引越し時にMy SQLとWordPress本体のインポート・エクスポートはどっちで移転する!?

シェアする

wordpress001

レンタルサーバー引越に伴い、Wordpresを移転する際、2つの方法があります。この点について覚書としてまとめていきます。

  • 1、Wordpressのインポートとエクスポート機能を使う
  • 2、MySQLのインポートとエクスポート機能を使う
スポンサーリンク

「Wordpressのインポートとエクスポート機能を使う」のメリット

  • データベースを扱わないため、初心者向けである
  • 記事の移植は早い(5分もかからず完了。しかし、そのあとの作業が多い)
  • アイキャッチ画像も移植できます(インポート時に、「Download and import file attachments」をチェックすれば、メディアの画像情報を移植できる)
  • データベースの接頭語が変えられる(WordPressの簡単インストールをしてから、インポートするため。昔、何のブログなのかわからない接頭語をつけた人はこの機会になおせる)
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

「Wordpressのインポートとエクスポート機能を使う」のデメリットとそのフォロー策

  • 移行できるのは、あくまで記事だけ。テーマやウィジェット、プラグインの設定は対象外
  • 記事内に挿入するプラグインの部分は移植がうまくいかないかも(たとえば、プラグインTablePressはインポートはうまくいかないかも。TablePressはTablePressで移植)
  • プラグインの設定をまたやらなければならない→1回整理したい人はいいかも。プラグインをたくさんいれている人は時間がかかる
  • function.php、single.php、style.cssなど、テーマの設定もやらなければならない。→これはコピペでいけるため、わりと軽い作業。
  • ドメインを変更する場合、内部リンクが全部切れる(post idは変わらない)。→これがあるからWPのインポート・エクスポートを利用しない人がいるが、実はインポートののち、プラグインSearch Regexで全置換すればいい(数百記事であれば一瞬で終わる)
  • メニューの内部リンク、ウィジエットの再配置が必要。地味に面倒。
スポンサーリンク

「MySQLのインポートとエクスポート機能を使う場合のメリット/デメリット」

メリット

  • データベースを扱えれば、丸ごと移植が楽
  • 接頭語はダウンロードしたのち、置換すればいいだけ。

デメリット

  • 単純な移植であれば比較的容易ですが、ドメインなどの設定を変えたい場合、ややこしくなってくる。
  • いろいろある。sqlと書き換えたりwp-configを書き換えたり。テキストエディタやPhpMyAdminで置換したり…。
  • 初心者向けではない

メリット・デメリットについては、こちらの記事が参考になります。

WordPress › フォーラム » レンタルサーバ変更に伴うWordpressの引越に関して

また、Mysqlで移植する場合、スクリプトを使う方法か否かという問題もあります。スクリプトは最近の情報を取り、裏を取ってから使うことをおすすめします。最近、前者で移植したため、後者の内容が薄いですが、ご了承ください。^^;

個人的には、1回サイト構成を見直しやゴミデータの削除をしたければ、Wordpressのエクスポート/インポートでやればいいし、そうではなければ、MY SQLでやった方がいいような気がします。ただ、初心者はハマる可能性があるため、Wordpressのエクスポート/インポートの方が安心感があるでしょう。あと、インポート時に余計な画像を生成しないようにメディア設定を0にした方がいいかもしれません。

レンタルサーバーと引越し

エックスサーバー、さくらインターネット、ファイアバード、ミニバードなど、どのレンタルサーバーでもインポートとエクスポートの流れは変わりません。むしろ、ドメインを変えるのか?データベースの接頭語を変えるのか?などが大事でしょう。

ロリポップはMY SQLがひとつしか使えませんから、複数のWordpressを詰め込んでしまったかもしれません。こういう機会に分けた方がいいですから、この場合はMySQLの移植ではなく、Wordpressのインポートとエクスポートでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする