プラグインheatmap for WordPress – Realtime analyticsの使い方

シェアする

wordpress001

heatmap for WordPress – Realtime analyticsの使い方です。

heatmap for WordPress – Realtime analyticsの紹介

特徴など紹介はヒートマッププラグインの比較まとめ記事でしてあります。

無料・有料で使えるヒートマップツール比較。Wordpressのプラグインおすすめのまとめ
多くのヒートマップツールは有料で安いと言えないものもありますが、条件つきであれば無料で使えるものは結構あります。 今回はメジャーなヒートマッ...

この記事は使い方のみです。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

heatmap for WordPress – Realtime analyticsの使い方

ほかのヒートマップツールを使ったとき、このデータはどう考えてもおかしいでしょう…。。みたいなものもあったのですが、
こちらはそれなりに精度も高く。実際、使いましたが、最初の登録が面倒なのを除けば、結構使い勝手はよくトラブルもないため、おすすめかも。

使い方は次のとおりです。

  • インストールします。
  • 設定の下にhiatmapのらんがでます。
  • アカウントの登録が必要なためFacebookかGoogleのアカウントで登録します。
  • 登録は個人的にはGoogleの方がいいですかね。Googleなら複数のアドレスが持てますし。
  • (追記)アップデートしてから、さらにドメインを入れることが必須になりました。他は任意です。また、Gmailの最低限の情報を提供する必要があります。
  • WordPress側で認証します。
  • WordPressにログインしたまま、記事ページに移動すると、メニューバーの上にhiatmapのアイコンがあるためクリック。
  • 必要に応じて登録したアカウントでログインします。
  • アクセスの解析をしたいページに設定するという手順です。やればわかるレベルのものです。
  • 最低限の操作としてRecordをONにします。
  • ヒートマップを消す方法はWordpressをログアウトするか、ログインしたままメニューバーのhiatmapのアイコンを再度クリックするかです。
  • 設定は削除したり追加したりできるようです。

設定を削除する方法は次のとおりです。

More < Active Pages < チェックアイコンをクリック

If you stop recording this page, any data previously recorded on this page will be lost, including statistics and heatmap.

Do you really want to stop recording this page?

という警告がでるのでyes

スポンサーリンク

他のヒートマッププラグイン比較

他のヒートマッププラグインもまとめてみました。

無料・有料で使えるヒートマップツール比較。Wordpressのプラグインおすすめのまとめ
多くのヒートマップツールは有料で安いと言えないものもありますが、条件つきであれば無料で使えるものは結構あります。 今回はメジャーなヒートマッ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク