天下一読高級版PDF/ePUB閲覧のメリット・デメリット

シェアする

ebook_01

DRMフリーの電子書籍は、天下一読高級版(Android)を愛用しています。 ePUBはもちろん、PDFの資料や自炊本にも利用できますね。

天下一読の9つのメリット

1、天下一読は検索履歴が残ります。

ブラウザでは当たり前ですが、天下一読がすごいのは検索履歴が残ります。 専門書を読む場合、専門語で検索して閲覧して再度同じワードで検索する場合が多いのですよね。 だから、履歴が残っているのは非常に便利です。邪魔なら消せます。

残念ながら検索がある場所がわかりにくいのですが、 キーをカスタマイズできるため、タップに割り当てています。 ワンキーで検索できるので、気に入っています。 (大抵の電子書籍リーダーは2タップですから)

2、 個人的に電子書籍は「めくる」ではなく「スクロール」の方が見やすいと思っています。天下一読は横スクロールだけではなく、縦スクロールで観れるとことが気にいっています。 「めくる」は出版文化をひきずっているだけで、電子書籍はブログとあわせた方がよいですね。 目線をあちこちに移動したくないため、デザイン的にもその方が正しいと思います。

3、天下一読はDropboxと連携できます

4、天下一読は日本語対応しています(縦書き可・ルビ対応)。

5、天下一読はわりと軽い・早い。

6、ファイルの中に、リンク形式で参照されている箇所がある場合、タップすると参照先が読めます。そのあとで、タップして元の箇所に戻れます。

7、読書する際に、縦横に固定できます。寝転がってみる対策ですね。

8、Windowsタブレットでもエミュレータ環境なら動きます。

9、目次が左右ではなく、中央にでます。 kindleなど左がでるUIは目次が切れてしまっているのですよね。。 目次がわからないときがあり、使いにくいです。 自分なら絶対にやらない仕様なので、仕様を切った人はどういう設計をしているのか。。 目次の表記はBook liveや楽天koboの方がましです。

他の電子書籍ストアはこちら!

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...

天下一読はDRMフリーや自炊の本にはおすすめの電子書籍リーダーです。 特に専門書を読むのに向いています。

少しだけkindle をdrmフリーの電子書籍端末としてお試し利用したことがありますが、 今は利用していません。なぜってkindleより天下一読の方が使い易いからです。 アプリは仕様とプログラムの腕がすべてなので、大手も個人も関係ありませんね!コテコテのこだわりがあるタイプが作ったような人が作ったようなソフトです。

使い方は見ればわかります。右上の設定と中央をタップすればわかるでしょう。 ボタンの割り当てもできます。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

天下一読高級版(Pro)のメリット

天下一読高級版(Pro)のメリットを並べます。

広告が入らないです。

高級版は日本語を含めて、音声読み上げもできます

PDFの検索ができます。

他にもありますが、あまり利用しないので割愛

スポンサーリンク

天下一読のデメリット

デメリットは広告はうざいですけど、ワンコインなので買って消せばいいだけでしょう。 アプリは安いです。作っている人は大変なので、無料で広告が入るのは止む得ないでしょう。

天下一読のフリー版ではPDFで検索できません。 そこで高級版(Pro版)を購入しました。

しかし、天下一読のpdf検索は残念ながら、検索結果がリスト表示になりませんでした(ePUBはなるのに。)。 iPhoneアプリのPDF pro2なんかは、検索結果がリスト表示になるという仕様が実現できていますし、 でいないということはないはずなので、今後のアップデートに期待されます。

PDF pro2はPDFの横断検索もできるので、ePUBは見れませんがPDFではわりとおすすめのアプリです。

あと、デザインがちょっと格好悪い。。

それでも天下一読高級版(Pro)の利用は限定的

とはいえ、全部自炊なんて自炊している時間が無駄だと思うので、 電子書籍がでている書籍はやっぱすべて電子書籍ストアで購入しています。 そのため、booklive、kidle、honto、ebookjapanなどのストアの利用率が多いです。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...

まあ、DRMフリーの電子書籍がもっと増えるといいんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク