【まとめ】MacとiPhoneとWindowsでDropboxの同期を解除する方法

シェアする

apple001

容量節約や同期が不要な場合のDropboxのデータ管理方法をまとめておきます。

Dropboxのクラウドデータのみにする(MacとiPhoneの容量節約)

Dropboxのサーバーのみのデータにしたい場合は「選択型同期」を使います。PCやiPhoneの容量節約のために使えます。

ドロップボックスのアイコン > 設定アイコン > 基本設定 > アカウント > 設定を変更

dropboxと同期しているフォルダ一覧がでるため、設定を外す。MacもWindowsも手順は変わりません。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

PCのみのデータにする(Dropboxの容量節約のためにDropboxから同期を外す)

Dropboxの写真をPC内の別フォルダに移動させても同期されたままのようです。同期のマークがついたままです。 まあ、当たり前かもですけど。

Dropboxの同期を切る場合、要は単純にPCのみのデータにしたい場合、移動ではなくコピーして、そのあとdropboxのデータを削除します。

Dropboxの無料版を使っている人が、ブログの写真をアップロードする場合、容量節約のためにDropboxから写真は消したいみたいなことはありそうです。

スポンサーリンク

おまけでカメラロールの写真を一括削除

カメラロールとDropboxはもちろん別物なので、Dropboxの写真を削除しても、カメラロールから写真は消えません。Mac側からカメラロールの写真を削除する場合、イメージキャプチャアプリで一括削除します。

Finder > アプリケーション > イメージキャプチャ.app > 写真を複数選択 > 削除アイコン

もうひとつの方法はiPhoneのカメラロールでちまちま選択して削除してもOKです。ただMac側の方が
早いかも。

カメラロールからDropboxにデータがコピーされるためデータはかぶりますし容量も大きいです。ただ、うっかりミスの削除もありそうなので、気をつけましょう。

写真の容量確認方法

ios9は

一般 > ストレージとiCloudの使用状況 > ストレージ の ストレージを管理

昔は

設定 >一般 > 使用状況

データ管理はにあまり時間は取られたくありませんが、データ管理もたまにはしっかりとしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク