初心者向け動画・映像編集ソフト有料買い切りのおすすめ!(Windows・Mac)比較すると安いのは?

映像編集・動画制作

↑アイキャッチはエンディングも簡単に作れるフィモーラ!

動画編集ソフト有料買い切りのおすすめを紹介していきます。

初心者向け動画・映像編集ソフト有料買い切りのおすすめ!

Wondershare Filmora(ワンダーシェアーフィモーラ)-初心者向けの買い切りで安い(Windows・Mac)

独自の動画エフェクトや編集テンプレートなど、厳選された動画編集の時短ツールを数多く取り揃えています。編集操作も簡単。初心者でもすぐに理想の動画作りが始められます。

初心者向けのわかりやすい映像編集ソフト

「Wondershare Filmora(ワンダーシェアーフィモーラ)」は、世界で500万人以上のユーザーが愛用している動画編集ソフトウェアです。

Wondershare Filmoraは情報が豊富なのでわからないとき困ることがありません。公式Youtubeも含めていろいろな情報がでています。

体験版があるのでとりあえず使うと早いでしょう。エクスポートデータにすかしが入ること以外は制限はなかったはずです。

Filmora

豊富なプロジェクトテンプレートがあることが特徴です。オーディオ機能ではBGMや効果音が用意されています。

BGMや効果音もあらかじめ用意。追加もできます。

タイトルはタイトルや司会者の名前、エンディングなどを表示する機能があります。

タイトルや話している人がわかる機能もあり
映画風のエンディングも簡単につくれる

トランジションは基本的なディゾルブ以外にもワイプやズームなどさまざまな機能を用意。

トランジションが豊富です。スピードブラーなども追加されています。
タイマー的なエフェクトもある

エフェクト機能は画面全体にかける機能であらかじめ用意されている他、追加することも可能です。

光漏れも綺麗

エレメント機能は矢印やキラキラ、ハートのエレメントのほか、ソーシャルメディアでよく使われるいいねもあります。漫画系のエレメントもあり。

漫画風のエレメントもある

さまざまな画面分割に対応して格好よく見せることができます。

画面分割も対応

Filmstockでさらなるエフェクト、サウンドなどを追加できます。

Filmstockでエフェクトなど素材の追加も可能!
漫画系のエフェクトなど人気が高いようです。

無料ストレージ付き「クラウド保存」も可!

体験版がすぐにダウンロードできます。いろいろありますが、基本、通常版でOKです。

Filmora

中級者以上向けの機能もそろっています。

  • OpenFX(サードパーティー製エフェクトプラグイン対応)
  • Stock Media(Giphy、Pixabay、Unsplashと連携)
  • オートモンタージュ(モンタージュ動画の自動生成)
  • より簡単に動画作成できる「インスタントモード」
  • スピードランプ(キーフレーム制御により滑らかなスピード調整が可能)
Filmora

パワーディレクター(PowerDirector)-初心者向け(Windows・Mac)

初心者用にもうひとつ有名なソフトウェアといえばPowerDirector(パワーディレクター)

  • パワーディレクターはサイバーリンクが開発・販売する
  • 香港発で2001年~あるソフトなので、結構長い。
  • Windows用動画編集ソフトウェア。
  • エフェクト、トランジション、パーティクル、字幕などに対応
  • 近年はボイスチェンジャー、自動字幕起こしやAI機能なども実装
  • ディスク作成、動画ファイル出力、YouTubeやニコニコ動画へのアップロード機能あり。
  • 公式サイトは「Ultra」「Ultimate」「Ultimate Suite」の買い切りバージョンがある。
  • また「PowerDirector 365」、「Director Suite 365」、「PowerDirector 365 ビジネス」のサブスクリプション版があります。

機能比較表をチェック、また体験版もダウンロードできます(体験版はサブスクの体験版ですが、基本的に使い勝手は買い切りもサブスクも変わりません。)。

PowerDirector

お試しのStandard版はパッケージ版しかなくAmazonなど経由でしか買えません。ただし、機能が極めて限定的なので、おすすめできないです。Ultra以上がおすすめです。機能比較表は公式サイトにあります。

サイバーリンク
¥5,436 (2023/01/05 21:43時点 | Amazon調べ)

プレミアエレメンツ(Adobe Premire Elements)-初心者向け(Windows・Mac)

Adobe Premireの買い切り版プレミアエレメンツもあります。有名のプレミアの買い切りだったらいいじゃん!と思う人もいるでしょう。

アドビシステムズ
¥17,800 (2022/12/25 02:45時点 | Amazon調べ)

しかし、プレミアエレメンツはAdobe Premireの簡易版ですが、機能的に中途半端という気がします。Adobe的にはサブスクにうつってほしいから機能が削られている模様です。Adobe Premireを使うならサブスクがおすすめです。

買い切りで使いたいのなら、DaVinci ResolveやFilmoraがおすすめです。

Filmora(フィモーラ)とパワーディレクター(PowerDirector)の違い!

  • どちらも初心者向けの映像編集ソフトです。
  • タイトル、エフェクト、トランジションはもちろん、ボイスチェンジャーや画面撮影まで機能も極めて類似しています。
  • 1番人気のFilmora(フィモーラ)の買い切り版とPowerDirector Ultraを比較すると、料金はフィモーラの方が安いです。PowerDirectorのスタンダード版は機能がすごく少ないのであまりおすすめしないです。
  • 両方とも試したところ、映像編集ソフトとしてはフィモーラの方が使いやすいです。
  • ただ、フィモーラはややバグがあります(個人的にプログラミングを書くので余計に気になるかもでけど、気にならない人はわからない気もします)。

どちらか片方試すならフィモーラからでいいかもしれません。両方とも試して決めてもいいかもしれません。

Filmora

PowerDirector

スポンサーリンク

プロ向け動画・映像編集ソフト有料買い切りのおすすめ!

Vegas Pro (ベガス プロ)-プロ向け(Windows)

  • Sony Creative Softwareが開発・販売していたプロフェッショナル向けのノンリニア動画編集ソフトウェアです。
  • 2016年にドイツのMAGIX社がソニーのVegas Proを買収。販売のみソースネクストに任せてします。
  • vegas effectsはモーショングラフィックやVFXを制作できて、いわゆるAdobe Affter EffectsやDaVinci Resolve Fusionにあたるものです。
  • 映像系Youtuberで有名なTORAERA DOUGAなどが紹介しているため、ノウハウはそこそこでています。
  • Windowsのみです。
  • 買い切りのソフトウェアのため、今でも使っている人がいます。
  • ソースネクストでセールをやるとき安く買えます。
VEGAS Post

DaVinci Resolve-玄人向けの買い切り(Windows・Mac)

DaVinci Resolveは無料で基本的な編集ができますが機能が足りない場合は有料版を購入しましょう。

  • ハリウッドなどで利用されているプロフェッショナルな映像編集ソフトです。
  • モーフィングや透過Pngの連番書き出しにも対応しています。
  • fusionはレイヤーではなく、ノードです。Mayaなど3DCGなど慣れている方は使いやすいかも。
  • カラーグレーディングの評価が高く、そこだけダヴィンチリゾルブを使うプロの映像作家の人もいます。

アマゾンが安いです。

FilmoraとDaVinci Resolveの違い!

個人的におすすめはFilmoraとDaVinci Resolveの2択!

たとえば、テキストアニメーションならDaVinci Resolveは素材を1から作る形です。フィモーラは好きな演出を選ぶだけです。時短したい人やYoutuberならフィモーラで十分です。

Filmora

大手法人からテレビCM用の動画を頼まれたらDaVinci Resolveの方がよいでしょう。車のプロモーションやゲームのPVなどです。1ミリや1秒の動きにこだわりがあるクリエイター気質の人はフィモーラのありもの素材では満足できないかもしれません。

素材はPhotoshopやクリスタで1から作るという気合が入った人はDaVinci Resolveの方がよいでしょう。映像は自分の作品と思っているぐらいの人です。

あと、意外に大事なのは、字幕起こしですかね。DaVinci Resolve (ダビンチ・リゾルブ) のデメリットは自動字幕起こしがありません。filmoraは自動字幕起こしがあります。字幕が必要な人はfilmoraの方が便利でしょう。Premiere Proも自動字幕起こしがありますがサブスクです。

よくわからない人はfilmoraを使って気に入らなかったら、DaVinci Resolveを使う流れでもいいかもしれません。

Filmora

Final Cut Pro(ファイナルカット・プロ)はどうなの?

  • Appleが開発。
  • MotionというモーショングラフィックスのソフトはAfter Effects系(少し物足りない気がする)
  • 買い切りで5万円弱です。

ただ、2011年頃にFinal Cut Pro Xが大幅に変えて大混乱でしたかね。。

デメリットはMacしか使えないことと現在はサブスクリプションのプレミアProを筆頭に、プロ向けのDaVinci Resolveと初心者向けのfilmoraの方が勢いがあって下火な気がします

スポンサーリンク

映像・動画編集ソフト比較(Premiere Pro、DaVinci Resolve、filmora、final cut PowerDirector)

買い切りとサブスクの違い!

基本的にランニングコストがかかるため、買い切りの方がよいです。

動画編集ソフトを比較しましょう。

個人的な分析は以下のとおりです。

  • 昔、個人的にプレミアユーザーでしたが、あまり使い勝手がよかった記憶がありません。業界内にAfter Effectsの方がいいでしょう。プレミア微妙という空気がありました。それにAdobeはサブスクリプションになりましたからね。
  • ちなみにAfter Effectsなら個人的に結構おすすめかも。After Effectsはモーフィングなどが可能で映像編集ソフト以上に専門的な技術が要求されるソフトです。
  • final cut proはapple開発のため、買い切りはいいですがmacしか使えません。
  • PowerDirectorを開発するサイバーリンクは台湾の会社です。個人利用はいいのですが、商用利用はやや消極的かも。
  • filmoraは初心者には扱いやすいソフトです。サブスクリプションより永久買い切り版がよいでしょう。商用利用可能です。1万ぐらいで買えます。エフェクトや切り替えのトランジションも豊富、YouTubeレベルならこれかな
  • DaVinci Resolve (ダビンチ・リゾルブ) はブラックマジックデザインが開発、オーストラリアの会社で興味を持ちました。アメリカのほか日本にもオフイスを構えています。無料版と買い切りがあります。買い切りも個人で手がでない価格ではありません。4.5万円ぐらいします。Mac、Win対応、商用利用可能です。映画やCMレベルならこれかな

個人的に動画編集ソフトは毎日はもちろん毎月使わないのでサブスクリプションは避けるようにしています。

初心者の人はfilmoraがよいでしょう。filmoraはどちらかというと家庭向けというか初心者が簡単に動作を作成できるソフトです。格安で使いたい人もfilmoraが向いています

Filmora

個人的には玄人向けのソフトが好みなので、filmoraもインストールしましたが、メインはDaVinci Resolveを使っています。ただ、情報が少ないためどちらかというとITが得意な人向け、プロを目指す人はDaVinci Resolveがいいでしょう。

スポンサーリンク

Premiere Pro、DaVinci Resolve、filmora、final cut PowerDirectorの学習動画

filmora、DaVinci Resolve、Premiere ProはUmdeyで解説動画がでています。とくにfilmora、とPremiere Proは多いです。

興味がある方はキーワード検索してみるとよいでしょう。

DaVinci Resolveも数は少ないですが、一応動画がでています。

Udemy

最初、Udemyには次の講座を購入しましたよ。実際にみたところ、かなり説明がわかりやすい動画なのでおすすめですよ。

Premiere Proユーザー必見!Davinci Resolve 15でプロ並みの動画を作ろう!超入門編

他にもいくつかでているため、そちらにしてもいいかもしれませんが、このかたは映像クリエイターで動画編集の講座を多数だしています。

他のソフトがいい人もだいたい講座はあるためUdemyをのぞいてみるとよいでしょう。

Udemy

デザインのUdemyおすすめ講座

別記事にあります。

プログラミングのUdemyのおすすめコース

別記事にあります。

スポンサーリンク
映像編集・動画制作
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました