電子書籍「インターネットの地図」 アンケート

    書けるところのみで結構です。面倒な設問は空欄のままでかまいません。

    性別

    男性女性

    年齢

    20才未満20代30代40代50代60代以上

    当サイトをどこで知りましたか(複数回答可)

    検索エンジンTwitterアメブロメルマガソーシャルブックマークYou TubeSNSDL-MARKETiPadZineアドワーズ

    電子書籍「インターネットの地図」で面白かった記事があればチェックしてください。(複数回答可)

    1章 リサーチのポイント(概念編)1.何故、ほしい情報が見つからないのか2.何故、情報収集力が大事なのか3.多角的にリサーチ4.情報のレイヤーを変える5.「連想リサーチ」と「関連リサーチ」6.時間リサーチ7.空間リサーチ8.人リサーチ9.本質リサーチ2章 検索エンジンのフローマップ10.インターネットの地図にメモしていく11.Googleが最良の選択だが、最初の選択でない場合もある12.最初の10件でほとんど回答が見つかる13.「使える情報」と「使えない情報」3章 調べ物編 リサーチの具体的な手順14.基本的な検索テクニック15.文章や検索結果をイメージした検索テクニック16.ネット上から消えたサイトの対処方法17.ユーザービリティがなっていないサイトの対処方法18.Webは流し読み19.Amazonから多角的な情報収集の展開がはじまる20.Google検索が越えられない壁21.どんなに検索してもひっかからない情報の対処方法22.アイデア発想とリサーチの関係4章 ソフトウェア編 徹底的に効率化する23.「ライフスタイルの対応」と「リスク分散」を同時に行う情報管理システム24.ソフトウェアを選択する際にまず考えること25.リサーチ速度を数倍に高速アップ26.記事をスクラップする27.アナログとデジタルの情報比較!効率化を探る28.最短の手数でマルチな検索エンジンに展開する方法29.自動的に情報が入ってくる仕組みをつくる5章 英語編 海外のリサーチ30.英語圏に情報収集先を広げて情報量を数十倍にする31.英語初心者が英語力を向上させながら英語圏の情報を得る32.google.com33.英語圏独特のキーワード検索のテクニック34.英語圏のリサーチに使えるキーワード一覧35.英語圏のサイトについたら心掛けること 心理編36.英語圏のサイトについたらやるべきこと 実践編37.総合的に見て最もおすすめできる辞書は何なのか38. 単語力と英国圏内のリサーチの関係~コラム~ 単語帳を使わなくても飛躍的に単語力をつける方法39.母国語が英語ではない国の情報をリサーチする方法40.もしも英語圏の情報に疲れたら…41.英語圏の調べ事で広告をクリックする手法42.Amazon.comを使った情報収集術6章 メディア編 メディアのデザインを大きく捉える43.現在マスコミから情報収集する大衆に2つの大事な問題点を提供44.情報のシステムデザインにより排除される情報・残る情報45.アンダーグラウンドの闇サイト?は何があるのか46.「なう」を活用できる瞬間・無視すべき時47.Wikiやまとめサイトにある情報の特性48.メルマガや登録サイトを利用した2つの情報収集術49.探索力で情報の出所をさぐる50.音声や動画の情報の特性~コラム~ 時間コントロールされる時代51.情報が漏れる時代52.メディアの区分けがなくなり情報の価格が激変する時代7章 時と金編 庶民が賢く情報収集する方法53.決してビジネスマンが教えない情報とお金の関係を暴露していく54.情報の価格 違和感と時代の流れ55.情報弱者がビジネス戦略に飲まれないようにする方法56.情報弱者は流行という情報をどのように見るべきか57.情報弱者は継続課金モデルをどのように見るべきか58.情報の売買という視点59.情報の形態と価格差の関係。本当に意味があるのか!?60.情報の形態と時間の関係。どのように時間を捻出するか!?8章 クリエイティブ編 集客・リサーチとクリエイティブの関係61.インタラクティブメディアの情報補完62.検索・リサーチによる情報収集とブログ作成の情報発信が繋がる63.すべての人々の脳内の情報共有の場64.どのようなポジショニングで情報発信をするのか~コラム~ リサーチとSEOの関係を具体的に解説65.2ステップで情報発信を行うメリット66.簡単に無料でアンケート9章 最後に情報収集で押さえておきたい3つの視点67.インターネットの地図は変化した!?68.シンプルイズベストと全体観の中でゆられて…~コラム~ 全体観という概念を探求すると5つの発見がある69.「影響力」のある情報とない情報70.リアルな情報~コラム~ リラックスしましょう

    自由記述 今後のアップデートでどのような記事がほしいか。
    また電子書籍の感想などがありましたら。

    タイトルとURLをコピーしました