【評判は?】スターサーバー(StarServer)WordPress利用体験談【サブドメイン】

Wordpress

スターサーバー(StarServer)を利用しています。ミニバードやファイアバード時代からの愛用者なので、長年利用している人にしかわからない口コミ/評判を暴露していきますね。

スターサーバー(StarServer)のメリットよデメリット

スターサーバーのメリットを網羅していきます。

  • スタードメインを利用していると、ネットオウルポイントがたまり、スターサーバーの支払いに割り当てることができます。
  • ネットオウルポイントの有効期限はなかったはずです。設定さえしておけば自動的に使われる仕組みです。
  • ポイントを利用するとxsercerやmixhostよりも料金が安いです。安く利用したいならおすすめです。
  • ポイントを買う形なので個人事業主や自営業、法人の場合は経費の調整をしやすいです。
  • wordpressやmtは簡単インストールできます。
  • ssl化の対応はできます。
  • メール対応のみですがサポートは丁寧です。(個人的にはエックスサーバーより好印象です。)

ネットオウルから迷惑メールなどは飛んできません。

個人的に評価は高く、価格も格安なのでおすすめです。比較表はこちらをみてください。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い
メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較していきます。おそらくみんなが1番よく契約する500円〜1000円プランで比較してみます。 ...

スターサーバーのデメリットも正直に書いていきます。

  • ftps接続するとき、ドメインごとに設定する必要があるのが面倒。エックスサーバーの方がお手軽です。
  • ただのftp接続であれば、一括でやる方法はあります。
  • 今のところ下位プランに変更できません(エックスサーバーやミックスホストはできます。)
  • ssd対応が遅れています。(ミックスホストはssdですし、エックスサーバーも順次対応していっています。ssdの方が高速です。)
  • ライトプランはmysqlがひとつなので、最低でもスタンダードプランがおすすめ。wordpress1つに対して1つのmysqlを使うのが一般的です。
スポンサーリンク

スターサーバーとエックスサーバー/ミックスホストの比較

スターサーバーを利用する際、Xサーバーとミックスホストもあわせて検討する人が多い気がします。比較はこちらをご覧ください。すでにエックスサーバーとミックスホストを借りているなら3番目のレンタルサーバーとしておすすめです。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い
メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較していきます。おそらくみんなが1番よく契約する500円〜1000円プランで比較してみます。 ...

おまけ:ミニバード・ファイアバード時代からスターサーバーに。違いは何か?

旧ミニバードがライトプラン、旧ファイアバードがスタンダードプランです。旧クローバーがプレミアムです。

ミニバードはmysqlが5個だったので使えたのですが、ライトプランでは1個になってしまいました。旧ユーザーは5個のままでいけますが、スタンダードプラン以上を使うことを促された形になりましたね。

まあ、ちゃんと運営するなら適当にアドセンスを貼っておけばレンタルサーバー代はでますから、あまり気にする必要はないです。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い
メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較していきます。おそらくみんなが1番よく契約する500円〜1000円プランで比較してみます。 ...
スポンサーリンク

スターサーバー(StarServer)のサブドメイン利用

スターサーバーはサブドメインでも運用したことがあります。

設定の手順は次の順番です。

  • 独自ドメインを指定する。
  • サブドメインを指定する。
  • DNS指定。

メインドメインが他サーバーであっても同じやり方です。

  • awsやfirebaseでメインサイト運営。vueのspaアプリ。xxx.com
  • スターサーバーのサブドメインでサポートサイト運営。 wordpress support.xxx.com

spaアプリはgoogleの検索が弱くSSR化はコストが高いので、上記の運営をとったことがあります。Wordpressはブログを運営していることもあり慣れていたこともありまして。ドメインはスタードメインでとるとよいでしょう。

【評判は?】スタードメインの更新料は2年目も安い!【ネットオウルポイントでさらに】
スタードメインは2011年頃からずっと愛用しています。 【評判は?】スタードメインの更新料は2年目も安い! スタードメインの取得方法 公式サイトでドメイン名を入れて検索する 取得する ログインする(初めての場合は会...

エックスサーバーでも同じような感じにできます。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN

このエラーはDNSの設定がされていない、あるいは間違っていることがまず疑うべきことです。

サブドメインのSSL化

セキュリティ対策としてhttpsのアドレスにする必要があります。

SSL設定 > ドメインを[選択] > 無料独自SSL追加 > サイト[ドメイン名](サブドメインも選べます) > 独自SSL設定を追加する(確定)

[CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する]は任意項目です。有料SSLならともかく、個人の場合チェックをいれなくてもよいでしょう。住所などが指定できるようです。

※独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

くわえて、WordPressの場合はWordPressのインストール後、次の作業が必要です。

WordPress管理画面(ダッシュボード)にログインし、「設定」>「一般」にある「WordPress アドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」の設定内容を、https通信時のURL(https://~)に変更してください。

MySQL追加

この作業はサブドメインか否かは関係ありません。

MySQL追加 をしないで簡単インストールすると、自動に名前が割り当てられるはずです。わかりやすい名前をつけたい人は次の作業が必要ですが、任意の名前でいい人はいりません。個人的にはわかりやすい名前をつけたいため、いつもこの作業はしています。

データベース設定 > MySQL追加 >

データベース名 wpebookbrain(wpとかサイトごとに管理するならサイト名とか)
文字コード UTF-8

確認画面 > 確定する

ユーザー名がないので

MySQLユーザ設定 >

ebook(userとかつける人が多い)
パスワード(-ハイフンは弾かれる模様)

データベースユーザ名は合計16字以内です。

確認画面 > 確定する > 作ったユーザーを[権限追加]

この権限はSQLのバージョンがあっている必要があります。昔作ったものはもしかしたら追加できないかもしれません。

MySQL一覧の下の方から、MySQLユーザパスワードが変えられます(少々わかりにくい)

サブドメインでWordPressの簡単インストール

簡単インストール > ドメインを [選択 ] > 追加インストール > wordoress[インストール設定]

  • 作成済みのデータベースを利用する(MySOLをつくった場合)
  • インストール先
  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード(-ハイフンは弾かれる模様)
  • メールアドレス

インストール先が少し迷うポイントかもで、

サブドメインにインストールするときはサブドメインを選ぶ。[サブドメイン]という項目があるのであらかじめ作成が必要。この[サブドメイン]という項目を使うにはあらかじめ[独自ドメイン]の指定が必要。

確認画面 > 確定する

パスはblogなどをつけてもいいが、普通つけないです。アドレスが変わると面倒なため。

スポンサーリンク

スターサーバー(StarServer)の口コミ・評判(旧記事)

(古い項目)旧ファイアバードと旧ミニバードの比較

昔書いた記事ですが、旧仕様を一応残しておきます。

速度に違いはありません。 同じ運営ですから。

違いはMy Sqlの数がミニバードは5、ファイアバードは10です。

(古い項目)旧ファイアバードと旧クローバーの比較

昔書いた記事ですが、旧仕様を一応残しておきます。

すでにファイアバードをレンタルしている人がクローバーを借りるか否かで悩む人がいるようです。 個人的にもそんな悩みを抱えた時期もありました。ファイアバードの2つでもいいんじゃないでしょうかね。ただ、クローバーはMySQL5を50個のため、多くのサイトを運営したい人は1つぐらい借りてもいいのかもしれません。 MySQL の数は5倍になっていますが、値段は3倍ほどです。

ただ、クローバーを借りるのなら、同じMySQL50個のエックスサーバーの方が安くていいのでは?という考え方もあります。 まあ、25%割引にすれば大して違いはないのですけど。あと、自営業の人はファイアバードやクローバーなどネットオウル系のレンタルサーバーの方が経費の調整がしやすいです。ポイントなので12月なんかにあらかじめ購入できますね。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い
メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較していきます。おそらくみんなが1番よく契約する500円〜1000円プランで比較してみます。 ...

(古い項目)旧ファイアバードとさくらインターネットの比較

昔書いた記事ですが、旧仕様を一応残しておきます。

値段は同じです。正確にはスタードメインで25%割引が効く人はファイアバードの方がやすいです。

MY SOLの数はさくらが20個で倍あります。ファイアバードは10個です。 ただ、10サイトも運営できれば十分だと思いませんか?
そして、さくらは503エラーに苦しめられました。 プラグイン等の制限も厳しめです。 サイトがでかくなったり、PVが増えたりすると、経験上引っ越しするハメになるのです。。 さくらは結構くせがあるサーバーですかね。だから、ファイアバードがおすすめです。

(古い項目)旧ファイアバードとエックスサーバーの比較

昔書いた記事ですが、旧仕様を一応残しておきます。

両方とも借りていますが、速度はそれほど違いを感じません。管理画面はエックスサーバーの方が使いやすいです。
普段使っている分には違いはないのですが、 WordPressのプラグイン等のトラブルは、ファイアバードの方がやや多いです。
あと大きな違いはエックスサーバーはx20、x30と上位プランに変更できるため、サイトが大きくなったときいいかもしれません。
あとは値段との兼ね合いで決断すればいいのではないでしょうか。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い
メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較していきます。おそらくみんなが1番よく契約する500円〜1000円プランで比較してみます。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました