【使い方】revive old postsと不動産 tweet old post【twitter api申請/取得】

Wordpress

画像つきwordpressのプラグインで過去ツイートする方法をまとめます。twitter apiの申請、取得、審査などの詳細も網羅しましたので、apiの取得のみに興味がある開発者さんもよかったらみていってください。

後日談:revive old postsから「不動産 Toot Old Post(Fudousan Tweet old post )」に乗り換えました。
WordPressのプラグインを使う以外に、twitter予約投稿ツール比較表にあるGoogleスプレッドシートからスケジュール投稿する方法もあります。

目次

ブログ(wordpress)の過去記事を画像付きtwitterに投稿するプラグイン

過去記事を画像付きで投稿したいのなら「revive old posts」と「不動産 Toot Old Post」プラグインがあります。

Revive Old Posts – Auto Post to Social Media
Automatically share your WordPress posts on Twitter, Facebook, LinkedIn. Get more visitors to your website and keep your content alive.
不動産 Toot Old Postプラグイン
Twitterでは過去の記事を自動ツイートできる「不動産 Tweet Old Postプラグイン」がありますが、Mastodon(マストドン)でも 過去の記事を自動でトゥートできる 「不動産 Toot Old Postプラグイン」(無料)をリリースしました。※不動産プラグイン用に作りましたが不動産プラグインが無くても投...

proバージョンは各々有料になっています。不動産 Tweet Old Post Proもあるようですが、今は販売停止しているようですね。

ただ、不動産 Tweet Old Post Proは無料版でも画像つきにできる優れものです。

revive old postsと不動産 Toot Old Post(不動産 Tweet Old Post)の違い、画像添付など

どちらでも画像を添付することはできます。revive old postsと不動産 Toot Old Postの違いは見栄えにあります。

よくrevive old postsはpro版にしないと画像添付できないと紹介しているサイトがありますけど、その情報は古いです。pro版にしなくても画像を添付する方法はあります。そうです、Twitterカードですね。

不動産 Toot Old Postは画像の枚数を指定できます。さすが不動産用に作られた仕様という感じですね。ひとつのブログの記事に複数枚の画像があった場合、複数枚の画像を添付できます。もちろん、1枚も可能です。

会員登録が必要ですが、簡単にできます。

またrevive old postsは一部文字化けする場合(修正すれば大丈夫)がありますが、不動産 Toot Old Postは国産プラグインのため、心配ありません。

Revive Old Posts × Twitterカードのサンプル

revive old postsはtwitterカードという手法を使った場合、小さいカード型の画像と大きなカード型の画像など添付方法が選べます。

Revive Old Posts × Twitterカード(summary_large_image)のサンプル画像はこちらです。

Revive Old Posts × Twitterカード(summary)のサンプル画像はこちらです。

revive old postsと不動産 Toot Old Post(不動産 Tweet Old Post)のその他の違い

そのほかの特徴として以下のようになっています。

  • revive old postsはfacebookで拡散できます。
  • 不動産 Toot Old Postはwordpressのプラグインサイトには公開されていません。
  • 不動産 Toot Old Postは会員登録が必要です。アップデート履歴はしっかりとのっていて更新されているため安心感があります。
  • 不動産 Toot Old Postは管理画面から任意の記事がツイートできます。過去記事はランダムのため、早めにその記事を投稿したい場合は便利です。revive old postにはそのような機能はありません。
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

Twitter Developersの申請、apiの取得(revive old posts/Fudousan Tweet old post共通)

開発者登録が必須になって、Twittter社もアプリ管理が昔と違って厳しめになりましたね。revive old postsだけではなく類似アプリの不動産 Toot Old Post proも同じようにapiの取得は必要っぽいですね。

APIの取得までの流れを書いていきます。

まずはTwitter Developersにアクセス。

Twitter Developers

ログインします。なお、Twitter DevelopersのアカウントはTwitterのアカウントごとに管理した方がよさそうです。

なおこの手の仕様はちょくちょく変更されるので、該当項目がなかったら仕様変更があったと思って対応ください。2度書き直しています。

Create an app > Apply

Hobbyist
Making a bot ←これ選択
Building tools for Twitter users
Exploring the API

webサイトをツイートしたいだけなので、Making a botが1番近いでしょうか。

Making a bot > Next

Add a valid phone numberを押すとポップアップが開きます。電話番号認証が必須になったようです。個人情報なしで登録する方法も探したのですが、ダメのようですね。。

Country/region
Japan
Phone number
電話番号を入力します。

nextでスマホに認証コードが届きます。

Verification code
認証コードをいれてVerify

What country do you live in?

Japan

Jのショートカットは効きます。

What would you like us to call you

あんたを何て呼んでほしいの? なので、アカウント名にしておきます。

twitterのアカウント名を入力。@はいらない。

Want updates about the Twitter API?

Send me product updates & occasional promotional emails about the Twitter API.

お好みで。個人的にメールは送ってほしくないので、チェックはしませんでした。 Twitter社はスパムメールはおくらんよ。とは言ってくれています。

Nextを押します。

twitter api 申請の例文

次に説明文をいれます。簡単に説明したら200文字以下はエラーがでます。もっと長く英文を書けと。。
Must be 200 characters or longer

以前申請していた英文だと文字数が足りませんので、適当に文章を水増ししました。ちなみに、この英文で審査通りました。

In your words

This app is for internal use not public use. A wordpress plugin which shares content from my website to my Twitter account. Only sharing contents like title, url, image. A plugin cannot use Retweet, like, follow, Direct Message.

以下はすべてnoで。noじゃない場合は個別で説明が必要です。

  • Are you planning to analyze Twitter data?(データ解析のこと)
  • Will your app use Tweet, Retweet, like, follow, or Direct Message functionality?(リツイートやダイレクトメッセージのこと)
  • Do you plan to display Tweets or aggregate data about Twitter content outside of Twitter?(Twitter外で集計するか)
  • Will your product, service or analysis make Twitter content or derived information available to a government entity?(政府機関のこと)

Will your app use Tweet, Retweet, like, follow, or Direct Message functionality?だけはYesにした方がよさそうですね。

Only Tweet contents like title, url, image. A plugin cannot use Retweet, like, follow, Direct Message.

ほぼ前の文章の使い回しで。それしか説明することなかったので。。

Nextを押すと確認画面が表示。Looks good!で次へ。

By clicking on the box, You indicate that you have read and agree to this Developer Agreement and the Twitter Developer Policy, additionally as its relates to your display of any of the Content, the Display Requirements; as it relates to your use and display of the Twitter Marks, the Twitter Brand Assets and Guidelines; and as it relates to taking automated actions on your account, the Automation Rules. These documents are available in hardcopy upon request to Twitter.

をチェック、Submit Applicationで完了。

メールが届くので、Confirm your email

apiの登録画面が古いですが、Revive Old Postのサイトに案内がのっていましたので、参考にさせてもらいました。

3- In the text area where you’re asked to explain more about your app enter the following text:などの項目です。

参考 How to create a Twitter Application for Revive Old Post – ReviveSocial Docs

ありがとうございました。

twitter api 審査の期間

その後、審査メールが届きます。なおこの審査メールすぐ届く場合と届かない場合があります。届かない場合は、半日ほどかかりました。。

ご利用ありがとうございます。

お客様のTwitter開発者アカウントの申請を受理しましたので、審査を開始いたします。

追加のお知らせをお送りする場合がありますので、このメールアドレスおよび迷惑メールフォルダをご確認いただきますようにお願いいたします。この申請手続きのためTwitterのAPI利用開始までにお時間を頂戴しますが、いただいた情報を使用して開発者の皆様に最適なサポートを提供するとともに弊社のプラットフォームを保護し公開の場での会話の健全性を向上してまいりますので、ご理解いただきますようにお願い申し上げます。

利用規約および開発者規約の詳細、ドキュメント、またはコミュニティフォーラムもご参照ください。

必要な情報をすべてご提供いただいている場合は、審査終了後にメールをお送りいたします。Twitterでの開発に関心をお寄せいただきありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

Twitter

審査があるようです。。審査のメールだけなぜか日本語メールです。

審査時間は前後しそうですが、個人的に半日ほど(2回目は全部含めて18時間ほど)で通過しました。

その後、今度は英文で審査通過のお知らせがきました。ごちゃまぜですね^^;

スポンサーリンク

【アプリ作成】API keyとAPI secret keyの取得(revive old posts/不動産 Toot Old Post共通)

ここまでくると、ようやくアプリの作成ができます。

なお審査が通過していないとCreate an appのボタンが押せません。

twitterのアカウント名 > Apps > Create an app

App name (required)
(例)shares (my website) posts アプリ名は個人的には下記のとおりです。 shares ebookbrain posts

Application description (required)
(例)shares my website old posts to Twitter

Website URL (required)
(例)https://ebookbrain.net

Allow this application to be used to sign in with Twitterはチェックをいれません。

Callback URL

https://mywebsite.com/wp-admin/admin.php

mywebsiteは自分のWebサイトのドメインに置き換えてください。Wordpressを例外的なパスでインストールしているとパスが違うかもしれません。

なお、不動産 Toot Old Postでそのままコールバックurlを指定すると、Query parameters are not allowedのエラーがでます。アドレスの「?」以降を削除すると通ります。

Terms of Service URL
必須ではありません。アプリの利用規約のページがあるならURLを入力します。

Privacy policy
必須ではありません。アプリのプライバシーポリシーがあるならURLを入力します。

Organization name
必須ではありません。事業者名ですかね。

Organization website URL
必須ではありません。事業者名のurlですかね。

App usage

This app is for internal use not public use. It allows my website to share posts to my Twitter account so my followers can engage with.

revive old postsのページから拝借。

参考 How to create a Twitter Application for Revive Old Post – ReviveSocial Docs

Create > Create(確認)

確認画面では自動化に関する注意事項も表示されますので、よく覚えておきましょう。

Automation rules
Rules and information for developers about applying automations on Twitter.

createを2回押します。

Keys and tokensのタブをクリックします。必要な場合、Access token & access token secretはまだ生成されてないので「Create」ボタンを押します。

ここまでくると、ようやくapi keyが取得できます。

次にRevive Old Postsの管理画面をみます。

Accounts > Add Account > API keyとAPI secret keyの入力

不動産 Toot Old Postの場合はF-TweetOldPostをクリックすると、api入力画面がでます。

現在は追記したように不動産 Toot Old Postを使っています。

【後日談】twitterカードで画像が表示されない!?「revive old posts」から「不動産 Toot Old Post」に乗り換え【追記】

revive old postsのエラー:Connection error: {“errors”:[{“code”:185,”message”:”User is over daily status update limit.”}]}

revive old postsのログをみると、エラーがでていました。

Connection error: {"errors":[{"code":185,"message":"User is over daily status update limit."}]}

時々成功するのですが、投稿がうまくいっていない場合が多いようです。

「不動産 Toot Old Post」に乗り換えた経緯

後日談の追記です。「revive old posts」のいくつかの不具合に気になり、「不動産 Toot Old Post」に乗り換えました。「不動産 Toot Old Post」は実は結構マメに更新されているプラグインなのですよね。

「revive old posts」のtwitterカードで画像が表示されない場合がありました。

ぐぐっていくつかの対応を試みましたが、完全に表示されないわけではなく、されない場合(確率)があるというのが、ちょっと厄介な気がしました。 その場合、ツイートはされるのですが、タイトルだけになり、ある種ごみツイートのようになってしまいます。。

他にも気になる点がいくつかあったため、思い切って「revive old posts」から「不動産 Toot Old Post」に乗り換えてしまいました。

不動産 Toot Old Post(Fudousan Tweet old post )の使い方

アプリは別アプリを作成しましたが、Twitter Developersのアカウントはそのまま使えるため、わりとすんなり乗り換えられました。「不動産 Toot Old Post」は日本語でわかりやすいので、使い方等で迷うことはない気がします。

まずapi keyを入れて[APIキーを保存]を押してください。

ひとつだけぐぐったのは、screen_nameに何をいれるか。答えはやっぱりかという感じで、twitterのアカウント名をいれればいいだけです。

タイトル+本文の方が画像リンクがいい感じになります。タイトルだけだとなぜか画像に飛んでしまう。。

短縮urlはshorturlで特に問題ない感じです。bitlyを使っている人はそれを使うのもありかもしれません。またkeyが必要になりますが…。

ハッシュタグの設定も何種類かありますしいい感じです。

スポンサーリンク

revive old postsの使い方・設定

revive old postsの設定を簡単にめもしておきます。

General Settings

Minimum interval between shares
最小のインターバル(投稿する間隔)です。単位は時間です。

Minimum post age
デフォルトが30ですが30日間新規投稿記事が投稿されません。old postという名前ですが、個人的にはすぐツイートしてくれてかまわないため0にしています。

Maximum post age
どこぐらい古い記事まで投稿するかですね。0にすると無制限になります。個人的には0にしています。

Number of Posts
ツイートする数ですね。デフォルトの1のまま。1以外はうざいですかね。

Share more than once
一度だけ投稿するか否かですね。個人的にはチェックはいれたままでいいかなっと。

Post types
有料版のみです。無料版では投稿ページしか選べず、有料版は投稿ページ以外に固定ページやポートフォリオが選べます。ポートフォリオは一部のプラグインが導入したり、海外の有料テーマが採用しているものが多いです。

Taxonomies
有料版のみです。おなじみのタクソノミーの設定です。

Enable Google Analytics Tracking
Google Analyticsのトラフィックとの連携。デフォルトはチェックが入っています。個人的にはチェックはいれたまま。

Enable Instant Sharing option
記事の更新したときのオプションでしょうか。未検証ですがデフォルトはチェックが入っていますね。

Enable instant sharing by default.
新しい記事したときのオプションでしょうか。未検証ですがデフォルトはチェックが入っていませんね。

Enable Custom Share Messages
プロ版のみです。カスタムメッセージのオプションです。

Housekeeping
未検証ですがチェックが入っていませんね。

Post Format

Post Content
タイトルのみか、コンテンツか、タイトルとコンテンツか、カスタムフィールドか選べます、個人的にはタイトルのみにしています。

Maximum chars
文字数です。デフォルトは140文字で個人的にはそのままです。

Additional text
前後に好きなテキストを追加できます。Beginningが最初、Endが最後。

include link
投稿時にURLをつけるかですが、普通YESです

Custom field
カスタムフィールドの指定です。個人的には使っていません。

Use url shortener
短縮urlを使うか否かです。個人的には使っています。

URL Shortener Service
bit.ly、is.gd、wp.short.urlしか昔はありませんでしたが、rviv.ly、google.firebase、ow.lyなどが追加されているようです。rviv.lyは何もせずそのまま使えましたね。

Hashtags
ハッシュタグの設定です。個人的には使っていませんが使えるかもしれませんね。

Post with image
画像添付です。プロ版のみですが、Twitterカードで代用可能です。

Campaign Medium
プロ版のみです。

Campaign Name
プロ版のみです。

Custom Schedule

曜日固定などができます。ただし、プロ版しかいじれません。

Sharing Queue

並べ替えや編集なんかできるんですかね。ただし、プロ版しかいじれません。

Logs

ログです。エラーなどがでている場合、わかります。

twitterカードに対応したwordpressのテーマと対応していないテーマ

Revive Old Postsの場合、pro版にしないと画像添付できませんからTwitterカードの設定が必要です。Twitterカードを導入すると無料でも画像添付できます。

simplicityとCocoon(コクーン)はtwittterカードに対応しています。

twitterカードに対応していないテーマは自分でプログラミングのコードを書くか、プラグインを使うかする必要があります。

simplicityのTwitterカードの設定、Revive Old Postsで画像を添付する簡単な方法)

Revive Old Posts proでしか画像を添付することはできません、しかし、自分でTwitterカードを指定するコードを書くと画像を添付することができます。それほど難しくありません。しかも、Wordpressのテーマがsimplicityの方はもともとそのコードが組み込まれています。

当サイトは現在、Wordpressのテーマがsimplicityだったため、楽をさせてもらいました。毎回、ほしい機能がもともと入っているためsimplicityは本当にすごいですね。管理画面から簡単に指定できます。

外観 > カスタマイズ > SNS > 「Twitterカードタグを挿入」をチェック(デフォルトでチェックが入っています)。

simplicityのTwitterカードは小さいものと大きなものが選べます。画像は大きなイメージがよかったため、変更します。

外観 > カスタマイズ > SNS > Twitterカードタイプ > summary_large_image

Twitterカードのサイズ変更の反映には時間がかかるかも。

これだけでコードを書く必要はありません。今回はsimplicityのおかげでプログラムのコードを書きませんでしたね。
他のテーマをお使いの方でコードを書いていない場合は、コードを書いてください。Twitterカードでぐぐればすぐわかります。コピペでも一応いけるレベルです。

完成した投稿はこちらです。

Cocoon(コクーン)のTwitterカードの設定、Revive Old Postsで画像を添付する簡単な方法

(追記)wordpressのテーマをCocoonに乗り換えました。

大きな画像に変える場合は下記の通りです。

Cocoon 設定 > Cocoon 設定> OGP > Twitterカードタイプ > 大きな画像のサマリー(summary_large_image)

twitterカード非対応テーマはwordpressのプラグインなどで対応(Twitterのシェアボタンで画像つきでシェアしたい)

「不動産 Toot Old Post」を利用する場合、この設定はいりません。

ただし、Twitterのシェアボタンで画像つきでシェアしたい場合はこの設定がいります(Cocoonはこの設定がテーマに組み込まれています)。

Cocoonを利用していないサイトも運営しているため、今回、その対応方法を追記しています。

twitterカードをコードで実装する方法はいろいろと紹介されています。

しかし、twitterなどのsns系は仕様変更があると嫌だな。と思って今回はプラグインに丸投げすることにしました。

「Twitter Cards Meta」と「JM Twitter Cards」の比較

有名なプラグインに「Twitter Cards Meta」と「JM Twitter Cards」があります。他にも「all in seo pack」などには設定があるようです(個人的には利用していませんのでわかりません)

Twitter Cards Meta – Ultimate Twitter Card Plugin for WordPress
The Best Twitter Card Plugin in WordPress. Supports Summary Card with Large Image. Easy & Automated Solution with Preview!
JM Twitter Cards
WordPress を Twitter cardsと簡単に連携。すべてのカードタイプを提供。

「Twitter Cards Meta」の方が昔からあるプラグインです。しかし、ダウンロード数は「JM Twitter Cards」の方が多い。

実際に両方ともインストールしてみてその理由がわかりました。似たプラグインですが、決定的な違いがありました。「Twitter Cards Meta」はプレミアムオプションに入らないと大きな画像を指定できません。「JM Twitter Cards」は無料でできます。

そのため「JM Twitter Cards」の方がおすすめかも。このプラグインを使うとシェアボタンをツイートしたとき、画像つきになります。

「JM Twitter Cards」の使い方

プラグインを有効化して設定画面に移動するとチュートリアルの動画があります。

大変わかりやすい動画なので、その動画を見るのが手っ取り早いです。個人的にはOpenGraphをyesにして対応しました。

yesにすればうまくいく人が多いかも。技術的に詳しく知りたい人は調べてみるといいかも。

twitterカードのテスト

公式サイトがテストツールを提供しています。

Card Validator | Twitter Developers

twitterカードの失敗ログ(ERROR: No card found (Card error))

失敗すると以下のログがでます。

INFO: Page fetched successfully
INFO: 6 metatags were found
ERROR: No card found (Card error)

ちょっとおかしくなっていたとき、wordpressのアップデートで改善したこともありました。が、基本はOGPの設定がおかしいと考えるべきでしょう。

twitterカードの成功ログ

成功すると以下のログがでます。

INFO: Page fetched successfully
INFO: 14 metatags were found
INFO: twitter:card = summary_large_image tag found
INFO: Card loaded successfully

参考になりましたらシェアしてくれると嬉しいです。

人気記事  【比較表あり】安いオンラインプログラミングスクールはおすすめ?【無料あり】
  1. プログラミングスクールは格安に!cssやphpも楽勝に!
  2. 電子書籍並みの価格で買える格安のプログラム動画学習サイトも一緒に紹介!初心者から上級者向け英語コンテンツまであり。ソースコードは言語関係なしに世界共通!
スポンサーリンク
Wordpress
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました