格安simとiphone6(s)のスマホをセットにできるMvno事業者比較まとめ

シェアする

wifi001

格安simとiphoneをセットで販売しているMvno事業者は、現在、3つあります。もちろん使った中古ではなく、新品(新品未使用)のものです。

スポンサーリンク

iPhoneの取り扱いがあるのは、もしもシークス、UQモバイル、ワイモバイル

iPhoneの取り扱いがあるのは、ドコモ系のもしもシークス、au系のUQモバイル、格安simとはちょっと違うかもしれませんが、本家ソフトバンク系のワイモバイルです。今は電話代混みで格安simなみに安く使えます。

格安sim/格安スマホ「ワイモバイル」の特徴と公式サイトをもっと見る!

格安sim/格安スマホ「UGモバイル」の特徴と公式サイトをもっと見る

格安sim/格安スマホ「もしもシークス」の特徴と公式サイトをもっと見る!

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

dokomo系ならもしもシークス(mosimosiix)のiPhone6/iPHone6sセット

  • もしもシークスではiPhone6/iPHone6sの取り扱いがあります。
  • 回線の容量は少ないプランはかなり安いです。
  • ちなみに、端末だけ購入することはできません。ずっともしもシークスが嫌な人は解約しましょう(音声プランは1年の縛りがあります。)。

格安sim/格安スマホ「もしもシークス」の特徴と公式サイトをもっと見る!

Androidと2台持ちにすればネットのヘビーユーザーにも向いています。2台持ちでも3000円以内に費用はおさまります(経験談)

スポンサーリンク

au系ならUGモバイル(UQ mobileのiPhoneセット

  • UGモバイルではiPhone5sの取り扱いがあります。
  • 高速かつ安いです。

格安sim/格安スマホ「UGモバイル」の特徴と公式サイトをもっと見る

もしもシークスとUGモバイルはどっちがいいの!?

UGモバイルの方が圧倒的に速度が速いですが、Au系です。端末はiPhone5sです。
もしもシークスの速度は普通ですが、dokomo系です。端末はiPhone6/iPHone6sです。

直近、便利で安いのがいいのなら「UGモバイル」、長い目で端末を使うなら「もしもシークス」でしょうか。dokomo系の方が参入のMvno回線の業者が多いため、「もしもシークス」の回線に満足しかない場合、乗り換える方法もあります。

格安sim/格安スマホ「UGモバイル」の特徴と公式サイトをもっと見る

格安sim/格安スマホ「もしもシークス」の特徴と公式サイトをもっと見る

2台持ちという手もある

個人的におすすめなのは、2台持ちです。

iPhoneをデータ端末にして、androidを電話端末します。
容量を少なくすればもしもシークスはかなり安いです。

維持費は端末代は覗き、普通のユーザーなら2000円未満でしょうか。
ネットヘビーユーザーでも3000円未満におさまります。

AndroidはDMMモバイルやよくキャンペーンをやっているDTI simあたりがおすすめです。

格安simのmvno回線は3日制限なし速度重視がおすすめ~格安スマホの比較!

すでにdokomoやauのiPhone5sやiPhone6を持っていれば、格安スマホとして運用可能

すでにiPhone5s以降の端末を持っている場合、端末を変えず回線だけ契約すれば運用できます。
必ずしもiPhone6sにする必要がありません。いったん、iPhone5sで運用してiPhone7に買い換えるみたいなことも可能です。
その場合は回線がドコモ系やau系かさえあっていれば使えます。

mvno事業者(格安simと格安スマホ)のおすすめ比較!

iPhone5やiPhone4は仕様上の問題から運用できないそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする