イメージキャプチャ一元管理とDropboxのカメラアップロード機能の比較!?iphoneとmacの写真追加削除!

Dropboxを利用したiphoneとmac間の写真の管理術について覚書を残しておきます。

2種類の写真管理術

iPhoneの写真管理術は単純に考えると2通りある気がします。

  • DropboxでPCへのアップロードとイメージキャプチャで削除
  • イメージキャプチャで追加・削除(Dropbox上には後からのっける)

データの持ち方や各々のメリット・デメリットを考えて結局Dropboxのカメラアップロード機能にお世話になることにしました。

ただし一長一短あるため、その詳細をみていきましょう。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

「イメージキャプチャで追加・削除」の方が手っ取り早いのでは!?そのメリットとデメリットの詳細

「目の前にmacとiPhoneがあるのだから、クラウド経由で動機する必要がない!」と一度は考える人もいるでしょう。もちろん、Dropboxは利用しないということではなく、後からDropboxの同期すればOKです。

Dropboxで写真を同期する場合のフローをみてみましょう!

写真 → iphoneのdropbox → カメラアップロード経由でアップロード(時間がかかる) → やっとpcで写真が使える→ dropboxと写真アプリで写真が2重管理になる → イメージキャプチャでiphoneの写真を消す必要がある

*写真はアプリからではなく、MACのイメージキャプチャから削除した方が圧倒的に早いです。

長い!

このフローは長いし、外出先などですぐに写真が使いたいときに不便です。

写真 → イメージキャプチャ(追加と削除)

お終い。昔ながらの方法ではありますが、この方が楽なのでしょうか。

フローが短く快適になります。後ほどDropboxにのっければバックアップも問題ありません。クラウドにもゆっくりと同期してくれます。

クラウド同期 → PCで写真を使う

ではなく、

PCで写真を使う → クラウド同期

の方が早いだろうと。

Macはおともに持ち歩いている場合、この方がすぐにPCで写真を使えます。

しかし、この方法は実際に試してみて、下記のデメリットがあることに気付きました。

  • イメージキャプチャを利用する場合、ファイル名が日付にならない。IMG_0000.PNG。拡張子もPNGと大文字です。Dropboxは日付がファイル名でpngの拡張子が小文字です。dropboxの命名規則の方がわかりやすいですね。
  • 自動アップロードではないため、iPhoneをなくした場合、一部、データを喪失するかも。とくにマメにアップロードしていない人は要注意。

個人的にファイル名の問題は大きかったです。ブログにアップロードする写真を除けば、いちいちファイル名をつけなおすなんてやっていられないですし、いわゆる思い出の写真などは日付はあった方がいいのかなっと。

操作手順「dropboxの写真のアクセス権は許可しない」にようにしてDropboxと写真アプリの関係を断ち切る

操作手順はかなり簡単です。

1、写真ファイルのdropboxのアクセス権を遮断。

設定 > dropbox > 写真 > 許可しない

2、以後、Macのイメージキャプチャというソフトを使ってください。

dropboxのカメラアップロードフォルダは必要に応じて整理しましょう。

スポンサーリンク

「DropboxでPCへのアップロードとイメージキャプチャで削除」のメリットとデメリット

この方法は思ったよりiPhoneの負荷にはなっていません。

写真アプリとPCの2重管理にはなるけど、写真アプリ、DropboxのiPhoneアプリの2重管理にはなっていないはず。

テクニカルにはローカルには保持されていないので。

その証拠に設定 > 一般 > iPhoneストレージをみても、197mb(当方の場合)でした。ゲームアプリの方がよっぽど多いです。

この容量がGB単位である人は、キャッシュデータはかなり積まれているいます。キャッッシュを消去等すれば軽くなるかも。

デメリットはイメージキャプチャを開く機会が少なくなるので、写真アプリの写真を消去せず、ついiPhoneの容量を圧迫しがちに。

でも削除すればいいだけですからね。

もうひとつのデメリットはDropboxの同期が遅いとすぐに写真を使えない場合があります。

そこで格安simではなく契約縛りなしのレンタルwifiなどを導入して快適なネット環境を作りましょう。

長期レンタルwifi(ワイファイ)比較、おすすめで安いのは!?Wimax/ポケットwifiの無制限/200gb.100gb.50gb
レンタルwifiのおすすめで安いのはどれでしょう!?無制限、200gb、100gb、50gb、25gb、10gbなどを徹底比較していきます。...

イメージキャプチャの使い方(すべて読み込むと削除) iphoneのアルバムの削除

イメージキャプチャの使い方は簡単です。Macにデフォルトでイメージキャプチャというソフトが入っているため、起動しましょう。

  • 写真を複数選択したのち、追加先のフォルダを指定して、すべて読み込むとインポート完了
  • 写真を複数選択したのち、右クリックで削除

イメージキャプチャで削除してもiPhoneの容量は即時減らないようです。少し待ちましょう。

スマホ側からも削除できますが、時間がかかるため、イメージキャプチャの一括削除しか使いません。iphoneのアルバムの削除してもDropboxの写真が削除されるわけではありません。心配な人は1枚いらない写真でテストを。アルバムとDropboxの2重管理になっているわけですね。

Dropboxのアップロードは全部ごっちゃまぜ状態なので、写真は各種写真フォルダを用意してジャンルごとに振り分けています。

スポンサーリンク

【おまけ】iphoneでdropboxのカメラアップロードをオン・オフにする方法が間際らしい

ついでにいうと、iphoneでdropboxのカメラアップロードをオフにする方法も間際らしいです。

アカウント > 左上の「歯車アイコン」 > カメラアップロード オフにする

もう何年の前から、ずっとこの仕様のままですからね。。。くわえてdropboxのiphoneアプリはあまり評価がよろしくありません。。

動画をアップロードと別れていますが、「カメラアップロード」をオフにすると両方ともオフになる仕様のようです。

この紛らわしい仕様はありますが、結論としては、やはりDropboxでアップロードしてイメージキャプチャーでまとめて消去がいいですかね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク