電子書籍ネットストアhontoの口コミ・評判 (メリットのクーポンとデメリットのMac非対応)

シェアする

ebook_01

電子書籍のネットストアといえば、キンドル、楽天kobo、bookliveなどがありますが、
hontoはうちの漫画電子書籍リーダーメインに昇格しています。

スポンサーリンク

hontoを選んだ2つ理由とメリット

理由は簡単です。
漫画は全巻揃えるのに、それなりの料金がかかります。
hontoはクーポンとポイントを併用すると、1番割引率が高いです。半額以上になるときもあります。
そして、今のところ月1ぐらいの割合で大幅割引をやってくれます。
キンドルは出版社が限定されていたり、あまりに頻度が低く嫌になりました。

kindle・楽天koboとhontoの比較、そしてhontoのクーポンとポイントの種類と頻度まとめ » eBook Brain

さすがに読んだ漫画や家の漫画の電子化は安い料金ですませたいところもあります。
定価ならまあうちに紙の書籍があるからいいやになります(^^;。

個人的に他にも理由があります。

  • 漫画にコメントやブックマークを張れます。
  • キンドルは漫画にメモやブックマークが張れません。
  • ebookjapanも1冊に8つまでという制限があり、この上限は個人的な感覚だと、少ないと言わざるえません。
  • 楽天koboはPC版が拡大できないため、PCで漫画を読むのは致命的です。
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

hontoのデメリット

hontoに関する要望としては次のようなものがありますかね。

  • 個人的にデザインがちょっと格好悪いと思います^^;
  • 漫画は友達に貸せると便利ですね。海外のKindleの貸出機能のようなものです。
  • 他の電子書籍リーダーでも思うのですが、自分でつけためもやコメントも検索したいですかね。
  • バックグラウンドでダウンロードできるといいですね。
  • 画面効果のスライドがBook LiveやKindleと比べて気持ち良くない。。。もったいないです。そのため和書はつい他の電子書籍ストアで購入してしまうこともあります。
  • mac pcに対応していない。

あと、これが重要かもしれませんが、hontoはクーポンが届く人と届かない人がいて、ネット上では差別という批判もあるようです。
たしかにうちも届かないときと届くときがありますね。こっそりと送っても、2ちゃんねる(2ch)などをみればバレる時代なんで^^;。どちらかといえば、クーポンはみんな平等に送り、購入金額で割引率を決めてほしいものです。

しかし、消去法やメリットの方が大きいと判断し、現在hontoになっています。
しばらく様子をみていたのですが、あまり変化もなく、決断しないといけないのかなと思いまして。

スポンサーリンク

hontoの電子書籍のmac対応とアプリ

iPadやiPhoneなどのアプリはありますが、Macは対応していません。
ebookjapanやkindleなら対応しています。bookliveもブラウザビュアーがあるため、Macで見れます。

電子書籍の購入ストア徹底比較 おすすめで安いのはどこ!? » eBook Brain

電子書籍ストアの使い分け

昔は

  • 洋書・専門・和書 kindle
  • 漫画メイン honto
  • 漫画サブ ebookjapan

という使い分けでしたが、現在は

  • 洋書 kindle(セールをやれば和書や漫画も。)
  • 和書・漫画メイン honto
  • 和書 booklive
  • 漫画サブ ebookjapan

となっています。冊数的にはkindle離れが進んでいます。セールやらんから^^;

BookLiveは半額セールとかやっていたため、入会しました。
BookLiveの公式サイトと詳細

端末によって、家族と一緒に使ったり、個人専用にしたりみたいな使い分けはわりと便利じゃないかなという気もしています。

半額セールをやれば、漫画なら他の電子書籍リーダーを検討してもいいかなと思っています。
あと、使いやすければ和書も検討してもいいかなと思います。
ただし、シリーズものはその電子書籍リーダーで揃えたいですね。楽天koboは個人的には使っていません。

電子書籍ストアの比較記事をこちらに書きました。

電子書籍の購入ストア徹底比較 おすすめで安いのはどこ!? » eBook Brain

スポンサーリンク

シェアする

フォローする