【過去トラブル比較】WordPressのレンタルサーバーでおすすめかつ安いのは?(500円~1000円)

シェアする

wordpress001

WordPressのレンタルサーバーを借りてから6年以上が経ち、今までに6つのレンタルサーバーを借りています。 今までいろいろなトラブルも経験しましたので、そのあたりを踏まえてメリット・デメリット、 過去に起きたトラブルなども紹介していきます。

レンタルサーバーを借りるにあたり重要なこと

重要なのは、転送量、MYSQLの数はもちろん、サーバーの仕様やサーバーの方針なんかも結構重要だとわかってきましたね。それにより、503エラーのでにくさ、プラグインのトラブルなんかもサーバーにより違います。

ミックスホスト(MixHost)とスターサーバー(StarServer)とエックスサーバー(xserver)

現在、もっともおすすめなのは、ミックスホスト(MixHost)とスターサーバー(StarServer)とエックスサーバー(xserver)です。その詳細の比較記事はこちらです。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い
メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)...

ミックスホスト(MixHost)のメリット・デメリット・過去に起きたトラブル

レンタルサーバーならmixhost | 30日間無料お試し

過去に起きたトラブル

MixHostは2017年2月にサーバー障害を起こしています。障害はありましたがデータが消えた等のトラブルはありません。3ヵ月無料と状況を逐一報告する誠実な対応でのりきったのです。

MixHost

MixHostはトラブルを起こしましたが、それを差し引いてもレンタルしていいレンタルサーバーだと思います。次のような特徴があります。

特色

  • mixhostは月額480円から利用できるピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。わりといいとこ取りのレンタルサーバーです。
  • 高速性を追求し、一般的なWebサーバーであるApacheよりも数十倍~数千倍高速で完全な互換性を持った「LiteSpeed」Webサーバーを日本で初めて採用!
  • 最新のピュアSSD構成のハイスペックサーバーを採用!
  • 国内最大級732Gbpsの高速バックボーン!
  • WordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」を標準でご提供!
  • 月額480円からの高コストパフォーマンス!
  • マルチドメイン、メールアドレス、データベース、FTPアカウント、・無制限!
  • PHP7、MySQL、SSH、Cronなど多数の機能に対応!
  • 世界トップシェアのコントロールパネル「cPanel」を採用!
  • WordPressなど数百種類の人気のアプリケーションを簡単インストール!
  • サーバーリソースを、契約プランに応じて独立制御!
  • 他のユーザーの影響を受けにくく安定したサービスを提供!
  • 運用規模に合わせてリソースの増減自由自在!
  • 高安定性・高セキュリティ・バックアップ
  • サーバー稼働率99.99%以上の安定性!
  • WAF、ウイルススキャン、スパムメールフィルタを標準搭載!
  • 大切なデータを保護する為、1日1回、遠隔地に自動バックアップ!
  • 過去30日間分のデータから無料でいつでも簡単復元!
  • 高速にアクセスできる日本リージョンで大人向けサイトにも対応!
  • 30日間無料お試しがあります。

MixHost

スターサーバー(StarServer)のメリット・デメリット・過去に起きたトラブル

クラウド型高速レンタルサーバー【スターサーバー】

スターサーバー(StarServer)

過去に起きたトラブル

スターサーバーの前進、ファイアバードの時代に引っ越しプラグインでトラブりました。一部特殊なプラグインを利用すると、トラブルが起こる場合があります。 エックスサーバーより頻度は高く、さくらインターネットよりは頻度は低いです。 大抵、回避策があるため、気にするレベルではありませんけど。具体例をひとつあげると、Duplicatorというプラグインのエラーにちょっと苦しめられましたね。エックスサーバーではでないらしいです。All-in-One WP Migrationで回避できます

Duplicatorのエラーまとめ、All-in-One WP Migrationの方が比較するといい
さくらインターネットからネットオウル系のファイアバードにDuplicatorを利用して引っ越ししようとしましたが、 小一時間弱で見切りをつけ...

ずっと使っていてこのぐらいしかトラブルがなかったためおすすめです。

スターサーバー(StarServer)

特色

6ヵ月のスタンダードプランの領収書を確認すると3240円です。25%割引適応前なので、1ヵ月あたり375円あたりになりますかね。 消費税は計算していません。

スタードメインはcom、netの独自ドメインが安くなる可能性が高いうえに、スタードメインでドメインを取得した際に発生したポイントが、ファイアバードの支払いにあてる技が使えるのがいいですね。ここ6年間以上の傾向でいうと、お名前comよりもスタードメインの方がおすすめです。

スタードメイン

MySQL10、オリジナルドメイン5つ、転送量300G/月、容量100GB、サブドメイン3,000個、500円、メールサポート早い

スターサーバー(StarServer)

エックスサーバー(xserver)のメリット・デメリット・過去に起きたトラブル(WordPressのレンタルサーバー初心者におすすめ)

http://www.xserver.ne.jp/

過去に起きたトラブル

思いつきませんね。すごい安定しています。

エックスサーバー

特色

エックスサーバー:MySQL50個、転送量:X10プラン:1日70G/日 70*30=2100GB、X20プラン:90GB/日、X30プラン:100GB/日、容量:200GB、サブドメイン無制限、1000円
エックスサーバー

  • バックアップ機能
  • サーバー移転機能

バックアップはまあWordpressのプラグインなんかもあるのですが、 サーバー移転機能はその共有サーバーがまずかったとき、試してみたい機能ですね。
また、他のサーバーを比較すると、エックスサーバーはこの6年以上を経て本当にスペックアップしました。 昔はファイアバードとそんなに変わらなかったのですが、今ではかなり差がありますし、 エックスサーバーより高いサーバーよりもいいかもしれません。
そして、エックスサーバーはいまだトラブルらしいトラブルが起きたことがありますね。 トラブルと格闘しなくていいため初心者におすすめです。Wordpressの簡単インストールもあります。 さくらからエックスサーバーに移転したとき、体感速度もあがりましたね。

エックスサーバー

さくらインターネット(sakura)のメリット・デメリット・過去に起きたトラブル

http://www.sakura.ne.jp/
MySQL20個、転送量1日80G/日、容量:100GB、サブドメイン無制限、、500円~
さくらインターネット
メリットはどのサーバーもマニュアルがあり別に問題ありませんが、なんとなくさくらインターネットのマニュアルが一番読みやすい感じがします。サポートは土日もやっていますがメールのみです。電話は平日です。 効率化のためでしょうけど、結構テンプレート的な返事が多いかもしれませんので、突っ込んで話をすることがおすすめですかね。そうすると丁寧に回答してもらえます。
デメリットはさくらインターネットの最安プランは、PHP未対応で、Wordpressが使えません。 何年も使ってるとわかってくるのですが、他のサーバーと違って特殊な仕様が多く問題になることもあります。
サポートはより知りたいことを突っ込めば丁寧に回答はしてくれます。 ただ、エックスサーバーの方が回答は早いですね。
過去に起きたトラブル
さくらは転送量は80GB/日(公式情報)まで緩和されましたが、どちらかというとWordpressのプラグイン等で 503エラーがでます。そのため、うちも2サイトほど引っ越しました、

503 Service Temporarily Unavailable でさくらインターネットからファイアバード・エックスサーバーに移転・引っ越し
さくらインターネットで503 Service Temporarily Unavailable エラーがでたら、 次のような手順で対応すると...

負荷に対して制限が厳しめのレンタルサーバーなので、変な使い方はしている人がいないという点で安心できますね。このサイトは少し表示が遅いのが気になっていますが、実はさくらのままです。

さくらインターネット

それではどっちか迷っている人のために、いろいろなレンタルサーバーを比較していきますね。 スペック表は公式サイトをみればわかるため、1番ピンポイントの判断材料になるところを書いていきます。

<

エックスサーバーとX2(エックスツー)の比較

エックスサーバーとX2(エックスツー)を比較すると、個人的にはエックスサーバーでいいんじゃないでしょうか。 2つエックスサーバーを借りるという選択肢もあります。
X2(エックスツー)のウリはPHPを高速化するエックスキャッシュですが、 WordPressではキャッシュ系のプラグインはたくさんでています。
http://www.xtwo.ne.jp/
エックスツー:MySQL無制限、スタンダードプラン:70GB/日、アドバンスドプラン:90GB/日、容量100GB〜、サブドメイン無制限、1890円
X2
エックスサーバー:MySQL50個、転送量:X10プラン:1日70G/日 70*30=2100GB、X20プラン:90GB/日、X30プラン:100GB/日、容量:200GB、サブドメイン無制限、1000円
エックスサーバー
まあ、1回借りてみたいという気持ちもわからなくないですけどね。

WordPressのレンタルサーバー代は無料という視点と結論

無理やり格安レンタルサーバーを選ぶ必要はありません。

なぜならWorspressをちょっと真面目に運営する方なら、適当にアドセンスとAmazonアフィリエイトでほぼ月1000円以上いくからです。経験上、マイナスはなくプラスしかないのです

だから、エックスサーバーを借りても、レンタルサーバー代を払っている気がしないのです。今だ無料ブログを使っている人は非常にもったないないですね。広告あり・広告なしに関わらず無料のWordpressのレンタルサーバーを使っている人ももったいないですかね。

はじめてレンタルサーバーを運営する人は、この視点は持っておくべきですかね。 なので、どれか1つ選べと言われれば、あまり料金に縛られず、xserverになります。理由はトラブルコストが1番小さいから。 6年以上利用すると、トラブルコストをいかに少ない方が楽かがわかってきます。

エックスサーバー

また、スターサーバーとミックスホストを安定的に運営できます。せめてスターサーバーのスタンダードプランとスタードメインのあわせ技、もしくはミックスホストを借りましょう。速度をとるならミックスホストです。

スターサーバー

MixHost

その他のレンタルサーバー

他にも格安レンタルサーバーはありますが、ハッスルサーバーは2chなどで評判に悪評があり、99円レンタルサーバーはユーザーデータが飛んだみたいな記述をみてやめました。その他有名なレンタルサーバーとして次のようなものがあります。

ロリポップ

ロリポップ!レンタルサーバー | 利用実績170万人突破!無料SSLあり

ロリポップ

ロリポップのプラン

  • エコノミープラン:転送量40GB/日、MYSOL0個、10GB、100円
  • ライトプラン:転送量60GB/日、MYSOL1個、50GB、250円〜
  • スタンダードプラン:転送量100GB/日、MYSOL30個、120GB、500円〜
  • エンタープライズ:転送量無制限、MYSOL100個、400GB、2000円〜

ロリポップの転送量とMy SOLの数を確認すると、どちらかというとスタンダードプランやエンタープライズなど上位プランがロリポップはいいのかも。

ロリポップ

新規注目のフレンドサーバー(大人向けok、共有・専用サーバー、ハウジングプランあり)

フレンドサーバー [レンタルサーバー・ホスティング]

フレンドサーバーは専用サーバーにリンクを貼っておきます。飛び先のアドレスを削ってトップページを見れば、共有サーバーのプランも見れますよ。

フレンドサーバー

スーパーレンタルサーバープランは低料金で転送量・マルチドメイン無制限で人気みたいですね。

  • 日本ではなく、米国カリフォルニアのシリコンバレーにサーバーがあります。
  • 日本人スタッフが対応。
  • 専用サーバー以外にも共有サーバーもあり。
  • 大規模サイトから月額3ドル(約300円)までのちょっと使ってみたい方までOK。
  • 珍しく大人向けもOK。
  • 海外サーバーの心配なレスポントですが、海外と日本のレスポンス差はほぼなし(約0.028秒で自社調べだそうです。)
  • SSL証明書対応。
  • 玄人向けにはホスティングではなくハウジングのデータセンターを提供。
  • 専門知識は必要ですが、ハウジングなので自分の業務に最適なサーバ設定のカスタマイズ拡張が可能。
  • 海外のIPになるから複数サイト運営の人はいいかも。
  • ほぼMYSQL無制限プラン (480円プラン〜 )。

フレンドサーバー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク