動作確認urlよりhosts設定がWordPress移転の際はおすすめ

シェアする

wordpress001

WordPressの移転はプラグインを使えばあっという間なのですが、 ネームサーバーを切り替える前に、絶対hostsで全確認した方がおすすめです。

動作確認urlとhostsの設定の違いについても簡潔にまとめていきます。

スポンサーリンク

WordPressの引っ越しプラグインの使い方

WordPressの引っ越しはプラグインを使うと楽です。
WordPressの引っ越し!移転プラグイン3選まとめ » eBook Brain WordPressの引っ越し!移転プラグイン3選まとめ

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

ネームサーバーを切り替えは、サイトを全確認した後

技術者はhostsの設定でぐぐっているんだろうけど、よくネームサーバーを切り替えた後に、プラグインをインストールしている記事をみかけます。。。

しかし、先にネームサーバーを切り替えてしまうと、訪問者が引っ越し完了まで引っ越し最中の状態を見てしまうことになります。規模が大きいサイトは1時間でもダメージもでかいです。

本当はネームサーバーを切り替える前に、サイトをすべて動作確認をとったのちに切り替えるのが本来あるべき流れというか、基本な人には基本中の基礎だという気がします。設定は特別、難しいものではなく、私はWeb技術者ではありませんが、この方法しか使いませんね。この手順以外の方法は他の意味で怖くて使えませんね。

スポンサーリンク

エックスサーバー、ファイアバード、ミニバードなどにある「動作確認url」

ネームサーバーを切り替える前に確認できる方法として「動作確認url」もありますね。

「動作確認url」は、管理画面のトップ画面に項目があるため、すぐわかるでしょう。 使い方はアドレスを追加するだけです。

この方法でもネームサーバーを切り替える前に確認できるのですが、
Wordpressの引っ越しは動作確認urlよりhosts設定をする方がおすすめです。

「動作確認url」と「hosts」の違い

「動作確認url」と「hosts」の違いは、1番大きな点は作業ができるか否かでしょう。 「動作確認url」はあくまで見栄えの確認です。 個別記事もアドレスを打てば確認できます。

ただし、Wordpressの管理画面にログインできません。 CMSの動作保証はされていません。

ファイアバードやエックスサーバーなどの公式サイトを見ると次のような文面を見つけることができますね。

※設定URLにてリンクを生成する動的サイトや、設定ドメインへのリダイレクトを行うCMS等では、こちらの方法にて確認いただけない場合があります。

http://www.firebird.jp/support/man/domain_checkproxy.php

WordPressを移行する際、「hosts」の設定をすれば、Wordpressの管理画面に入って プラグインにより全復元できます。しっかりとサイトを確認したのち、ネームサーバーを切り替えられるため、 移行期間中にユーザーのアクセスを減らしたくない人は必ず設定すべき段取りです。一時的に作業中でアクセスできない時間がなく、スムーズにサーバー移転ができます。

「hosts」ファイルとは

「hosts」ファイルとは、ドメインの本来のアクセス先を 無視し、「hosts」ファイルで指定したサーバーへと 強制的にアクセスさせるためのファイル。

本来であればドメインに設定されているネームサーバーに したがってサーバーへとアクセスされますが、hostsファイル内に 当該ドメインに関する設定が記述されたPC端末からアクセスすると hostsファイルに記載されているIPアドレスが優先されます。

たとえば、移転元がさくらインターネットで、移転先がファイアバードだった場合、 さくらインターネットへとアクセスされるところを、 強制的にファイアバードへとアクセスします。 自分のPCからのみのため、他の人は今までどおりネームサーバーを切り替えていなければ、さくらインターネットに繋がっています。

hostsファイルによる動作確認は仮想サーバーなどのようなものではなく ファイアバード自体にアクセスがされます。

そのため、hostsファイルを用いてアクセスした際に行われた作業は ファイアバード上に反映されます。

エックスサーバーには「ネームサーバー切り替え前に動作を確認したい場合」というマニュアルがありますね。 さすがです。1番下の方に書いてあります。
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_transfer_wordpress.php

詳細についてはネットでぐぐってって書いてあるため、具体的な流れを書いていきます。

hostsの設定に必要なipアドレス

設定は意外と簡単です。まずhosts設定にはレンタルサーバーのipアドレスの情報が必要です。

エックスサーバーは次のとおり

管理画面 > サーバー情報 > ipアドレス

ファイアバードやミニバードは次のとおり。ってか一緒ですね。

管理画面 > サーバー情報 > ipアドレス

このアドレスにドメイン名を追加したものをテキストエディタを書きます。

hostsファイルに記述すること

hostsファイルの記述するのは2行だけです。00のところに先ほど、調べたipアドレス。ドメイン名は自サイトのドメインにしてください。hostsファイルにはいろいろ書かれているため、それらは絶対消さずに1番したの行に一時的に追加します。

00.00.00.00 ebookbrain.net
00.00.00.00 www.ebookbrain.net

windows7やmacなどのhostsファイルがある場所

で、あとはそのhostsファイルがどこにあるのかってことですよね。

Windows7の場合、C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hostsにあるテキストに、 hosts情報を書き込めばいいだけです。OSにより多少仕様が違います。

Windows XP、Windows 7 & VISTA、Windows、macの設定方法が画像つきでこちらに解説されていました。
ありがたいサイトですね。

ホームページ制作なら東京の売れるホームページ制作会社デザイン。ホームページのリニューアルや売れるWEBサイトの制作をご提案します。

おまけで1台のPCでお手軽に両方のレンタルサーバーの状況を確認する方法

hosts設定した際、両方のレンタルサーバーの状況を確認する場合、2台PCがあればOKです。ただ個人的にはparallels desktopを利用しているため、1台のPCでできます。状況を確認するのにとても便利です。

parallels desktopなどの仮想環境を使っている場合、 Windowsだけhosts情報を書き換えます。新しいサーバーは簡単インストールした状態であれば、hello worldの記事だけしかない管理画面にログインできます。 しかし、MacからWordpressの管理画面に入ると運営している状況になっています。

Windows側でWordpressの引っ越しプラグインをAll-in-One WP Migrationインストールし、 ファイルやDBを復元します。

思う存分、テーマ、プラグイン、リンク切れなどがないかを動作を確認できます。また急いでなければ、この機会にWordpressが真っ白になりそうなリスクが高い作業をやってしまうのも手です。個人的にも引っ越しする際に普段は手をつけにくいカスタマイズを思いっきりやれてよかったです。引っ越しも悪いことばかりではないと思ったり。最後にネームサーバーを切り替えればOKです。作業のイメージの参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする