iphone6sの維持費が高いからドコモ・ソフトバンク・auのmnp一括0円は止めてキャリア回線を捨てた

シェアする

wifi001

iphone6sの維持費が高いため、ドコモ(docomo)やソフトバンク(softbank)やauなどキャリア携帯を捨てました。 auからドコモなどにmnpしたり一括0円したりキャンペーンを駆使しても、そもそもデータ通信量が高いため、一定額いってしまいますし、 解約の縛りもあり、2年後には忘れていて解約金が取られる場合も少なくありません。

iPhoneで維持費が最安を目指して

そこで、iPHone6をMvno回線で使うことにしました。 初月の請求をみたら、キャンペーンが適応されたのもありますが、わずか100円でした。^^ キャリアと比較すると、今まで8000-10000だったのが100円になりました。

キャンペーンが終わっても2000円ぐらいあれば、携帯を維持できるという確信がありますね。

ドコモ端末の場合は特に簡単に移行できます。詳しくはこちら!!
ドコモからソフトバンク・auに乗り換えるな!(iphone5sからiphone 6sキャンペーンはmvno回線は最安)

auやソフトバンクはこちら。
mnpはしない!?キャリアから格安sim(mvno回線・格安スマホ)へ手順をわかりやすく解説

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

iphone6sのキャリア端末と回線は高い

iphone6sは端末そのものもかなり値上げされていますが、一世代の前のiPhone6でも同様です。

携帯は「端末料金」+「通信料金」ですが、 通信だけでも7500円ぐらい行ってしまいます。一括0円であっても最低7500円はかかってしまうということですね。 Mnpじゃなく、機種変更の場合、1万円を超えました。128gbですけど。

しかも、うっかりと解約のタイミングを見逃すと解約手数料が万単位で必要になります。

スポンサーリンク

格安スマホのMvno回線はiPhoneも使える

一部、格安スマホはandroidしか使えないと勘違いしている人にたまに出会いますが、 格安スマホとMvno回線を提供している通信会社では、格安スマホは使わず、iPhoneでMvno回線を借りることができます。

もちろんはじめに端末代はかかります。simフリー端末やドコモ端末を手にいれます。 しかし、端末代を24分割したものとMvnoの通信費をあわせても キャリア携帯と契約することに比べて、何千円も安くなります。

解約手数料はかかりませんし、2年後に割引が切れて値上げすることもありません。 だから、3年とか使えば、もっと割安になっていきますね。

体感的に不便は感じませんし、速度もMvno業者を間違えなければ同じぐらいの感覚で使えます。ドコモやauとは直接契約しませんが、回線はドコモやauのものです。

具体的な手順についてはこちらをみてくださいね。
mnpはしない!?キャリアから格安sim(mvno回線・格安スマホ)へ手順をわかりやすく解説

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク