2018年revive old postsと不動産 Tweet Old Postの使い方(過去記事を画像付きtwitterに投稿する)

過去記事を画像付きでtwitterに投稿する、revive old postsと不動産 Toot Old Postについてまとめていきます。プラグインの違いapi keyの発行までの手順をまとめました。

また、無料で過去記事を画像付きツイートで投稿する方法も解説しています。

ブログ(wordpress)の過去記事を画像付きtwitterに投稿するプラグイン

過去記事を画像付きで投稿したいのなら「revive old posts」と「不動産 Toot Old Post」プラグインがあります。

Automatically share your WordPress posts on Twitter, Facebook, LinkedIn. Get more visitors to your website and keep your content alive.
Twitterでは過去の記事を自動ツイートできる「不動産 Tweet Old Postプラグイン」がありますが、Mastodon(マストドン)でも 過去の記事を自動でトゥートできる 「不動産 Toot Old Postプラグイン」(無料)をリリースしました。※不動産プラグイン用に作りましたが不動産プラグインが無くても投...

proバージョンは各々有料になっています。不動産 Tweet Old Post Proもあるようですが、今は販売停止しているようですね。

revive old postsと不動産 Toot Old Post(不動産 Tweet Old Post)の画像添付の違い

どちらでも画像を添付することはできます。revive old postsと不動産 Toot Old Postの違いは見栄えにあります。

よくrevive old postsはpro版にしないと画像添付できないと紹介しているサイトがありますけど、その情報は古いです。pro版にしなくても画像を添付する方法はあります。そうです、Twitterカードですね。

不動産 Toot Old Postは画像の枚数を指定できます。さすが不動産用に作られた仕様という感じですね。ひとつのブログの記事に複数枚の画像があった場合、複数枚の画像を添付できます。もちろん、1枚も可能です。

Revive Old Posts × Twitterカードのサンプル

revive old postsはtwitterカードという手法を使った場合、小さいカード型の画像と大きなカード型の画像など添付方法が選べます。

Revive Old Posts × Twitterカード(summary_large_image)のサンプル画像はこちらです。

Revive Old Posts × Twitterカード(summary)のサンプル画像はこちらです。

revive old postsと不動産 Toot Old Post(不動産 Tweet Old Post)のその他の違い

そのほかの特徴として以下のようになっています。

  • revive old postsはfacebookで拡散できます。
  • 不動産 Toot Old Postはwordpressのプラグインサイトには公開されていません。
  • 不動産 Toot Old Postは会員登録が必要です。アップデート履歴はしっかりとのっていて更新されているため安心感があります。
  • 不動産 Toot Old Postは管理画面から任意の記事がツイートできます。過去記事はランダムのため、早めにその記事を投稿したい場合は便利です。revive old postにはそのような機能はありません。

どちらにするかちょっと迷いましたが、facebookでも使え、Twitterカードの設定も簡単だったため、個人的にrevive old postsを採用しました。管理画面から更新もできますし。

Twitterカードの設定が難しい人は不動産 Toot Old Postでもいいかもしれません。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

2018年、revive old postsの使い方 API keyとAPI secret keyの取得まで(不動産 Toot Old Postもapiの取得も一緒)

開発者登録が必須になって、Twittter社もアプリ管理が昔と違って厳しめになりましたね。revive old postsだけではなく類似アプリの不動産 Toot Old Post proも同じようにapiの取得は必要っぽいですね。

APIの取得までの流れを書いていきます。

まずはTwitter Developersにアクセス。

Twitter Developers

ログインします。

create a developer accountをクリックします。

電話番号認証が必須になったようです。

The phone number associated with this Twitter @username is not verified. You must add a valid phone number and verify it prior to applying for developer access.

個人情報なしで登録する方法も探したのですが、ダメのようですね。。

国と電話番号を入力します。

Verify phone number
Country/region
Japan
Phone number (required)
電話番号を入力します。

電話番号はハイフンをいれないとエラーがでますね。

Failed to send phone verification.
Unknown error.

スマホに認証コードが届くのでVerification code (required)に入力してVerifyです。
Continueを押下します。

Add your account detailsに移行します。

個人利用の場合、I am requesting access for my own personal useを選びます。

Account nameはTwitterのアカウントネームと一緒でよいでしょう。
Primary country of operationはJapan。

What use case(s) are you interested in?
興味があることは何?って話なので適当に選びましょう。

Publish and curate Tweets
Engagement and customer service
Other

をチェックしました。

次の質問が面倒ですが、Revive Old Postのサイトに案内がのっていました。このまま拝借して利用させてもらいました。

3- In the text area where you’re asked to explain more about your app enter the following text:の項目です。

How to create a Twitter Application for Revive Old Post – ReviveSocial Docs

そのまんまコピペで終了。英文もわかりやすく簡単なことを答えているだけですね。。

この記事はRevive Old Postの案内を日本語訳しているところがあります。

最後の質問は「政府機関」のツイッターコンテンツなの? なのでNO。

Continueを押します。

同意書は読んでいないけど、、全部スクロールしないとチェックできません。

By clickking…とSubscribeの2つをチェックしてSubmit applicationをします。

twitterから登録メールアドレスに、件名「Verify your Twitter Developer Account」のメールが届いているため認証します。

その後、すぐアプリが作れるかと思いきゃ、審査のようなものが入り数日待つことが必要なようです。(実際には10時間程度で認証されました)このあたりもTwitter社が管理を厳しくやっていることが伺えますね。

その後、承認のメールが届きました。

Your Twitter developer account application has been approved!

ここまでくると、ようやくアプリの作成ができます。

Create an app

App name (required)
shares (my website) posts
アプリ名は個人的には下記のとおりです。
shares ebookbrain posts

Application description (required)
shares posts to Twitter

Allow this application to be used to sign in with Twitterはチェックをいれません。

Website URL (required)

https://mywebsite.com/wp-admin/admin.php

mywebsiteは自分のWebサイトのドメインに置き換えてください。Wordpressを例外的なパスでインストールしているとパスが違うかもしれません。

This app is for internal use not public use. It allows my website to share posts to my Twitter account so my followers can engage with.

revive old postsのページから拝借。

How to create a Twitter Application for Revive Old Post – ReviveSocial Docs

Create > Create(確認)

createを2回押します。

Keys and tokensのタブをクリックします。

ここまでくると、ようやくapi keyが取得できます。

次にRevive Old Postsの管理画面をみます。

Accounts > Add Account > API keyとAPI secret keyの入力

Revive Old Postsで画像を添付する簡単な方法(Revive Old Posts × Twitterカード by simplicity)

Revive Old Posts proでしか画像を添付することはできません、しかし、自分でTwitterカードを指定するコードを書くと画像を添付することができます。それほど難しくありません。しかも、Wordpressのテーマがsimplicityの方はもともとそのコードが組み込まれています。

当サイトは現在、Wordpressのテーマがsimplicityだったため、楽をさせてもらいました。毎回、ほしい機能がもともと入っているためsimplicityは本当にすごいですね。管理画面から簡単に指定できます。

外観 > カスタマイズ > SNS > 「Twitterカードタグを挿入」をチェック(デフォルトでチェックが入っています)。

simplicityのTwitterカードは小さいものと大きなものが選べます。画像は大きなイメージがよかったため、変更します。

外観 > カスタマイズ > SNS > Twitterカードタイプ > summary_large_image

Twitterカードのサイズ変更の反映には時間がかかるかも。

これだけでコードを書く必要はありません。今回はsimplicityのおかげでプログラムのコードを書きませんでしたね。
他のテーマをお使いの方でコードを書いていない場合は、コードを書いてください。Twitterカードでぐぐればすぐわかります。コピペでも一応いけるレベルです。

完成した投稿はこちらです。

スポンサーリンク

revive old postsの設定

General Settings

Minimum interval between shares
最小のインターバル(投稿する間隔)です。単位は時間です。

Minimum post age
デフォルトが30ですが30日間新規投稿記事が投稿されません。old postという名前ですが、個人的にはすぐツイートしてくれてかまわないため0にしています。

Maximum post age
どこぐらい古い記事まで投稿するかですね。0にすると無制限になります。個人的には0にしています。

Number of Posts
ツイートする数ですね。デフォルトの1のまま。1以外はうざいですかね。

Share more than once
一度だけ投稿するか否かですね。個人的にはチェックはいれたままでいいかなっと。

Post types
有料版のみです。無料版では投稿ページしか選べず、有料版は投稿ページ以外に固定ページやポートフォリオが選べます。ポートフォリオは一部のプラグインが導入したり、海外の有料テーマが採用しているものが多いです。

Taxonomies
有料版のみです。おなじみのタクソノミーの設定です。

Enable Google Analytics Tracking
Google Analyticsのトラフィックとの連携。デフォルトはチェックが入っています。個人的にはチェックはいれたまま。

Enable Instant Sharing option
記事の更新したときのオプションでしょうか。未検証ですがデフォルトはチェックが入っていますね。

Enable instant sharing by default.
新しい記事したときのオプションでしょうか。未検証ですがデフォルトはチェックが入っていませんね。

Enable Custom Share Messages
プロ版のみです。カスタムメッセージのオプションです。

Housekeeping
未検証ですがチェックが入っていませんね。

Post Format

Post Content
タイトルのみか、コンテンツか、タイトルとコンテンツか、カスタムフィールドか選べます、個人的にはタイトルのみにしています。

Maximum chars
文字数です。デフォルトは140文字で個人的にはそのままです。

Additional text
前後に好きなテキストを追加できます。Beginningが最初、Endが最後。

include link
投稿時にURLをつけるかですが、普通YESです

Custom field
カスタムフィールドの指定です。個人的には使っていません。

Use url shortener
短縮urlを使うか否かです。個人的には使っています。

URL Shortener Service
bit.ly、is.gd、wp.short.urlしか昔はありませんでしたが、rviv.ly、google.firebase、ow.lyなどが追加されているようです。rviv.lyは何もせずそのまま使えましたね。

Hashtags
ハッシュタグの設定です。個人的には使っていませんが使えるかもしれませんね。

Post with image
画像添付です。プロ版のみですが、Twitterカードで代用可能です。

Campaign Medium
プロ版のみです。

Campaign Name
プロ版のみです。

Custom Schedule

曜日固定などができます。ただし、プロ版しかいじれません。

Sharing Queue

並べ替えや編集なんかできるんですかね。ただし、プロ版しかいじれません。

Logs

ログです。エラーなどがでている場合、わかります。

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク