【評判】canva proの商用利用(同人/写真/youtube/チラシ/Tシャツ/フォントワークス)

アート

個人的にも時々使っているcanvaについてまとめていきます。オンラインで利用できるグラフィックソフトであり、ブロガーやSNSを使っている人には大変便利ですけど、チラシやTシャツ、同人活動にも利用できます。

canvaの無料プラン

すべてオンラインで完結します。PCブラウザはもちろん、スマホアプリでも操作可。

  • 25万点以上の無料テンプレート、100種類以上のデザインタイプ
  • 写真やイラストだけではなくアニメーションなどのグラフィック素材もあり
  • ブログやYoutubeのアイキャッチ、インスタグラムのストーリー、Twitterのヘッダー、ロゴ、資料などに対応
  • 4000万アウティブユーザー
  • 写真、イラスト、動画、オーディオなどデザインテンプレート
  • 5GBのクラウドストレージ
  • ダウンロード形式はPDF、JPEG、PNG、MP4、GIFなど
  • チームでのデザイン共同編集
  • オーストラリアの開発会社です

商用利用可です。個人的に無料プランはフリーのフォントがいろいろと知れるため、これだけでも役立つと思います。無料プランもセンスがよい素材はあります。

canva
スポンサーリンク

canva proのできること

Canva Proを使えばプロのデザイナーが作った数多くのテンプレートから適当にチョイスして組み合わせると、簡単にデザインを作ることができます。

  • 独自フォントのアップロード
  • ワンクリックで背景を透過できる
  • マジックリサイズでSNSの自動リサイズ
  • 作成したらインスタグラム、ツイッター、フェイスブックなどのSNSに予約投稿ができる
  • YouTubeサムネイルなどデザインテンプレートが50万点以上
  • 100GBのクラウドストレージ
  • 年間契約で割引があります。1ヵ月1000円ほど。
  • 家族や友人、仕事仲間と最大5名までアカウントを使えます。年間契約で割り勘すれば1人あたり200円ですかね

写真、イラスト、動画、オーディオ素材など1億点を超えるグラフィック素材。50万点を超えるデザインテンプレート。Pro版は素材数がすごいです。Adobe Stock Photoなどで素材を買っている人はこちらの方が安上がりかもです。

canva
スポンサーリンク

canva proの商用利用(同人/写真/youtube/チラシ/Tシャツ)はOKなの?

商用利用は不可能など意味がないため商用利用はもちろんできます。クレジット表記も必要ありません。

無料プランのユーザーは有料コンテンツに透かしが入っています。1ドル〜支払い単品購入もできるようですが、有料プランにする方がだいたいはお得です。

商用利用は間違いがあるといけいないため、公式サイトから引用します。

自社のホームページに掲載する

SNS投稿に使用する

マーケティング素材(広告、営業資料など)として使用する

名刺を配布する

取引先に年賀状を送る

Tシャツを作成して販売する など

https://xn--canva-mk0io81q.com/ja_jp/learn/commercial-us

Q. Canvaで作成したTシャツなどのオリジナルアイテムを販売できますか?

A. はい、Canvaで作成したデザインをTシャツやマグカップに印刷して販売できます。その際は、素材を組み合わせたオリジナルのデザインを必ず使用してください。Canvaの写真素材を無加工のまま印刷した場合は販売できません。

https://xn--canva-mk0io81q.com/ja_jp/learn/commercial-us

そのまんまじゃなくて、ちゃんと自分でデザインしたら商用利用できるということですね。

写真はまんま使わず文字などをいれてデザインすればいいということになりますかね。

チラシなどアナログな利用も問題ないようです。

文脈を見る限り同人活動の問題ないようです。

canvacanva

canva proの商用利用で注意すること

ロゴは商標登録できません。

ロゴは自分で作るかココナラやクラウドワークスなどのサービスを使うかがいいでしょう。

自分で作る場合はクリスタやaffinity designerがあります。

また素材をそのまま転売や再配布はできません。わりと普通なことですね。

canva
スポンサーリンク

【評判】canvaの感想

無料プランでもある程度作りたいものが作れます。だから気になる人は登録をおすすめします。

ただ、ほしい素材が有料のこともあるため、無料で使おうとすると制限を感じることはあります。自分で素材を一から作成することに慣れている人はどちらを使うか迷うかもしれません。ただありもので素材を作成できるため作業はcanvaの方が早いです。

あと、マニアックな点としてはファイルの読み込みアイコンが気に入っています。

canvaの無料版のデメリット

無料版のデメリットは透過PNGが出力できないのが痛いですね
(まあ、そういうデザイナーがほしい機能はproという戦略なんでしょう)

svgの出力もできません。

pro版にすると、透過PNGやsvgを出力し、フォトショやaffinityに簡単に素材だけフォントだけ持ってこれますかね。

逆にベースの素材はクリスタやaffinityで作成し、フォントワークスのフォントが安価に使えるため文字入れだけcanvaでやる方法があります。フォントの契約はMacとWindowsどちらかのため、デバイスを問わないcanvaを使うメリットがあります。

canva

canvaはモトヤフォント、フォントワークスが使える

こういう展開はあるかもと思っていましたが、canvaではフォントワークス とモトヤフォントが使えます。

6月にはモトヤフォントから64種類、8月にはフォントワークスより110種類の日本語フォントを公開しました。これにより、合計で309種類の日本語フォントが新たにCanva上で利用可能となりました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000066101.html

フォントワークス のLetsが値上げされますからcanvaを利用する人が増えるかもですね。

個人的にざっとみたところ、次のような感じでした。フォントワークス しか詳しくないのでフォントワークス しか見ていません。

  • 無料プラン:スーラ、ロダンわんぱく、ロダンひまわり、ロダンマリア、マティス
  • 有料プラン:ハミング、スキップ、ユールカ、花風シリーズ
  • 見当たらない。。:くろかね、ロダンNTLG、筑紫アンティークLゴ

筑紫、UD角ゴ、UD丸ゴは全部じゃないけど、無料と有料に各々ありました。

canva

ソフトウェア版はないの?

MacやWindowsのソフトウェア版はないようです。買い切りのクリスタを持っているといいんじゃないですかね。1からイラストを用意したい場合便利です。個人的にも使っています。

スポンサーリンク

canvaの使い方

使うとすぐわかる程度です。一部個人的な覚書を残しておきます。

canvasの出力

gif 800
mp4 1080
静止画 1080

canvaとあわせて使いたいグラフィックソフト

類似サービスに「Picky-Pics」がありますが「canva」の方が品質が高い気がします。

canvaとaffinity designer、affinity photo、photoshop、クリスタの使い分け

一から自分で線を引きたい場合、完全にオリジナルで作成したい場合は、affinity photo、affinity designer、photoshop cs6、クリスタを使います。パスのグラフィックソフトはあまり使わないのもあるのですが、イラストレーター(illustrator)は最近使わずaffinity designerですませています。

ブログの簡単な素材はあらかじめ素材が入っているため、canvaの方が早く楽なこともあります。

オリジナルの写真やイラスト素材を探す

写真素材で素材を買う前にcanvaによい素材がないか確認するのもよいかもしれません。

ただcanvaは使っている人も多いため素材サイトで写真を購入するのも手です。

絵やデザインを学びたいなら

一から素材を作成したい場合はパルミー やUdemyで学ぶとよいです。ソフトは買い切りのクリスタとaffinityシリーズを持っていれば大丈夫な気がします。Adobeはなくても平気です。

クリスタは5000円から開始できるグラフィックソフトです。上位版は漫画も描けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました