評判は?EdrawMindのセールはいつ!有料と無料の違いや制限?【エドラマインド】

PC・ソフトウェア・ブラウザ

EdrawMindを使っています。スクリーンショット画像たっぷりで紹介していきます。

EdrawMind(エドラマインド)のセールはいつ?最安値は!?クーポン!

永久版のセールがねらい目です。セールは春夏秋冬と季節のイベントごとにわりと頻繁にやっていますが季節のイベントにあわせれば極端に安くなるわけではありません。

10000円ぐらいにさがっているときが大チャンスです。セールのパターンを観察していましたが、9000円代にさがったことは今までみたことがありません。

Wondershare EdrawMind

EdrawMaxというソフトもあわせて購入するかですけど、フローチャートを使うならあわせて購入してもいいかもしれません。EdrawMax買い切りのフローチャートとしては安い方です。

スポンサーリンク

EdrawMind(エドラマインド)買い切り版概要

  • Mac、Windows、Liunx、Android、Webは買い切り(注意事項としてiPadとiPhoneは別アプリ。こちらは6ヵ月のサブスク)
  • アウトライナーとマインドマップの切り替え可
  • アウトナイナーモードは順番のドラック&ドロップで入れ替えも対応
  • マインドマップはレイアウトも一発で変更可能
  • マインドマップはアイコンも指定可能(オリジナルは画像読み込みでできます)
  • マインドマップは文字を入れる場所の形状とブランチの形状も変更できます。
  • 有料版のみ虹色でおしゃれに指定可。カラーチャートもあらかじめいろいろあり。
  • RGBの指定可!わりと好きな色ってあるので、細部までこだわりたい人には嬉しいです。
  • グラデーション指定可。
  • 複数トピックからテキストコピペでマインドマップに変換可。
  • インポートはMindMnneger、xmind、FreeMind、EDrawMax(フローチャートのソフト)、Word、Html、markdown。個人的にmarkdownは嬉しいですね。xmindやFreeMindに対応しているため、他のソフトから乗り換えも容易です。
  • Png、jpeg、SVG、PDF、Office、Html、MindMnnegerなどに出力可
  • インストール型なので好きなフォントがチョイスできる。デザイン系のフォントが入っている人はさらにおしゃれに。
  • クラウド版もあり、多人数で共有もできます。
Wondershare EdrawMind

EdrawMindからMindMasterに名前が変わる

2022年からMindMasteからEdrawMindに名前が変わりました。

似た名前のソフトがあったため、名前変更により紛らわしさがなくなりました。よいことではないでしょうか。

EdrawMindのインストール

とりあえず、使ってみることがおすすめです。

  1. 画面上部の[ダウンロード] > 各osのダウンロードします。
  2. インストールはexeファイルをたたいてインストールすればいいだけです。
Wondershare EdrawMind

EdrawMindの複数デバイス!

1アカウントは2 PCsと3 モバイルでご利用可能
永久技術サポート
Windows・Mac・Linux
EdrawMindのWeb版とAndroidはご利用可能

https://www.edrawsoft.com/jp/pricing-edrawmind.html

MacとWindowsで問題なく使えるようです。ただし、iPad・iPhoneは別アプリのサブスクリプションになっていました。この点は注意が必要です。Web版もありますので、そんなに問題ないはずですけど。

Wondershare EdrawMind
スポンサーリンク

EdrawMindの無料版の制限!有料版との違い

  • フリー版の制限は100トピックまでしか追加できないこと
  • 基本エクスポートはできないと考えた方がよいです。HtmlやSVGに出力制限があります。PNGなど画像は出力できますが透かしが入ります。エクスポート系はありがちですがダメダメということですね。
  • ページスタイルのタブにある色の設定が使えません。虹の色のほか、補色や交互に色を配置する方法ができません。手書き風のスタイルもありますが、使えません。デザインに凝りたい人は残念です。
  • セキュリティ機能も使えません。いわゆるパスワードを配置する系。

そこまで高くないのでセールの時期に購入するとよいでしょう。

Wondershare EdrawMind

EdrawMindの無料版の期間

無料版の期間はおそらく決まっていないようです。長く使っているならセールのとき購入するとよいでしょう。

Wondershare EdrawMind
スポンサーリンク

EdrawMindのメリット(機能レビュー)

EdrawMindはほかのマインドマップソフトから移行も簡単!

インポートはそれなりにそろっています。

freemindとxmind、mindmanagerに対応しているため、他のマインドソフトからの移行も容易!

EdrawMindはMarkdownのインポート他一括入力!

markdownのインポートができる他、インポート以外にも複数トピックという機能があり、テキストをコピペで張り付けてマインドマップを作成できます。

EdrawMindはSVGやHtmlなどのエクスポート機能が充実!

SVGで書き出せないマインドマップは多いです。SVGで書き出せると、グラフィックソフトとの連携もできます。freemindやmarkdownもしくはテキストでエクスポートできないのがやや残念です。

EdrawMindの豊富な色

  • おしゃれなマインドマップにするには、有料版の虹色設定が必須だと気付きました。
  • 豊富なカラー設定があります。
  • 個別に色設定も可能です。RGBの設定可能です。

RGBの指定もできるため、個別指定で色にこだわることもできます。

さらによくみるとグラデーションも可能です。

グラデーションも可能なEdrawMind

EdrawMindの豊富なレイアウトと形状を変更できる

レイアウトはいつでも一発で切り替えできます。

レイアウトの指定もボタン一発で切り替え可能

ブランチの形状も変えられます。

ブランチの指定も可。

四角の形も変更できます。

形状の選択も可

さらに吹き出しや関連線も追加できます。

EdrawMindはアイコンを挿入できる

アイコンも充実しています。

文字の頭に指定できる豊富なアイコン。オリジナルはPngを読み込めばOK
  • もともとあるアイコンがあります。
  • それに加えてEdrawMindのアイコンもあります。
  • オリジナルのアイコンを追加したい場合は、PNGなどで挿入するとよいです。

EdrawMindの検索・置換機能

検索と置換機能は普通に使いやすいです。

アウトライナーでもマインドマップでもどちらかでも利用できます。

置換機能などの機能の豊富、
スポンサーリンク

EdrawMind(エドラマインド)のデメリット

レイアウトが綺麗に整列してしまうタイプです。レイアウトフリーではありません。レイアウトフリーに切り替えられるモードと整列があると、嬉しいですね。

ただ、レイアウトがフリーのソフトはそれほど多くありません。。サブスクリプション1000円ぐらいのmiroはレイアウトがフリーでした。EdrawMindは買い切りなので約1年分の値段ですね。2年目以降、EdrawMindの方が安いです。

一応、無理やりレイアウトを変えたい場合はSVGでエクスポートして、adobe illustratorでインポートすることです。illustratorならやりたい放題です。

あとはfreemind形式やmarkdownでもエクスポートできるといいですね。

EdrawMind(エドラマインド)の安全性

SSL化されているようなので問題なさそうです。

評判は?EdrawMind(エドラマインド)のSNSの口コミ

悪い評判はなく、おおむね評価は良好です。ややiPad版は使いにくいという口コミがありました。

マインドマップは画面が広い方がいいので、PCで使っていますが大変使いやすいです。

EdrawMindはブロガーやYoutuberの利用者が多い!?

ブロガーやYoutuberの利用が意外と多そうです。

プランナーやエンジニアもいます。心理系の人もいるみたいですね。

Wondershare EdrawMind

EdrawMindの使い方

使い方はみればすぐわかる感じ。公式ががんがん日本語で動画をだしてくれていますから困ることはにでしょう。

  • 基本操作は他のマインドマップアプリとも似ているため、とっつきやすい方です。
  • タブでも追加できるけど、一括追加のときは画面上の[ 複数トピック ]を使うと簡単
  • ダブルクリックでも任意の位置に追加可能

EdrawMindとセット販売されているEdrawMaxとは?

いくつか別ソフトもでていますからあわせてダウンロードしてもよいでしょう。EdrawMaxはフローチャートなどを作成するソフトです。フローチャートも作成する人はあわせて購入してもよいでしょう。

ベクターソフトに近いところもあり、イラストも描けるようですね。

EdrawMaxはマイクロソフトVisioの代替で格安版と紹介されがちですね。

Visioは昔、買い切り版を購入したことがりますが、Visio Standard 2021は5万以上しますし、Microsoft Visio Professionaは8万以上します。そのことを知っている身からすると、セールで1万5000円ぐらいでフローチャートソフトが買えるのはかなりの格安です。

EdrawMaxの口コミ

SVGとイラレの連携は便利なのですよね!

Wondershare EdrawMax

EdrawMind(エドラマインド)を運営するwondershare

wondershareはfilmoraという動画編集ソフトで有名なのでそこそこ大きいところです

日本企業ではなく外資系企業ですが、株式会社ワンダーシェアジャパンもあるので日本語も大丈夫でしょう。

Wondershare EdrawMind

Wondershare EdrawMax

スポンサーリンク
PC・ソフトウェア・ブラウザ
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました