【使い方/設定】revive old postsと不動産 tweet old post

WordPress

画像つきwordpressのプラグインで過去ツイートする方法をまとめます。twitter apiの申請、取得、審査などの詳細も網羅しましたので、apiの取得のみに興味がある開発者さんもよかったらみていってください。

後日談:revive old postsから「不動産 Toot Old Post(Fudousan Tweet old post )」に乗り換えました。
WordPressのプラグインを使う以外に、twitter予約投稿ツール比較表にあるGoogleスプレッドシートからスケジュール投稿する方法もあります。

ブログ(wordpress)の過去記事を画像付きtwitterに投稿するプラグイン

過去記事を画像付きで投稿したいのなら「revive old posts」と「不動産 Toot Old Post」プラグインがあります。

Revie Old Posts -ソーシャルメディアの自動投稿とスケジューリングプラグイン
WordPressの投稿をTwitter、Facebook、LinkedInで自動的に共有します。 あなたのウェブサイトへより多くの訪問者を獲得し、あなたのコンテンツを生かしてください。
不動産プラグイン
不動産プラグインで不動産ホームページを作ってみませんか

proバージョンは各々有料になっています。不動産 Tweet Old Post Proもあるようですが、今は販売停止しているようですね。

ただ、不動産 Tweet Old Post Proは無料版でも画像つきにできる優れものです。

revive old postsと不動産 Toot Old Post(不動産 Tweet Old Post)の違い、画像添付など

どちらでも画像を添付することはできます。revive old postsと不動産 Toot Old Postの違いは見栄えにあります。

よくrevive old postsはpro版にしないと画像添付できないと紹介しているサイトがありますけど、その情報は古いです。pro版にしなくても画像を添付する方法はあります。そうです、Twitterカードですね。

不動産 Toot Old Postは画像の枚数を指定できます。さすが不動産用に作られた仕様という感じですね。ひとつのブログの記事に複数枚の画像があった場合、複数枚の画像を添付できます。もちろん、1枚も可能です。

会員登録が必要ですが、簡単にできます。

またrevive old postsは一部文字化けする場合(修正すれば大丈夫)がありますが、不動産 Toot Old Postは国産プラグインのため、心配ありません。

Revive Old Posts × Twitterカードのサンプル

revive old postsはtwitterカードという手法を使った場合、小さいカード型の画像と大きなカード型の画像など添付方法が選べます。

Revive Old Posts × Twitterカード(summary_large_image)のサンプル画像はこちらです。

Revive Old Posts × Twitterカード(summary)のサンプル画像はこちらです。

revive old postsと不動産 Toot Old Post(不動産 Tweet Old Post)のその他の違い

そのほかの特徴として以下のようになっています。

  • revive old postsはfacebookで拡散できます。
  • 不動産 Toot Old Postはwordpressのプラグインサイトには公開されていません。
  • 不動産 Toot Old Postは会員登録が必要です。アップデート履歴はしっかりとのっていて更新されているため安心感があります。
  • 不動産 Toot Old Postは管理画面から任意の記事がツイートできます。過去記事はランダムのため、早めにその記事を投稿したい場合は便利です。revive old postにはそのような機能はありません。
スポンサーリンク

revive old posts/Fudousan Tweet old post共通でapiの取得

こちらの記事にまとめなおしました。

スポンサーリンク

【後日談】twitterカードで画像が表示されない!?「revive old posts」から「不動産 Toot Old Post」に乗り換え【追記】

「不動産 Toot Old Post」に乗り換えた経緯

後日談の追記です。「revive old posts」のいくつかの不具合に気になり、「不動産 Toot Old Post」に乗り換えました。「不動産 Toot Old Post」は実は結構マメに更新されているプラグインなのですよね。

「revive old posts」のtwitterカードで画像が表示されない場合がありました。

ぐぐっていくつかの対応を試みましたが、完全に表示されないわけではなく、されない場合(確率)があるというのが、ちょっと厄介な気がしました。 その場合、ツイートはされるのですが、タイトルだけになり、ある種ごみツイートのようになってしまいます。。

他にも気になる点がいくつかあったため、思い切って「revive old posts」から「不動産 Toot Old Post」に乗り換えてしまいました。

不動産 Toot Old Post(Fudousan Tweet old post )の使い方

アプリは別アプリを作成しましたが、Twitter Developersのアカウントはそのまま使えるため、わりとすんなり乗り換えられました。「不動産 Toot Old Post」は日本語でわかりやすいので、使い方等で迷うことはない気がします。

まずapi keyを入れて[APIキーを保存]を押してください。

ひとつだけぐぐったのは、screen_nameに何をいれるか。答えはやっぱりかという感じで、twitterのアカウント名をいれればいいだけです。

タイトル+本文の方が画像リンクがいい感じになります。タイトルだけだとなぜか画像に飛んでしまう。。

短縮urlはshorturlで特に問題ない感じです。bitlyを使っている人はそれを使うのもありかもしれません。またkeyが必要になりますが…。

ハッシュタグの設定も何種類かありますしいい感じです。

スポンサーリンク

revive old postsの使い方・設定

revive old postsの設定を簡単にめもしておきます。

General Settings/Post Format

この設定は設定しなおす際に書き換えました。最新版はnoteで公開しています。

Twitterの自動投稿(アプリ/スプレッドシート/WordPress)|neru|note
Googleスプレッドシート、WordPress、アプリの各々でTwitterの自動投稿する方法をまとめていきます。 3つとも利用したことがありますが、現在、メインに採用しているのがスプレッドシートの方式です。 Twitterの自動投稿(WordPress) スプレッドシートがメインですがRevive Old ...

Custom Schedule

曜日固定などができます。ただし、プロ版しかいじれません。

Sharing Queue

並べ替えや編集なんかできるんですかね。ただし、プロ版しかいじれません。

Logs

ログです。エラーなどがでている場合、わかります。

スポンサーリンク

Buffer – HYPESocial

いろいろなSNSに対応しているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました