{ code: 89, message: ‘Invalid or expired token.’ } twitter apiエラー/firebaseのtwitterid取得

おすすめのオンラインプログラミング学習

twitter apiのエラー

わりとエンジニア向けです。

[ { code: 89, message: ‘Invalid or expired token.’ } ]

[ { code: 89, message: 'Invalid or expired token.' } ]

このエラーはわりとよくでます。

twitter developerにログインし、apiの再生成で基本的に修正されるはずです。ちなみにトークンの表示は一度だけで隠し文字になってしまうため注意しましょう。リクエストを大量に送ると自動でkeyがリセットされてしまう場合があるようです。

または.envを利用していたとき、うまく動作していないことがありました、直接指定したらうまく動作しました。apiの再生成前に試してみてもよいでしょう。

stackoverflowなども参考にしましょう。

Twitter API - Reasons for "invalid or expired token" - Stack Overflow

[ { code: 50, message: ‘User not found.’ } ]

[ { code: 50, message: 'User not found.' } ]

このエラーはユーザーIDが入っていないだけですね。idが存在しないもののはず。値が正しく渡っているか確認しましょう。

revive old postsのエラー:Connection error: {“errors”:[{“code”:185,”message”:”User is over daily status update limit.”}]}

プラグイン利用時で表示されたエラーです。revive old postsのログをみると、エラーがでていました。

Connection error: {"errors":[{"code":185,"message":"User is over daily status update limit."}]}

時々成功するのですが、投稿がうまくいっていない場合が多いようです。

スポンサーリンク

firebaseでtwitter idを取得

話は変わりますが、firebaseでtwitteridを取得する方法のめも。displayNameと同じ方法で取れないようです、ちょい不便。

const provider = new firebase.auth.TwitterAuthProvider()
firebase
  .auth()
  .signInWithPopup(provider)
  .then((userCredential) => {
    console.log(userCredential.additionalUserInfo.username)
  })
  .catch((error) => {
    console.log(error)
  })

ちなみに、signInWithRedirectの場合は、リダイレクトしてしまうためgetRedirectResult以下で取得すればOKです。

スポンサーリンク

udemyおすすめコンテンツ

udemyおすすめコンテンツをまとめました。

動画編集/プログラミング/資産運用などUdemyのおすすめコース
プログラミング、動画編集、資産運用などudemyのすべて実経験でおすすめコースをまとめていきます。Udemyは日本に来る前から愛用しています。半分ぐらい英語の講座を買っています。 udemyはセールがあるため、とりあえず会員登録してお...

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました