スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い

メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較していきます。おそらくみんなが1番よく契約する500円〜1000円プランで比較してみます。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較表

*(重要)2017年12月5日よりミックスホスト(mixhost)のエコノミープランが廃止されました。500円で快適に使いたいのならスターサーバー一択かもしれません。

スターサーバー(StarServer)スタンダード ミックスホスト(mixhost)エコノミー ミックスホスト(mixhost)スタンダード エックスサーバー(xserver)スタンダード
100GB ssd10gb ssd20gb→30gb→60GB 200GB
mysql20個 mysql無制限 mysql無制限 mysql50個
転送量300GB/月 日にすると10gbあたりですかね 転送量30GB/日 転送量60GB/日→2TB/月 転送量70GB/日
CPU仮想2コア → 3コア CPU仮想1コア CPU仮想2コア→3コア
メモリ96gb メモリ512MB メモリ1GB→2GB メモリ192gb
約500円 廃止 約1000円 約1000円

*xserverスタンダードはx10のことです。

詳しくは公式サイトをみてください。

ミックスホスト(mixhost)

スターサーバー(StarServer)

エックスサーバー(xserver)

ひとつひとつ項目をみて違いを明確にしていきましょう。レンタルサーバーを決めるにあたりどこを重視するのかが大事になってくるでしょう。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

hddとssdの比較

hddよりもmixhostのssdの方が基本的に早いですけど容量が少なめです。ただ、Wordpressの運営程度であれば容量が問題になることはあまりないです。パソコンのssdに乗り換えた感覚と同じようなものと考えてもそんなに差し支えはない気がします。個人的にもmacbookをssdにしたとき感動しました。

mixhostはssd20gb→30gbに増強しています。xserverはssd化を進めているため、そのうちssdになるといってもいいでしょう。

スポンサーリンク

mysqlの比較

mysqlの数は極端に少ないところがないので、気にしなくてもOKでしょう。1つのサイトに1つのmysqlが基本なので、20サイト以上運営する人はStarServerはやめた方がいいかもしれません。

転送量の比較

素人さんは知らない人が多いのですけど、、意外に大事なのは転送量ですよね。StarServerは月なので間違えないでください。xserverが強いです。ただ、1日2000-3000アクセスぐらいではStarServerの最低プランでも転送量は余裕です。mixhostのエコノミーでも50万PV/月ぐらいまでたえられるらしいですね。

スポンサーリンク

CPU(コア数)の比較

mixhostエコノミーとmixhostスタンダードはコア数が違います。コアとはCPUの頭脳がいくつあるのかみたいなものです。コア数は処理速度に正比例しませんが(スタンダートにしても2倍にはならないということ)、高性能になることは間違いないです。

ちなみに、mixhostはあとからプランは変更できるため、あまり悩まなくてもいいでしょう。サイトを高速で運用したいならエコノミーよりスタンダードの方ががいいですけど、とりあえずエコノミーでもいいということです。

mixhostはプランごとにcpuのコア数がひとつ増え、またメモリも倍増していくという特徴があります。xserverにもない特徴でxserverはプランを変更しても転送量とディスク容量があがるだけです。

メモリの比較

StarServerのメモリは公式サイトには大容量メモリとしか書いていませんでしたが、管理画面のサーバーの基本情報に96gbと書いてありましたね。
mixhostのssdと他のhddのメモリは数字だけで比較しても意味がないでしょう。気にしなくてもokです。

xserverは時期により契約時期によりメモリが違うようで、詳細は下記のようになっているようです。

  • 192GB(sv2114~現在募集中のサーバー)
  • 96GB(sv1111~sv2113のサーバー)
  • 24GB(sv801~sv1110のサーバー)
  • 16GB(sv800以前のサーバー)

出典:https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_spec.php

速度重視ランニング

mixhostは体感的にも1、2秒変わるかもしれません。mixhostはssdの高速化に加え、日本初のLiteSpeedというサーバーソフトを利用したサーバーとなっています。LiteSpeed Cacheの高速化プラグインが使えます。LiteSpeedはベンチマークにおいて圧倒的に高速です。また日本初のHTTP/2です。

ランキングにすると次のような感じでしょう。

  • 1、ミックスホストスタンダード
  • 2、ミックスホストエコノミー
  • 3、エックスサーバー
  • 3、スターサーバー

詳しくは公式サイトをみてください。

ミックスホスト(mixhost)

スターサーバー(StarServer)

エックスサーバー(xserver)

HTTP/2の描画参考サイトです。

Encrypted websites protect our privacy and are significantly faster. Run this test and prepare to be amazed. #HttpsEverywhere

エックスサーバーもssdは利用できますが、他の部分でまだmixhostの方が優勢かもしれません。

料金重視ランニングと比較

スターサーバーとミックスホストは同じ500円ですけど、スタードメインでドメイン管理している場合、ネットオウルポイントが使えてもっと安くなります。

なのでランキングにすると次のような感じでしょう。

  • 1、スターサーバー
  • 2、ミックスホストエコノミー
  • 3、エックスサーバー
  • 4、ミックスホストスタンダード

詳しくは公式サイトをみてください。

ミックスホスト(mixhost)

スターサーバー(StarServer)

エックスサーバー(xserver)

ミックスホスト(mixhost)スタンダードとエックスサーバー(xserver)スタンダードのどちらがいいのかを比較すると、エックスサーバー(xserver)スタンダードの方が、長期契約すると縛りが長いとはいえ気持ち安いです。

mixhostを運営するアズポケットは大丈夫?

mixhostは2017年2月ごろに障害がでていますね。謝罪として3ヶ月間無料にしたり状況は逐一ユーザーに報告されたり誠実に運営されています。

mixhostを運営するのは2016年設立のアズポケット株式会社です。わりと出来たばっかの会社なのですよね。

個人的には実績よりも現状を重視したいため、若い会社か否かはあまり気にしない方です。ただ、そのあたりが気になる人は長い実績があるxserverでもいいかもしれません。xserverもパワーアップしているので機能的にはmixhostに追いついてくるような気がします。

あとミックスホストは大人向けがOKなので、それをプラスとみるかマイナスと見るかですね。大人向けのサイトと同じ共有サーバーになってseoなどでいいのか、ということですかね。いやならエックスサーバーがいいかもしれません。

知らない人もいるかもしれませんが、エックスサーバーは出会い系もngです。

ミックスホスト(mixhost)

エックスサーバー(xserver)

大型サイトか小型サイトか

ミックスホストはssd10gbなので、それを超過しそうなサイトなら、エックスサーバーやスターサーバーの方がいいかもしれません。小型のサイトならミックスホストの方も速度も早いしいいでしょう。

詳しくは公式サイトをみてください。

ミックスホスト(mixhost)

スターサーバー(StarServer)

エックスサーバー(xserver)

エックスサーバーのssd対応、スターサーバーは?

エックスサーバーのssd対応はすでに発表されていますね。古いサーバーも2017年秋より順次対応するようです。

レンタルサーバー【エックスサーバー】からのお知らせ | 2017/07/11 ディスク読み込み速度が48倍以上!新規受付サーバーへのオールSSD RAID10構成採用のお知らせ

スターサーバーが見当たりませんでした。。考えていないことないでしょうけど、今発表されていないところをみると、まだ先になるでしょうね。

データセンター比較

人為的なミスでけではなく、地震国の日本ではデータセンターがどこにあるのか気になる人もいるでしょう。

mixhostのデータセンターは2000km離れたところにバックアップを取っているらしいですね。2000kmというとアジア圏内のどこかですかね。

mixhostのヘルプが変わっていたようです。。

東京都内の自家発電設備、空調/防火設備を備えた大手データセンターに設置されています。

出典:https://help.mixhost.jp/hc/ja/articles/115003817911-%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%81%AE%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-

エックスサーバーは次のようにヘルプに次のように書かれていました。

サーバーは電源システムや空調/防火システムを備えた、国内大手のデータセンターで365日24時間監視下に置かれています。

xserverは国内です。さくらインターネットのデータセンターを使っているという噂も。

スターサーバーもさくらインターネットの大阪にあるデータセンターっぽい噂も。

さくらインターネットのデータセンターは北海道、大阪、東京です。

ソース:https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206229101-%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-IDC-%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-

現在、どこも国内のためデータセンターに違いはありません。

mixhostのリージョン

mixihostはリージョンが日本とアメリカにあります。リージョンとはサーバーの設置場所で高速に運用したいのなら日本でokです。

SSL(HTTPS化)比較

mixhostは何もする必要がなくデフォルトでHTTPS化されます。

xserverは管理画面から指定します。

StarServerは無料独自SSLとオプション独自SSLがあり、オプション独自SSLは有料なのでxserverと同様無料独自SSLをすればOKでしょう。こちらも管理画面から指定すればいいだけです。

あまり手間がかかるものでもないので、どこでも違いがないレベルでしょう。

サポート比較

サポートはどこも対応してくれるので大丈夫だと思います。

エックスサーバーは電話サポートがついていますが、技術的な質問をすると、それメールにして、と言われるのでそこはあまり意味がありません。。最近は最初からメールで問い合わせます。

ネットオウルの中の人はかなり小難しい質問をしてもちゃんと返してくれましたね。

ミックスホストもサポートは早く詳しいです。

結論

どっちがいいの?どれがいいの?などはだいぶ明確になりましたでしょうか。基本的に全部借りていいレンタルサーバーだと思います。あとは各々がどこを重視するかではないかと。

全部借りるなら、xserverがssdになると考えると、xserverをスタンダード、mixhostをエコノミーで様子見、スターサーバーもスタンダートでいいんじゃないかなという気がします。

料金を気にせず一つ借りるならxserverかmixhost、安価ですませるならmixhostでいいかもしれません。

ミックスホスト(mixhost)

スターサーバー(StarServer)

エックスサーバー

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク