデータ共有設定 > Search Consoleを調整 > 追加 > 関連づけるドメインを選択 > 保存

そうすると、

集客 > Serch Console > 検索クエリ

からキーワードを確認できます。しばらく時間がかかるため翌日でもみましょう。

スポンサーリンク

SSL化後、「Search Consoleを調整」を再び行う場合は削除して追加する

SSL化したのち、Search Consoleを調整でアドレスを変更したい場合があります。

検索クエリをみると、すでにあるキーワードが表示されてしまうため、別のルートからSearch Consoleを調整をします。微妙な仕様ですね。。

左下の歯車アイコン > プロパティのプロパティ設定 > Search Consoleを調整

こちらで一度削除して追加します。

google search consoleの保存期間は3ヶ月だけど、Google Analysticは?

サーチコンソールのデータは3ヶ月までしか保持されません。Google Analysticと連携しても参照しているだけのため、検索クエリのキーワードは3か月を過ぎれば表示はされません。数日ずれることはあるみたいです。。

つまり保存するぐらいしか回避策がないわけですね。

テーマを変えたときgoogle analyticsの設定を忘れなように

テーマを変えたときgoogle analyticsの設定を忘れなようにしましょう。プラグインに設定しているなら大丈夫です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク