クラウドsim比較、無制限でおすすめなのはGlocalnetやgwifi!?口コミや評判は!?

ネット環境を模索するにあたり、クラウドsimのGwifiとGlocalnet、お手軽に試せるレンタルのnozomi wifi(ノゾミワイファイ)とも比較していきますね。さらにレンタルwifiのフジワイファイとも比較します。

クラウドSIMとは、クラウドsimの仕組み

初心者のためにクラウドsimの仕組みや位置付けについて簡単に書いておきます。

  • 端末の中にsimカードが入っていません。
  • 各国の様々なキャリアから最適な回線を選択します。SIMカードをクラウドサーバーから読み込み、インターネットが利用できます。
  • nozomi wifiのように国内のみ利用できるサービスとGlocalnetのように国内と海外で利用できるサービスがあります。
  • nozomi wifiのように端末もレンタルするサービスとGlocalnetのように購入するサービスがあります。
  • 国内回線はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の使い分けのようです。
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

nozomiwifi(国内のみ、端末はレンタル)

nozomiwifiは国内のみなので、詳しくはレンタルwifiの方をみてください。無制限プランはクラウドsimです。端末はGlocalMe U2です。

興味がある人はレンタルで一度試してみるといいかもしれませんね。

NOZOMI WiFiの公式サイトと特徴

スポンサーリンク

Glocalnet(国内・海外対応、端末は購入)



  • 世界中で複数のキャリアが利用できるWiFiルーター!
  • 各国・各地域に応じて最適な回線を自動選択して接続します。
  • レンタルではないので予約・受取・返却は不要です。
  • 株式会社グローカルネットが運営。

海外出張の多いビジネスマンはいいかもしれませんね。法人だけではなく個人もokです。

glocalnetのg3

  • クラウドsimルーターはg3。
  • 5350mAHのモバイルバッテリーの機能あり、スマホへ給電も可能!(WiFiルーターとバッテリーの2台持ちが1台になって軽くなる)。
  • 2枚のNano SIMスロット搭載。

この2つの機能があるため、端末としては優秀な気がします。約15時間連続利用できます。

グローカルネット

2年契約で解約の違約金はあり(ただ、通常のwimaxやポケットwifiよりは安め)

クラウドsimとレンタルwififujiwifiの料金比較

国内利用時価格は10gbや20gbを使うのなら、fujiwifiの10gbや25gbの方が安いです。ただし、無制限はnozomi wifiやGlocalnetの方が安いです。

フジワイファイの口コミ・評判もあります。
レンタルwifi「fuji wifi(フジワイファイ)」の詳細と公式サイト

NOZOMI WiFiの公式サイトと特徴

くわえてGlocalnetは海外で利用できるメリット、モバイルバッテリー、simスロットが2つというメリットがあります。fuji wifiの端末もモバイルバッテリーの役割を担っていたら最高なんですね。

グローカルネット

10gbや20gbも格安simと比較すると、それほど高くはありません。

スポンサーリンク

GLOBAL WiFi(海外のみ、端末はレンタル)



短期レンタルならいいのかもしれません。

GLOBAL WiFi

  • 購入ではなくレンタルプランです。なので、もちろん縛りないです。
  • 5日間から使えます。
  • モバイルWiFiルータは同時接続5台まで可能。ルーターの目安として3~5時間。
  • 空港でかんたん受取や返却できます。
  • 個人・法人どちらでもOKです。
  • モバイルバッテリーはオプション必須のようです。
  • 株式会社ビジョンが運営。

GLOBAL WiFi

GWiFi(ジーワイファイ)の口コミ・評判(国内・海外対応、端末は購入)

クラウドsimのGWiFi(ジーワイファイ)はアマゾンに口コミ・評判もあります。デメリットとしてトラブルなどの悪評もあるため見送りました。

国内の利用料金はよく一緒に比較されるfuji wifi方安いため、こうなるとgwifiのメリットは海外しかありません。

実際、フジワイファイはレンタルしてレビューしています。
レンタルwifi「fuji wifi(フジワイファイ)」の詳細と公式サイト

FUJIの方が安いですね。特にfujiwifi50gbプランがgwifiの10gbプランより安いです。100GBプランもfujiwifiの方が安いです。それに加え、GWiFi(ジーワイファイ)は端末代もかかりますね。

デメリットとしてgwifiのドコモ(docomo)の障害や不具合は5ch(2ch)でも

調べたらドコモ回線とソフトバンク回線の両対応がうりですが、ドコモ回線が繋がらないようですね。個人的にはソフトバンクの方がいいと思うので、それほど大きな問題ではありません。ただ、ソフトバンク回線しか使えないのなら、fuji wifiでいい気がしますね。

レンタルwifi「fuji wifi(フジワイファイ)」の詳細と公式サイト

gwifiは海外のメリットがあります。ただ、simフリーのルーターを使う方法もあります。

障害やトラブルは5ちゃんねる(2ちゃんねる)でも話題になっています。

メリットとしてgwifiの速度

メリットしては問題なく通信すればgwifiの速度は結構でるんですね。

クラウドsimのデメリット

自動切り替えは好きではありません。

自動選択のため、本当に最適な回線と接続しているのかという疑問です。。意図しない回線をひろう可能性があります。たとえば、ソフトバンク回線を拾ってほしいのにau回線を拾っていたみたいな。個人的には各社回線の強い場所と弱い場所があるので手動選択は必須な気がします。要望としては優先度の設定ができるようになり、そのとおりに動くことですかね。

自動化というと素人には聞こえがいいかもしれませんが、自動化の危うさを知っているので、自動化よりカスタマイズ性を求めますね。自動選択できるけどカスタマイズも可という。

今のところ、個人的には海外利用は頻度が多くないため、国内のレンタルwifiを安定的に使うという選択肢をとっています。

ポケットwifiレンタル比較表/Wimax・ソフトバンク50gb-200gb!2018年国内版!
レンタルwifiのおすすめで安いのはどれでしょう!?ソフトバンク回線とWiMax無制限、200gb、100gb、50gb、25gb、10gb...

このデメリットの改善が求められる気がします。それまでは国内ではレンタルwifiを使おうと思っていますが、あまり回線にこだわりがない人はクラウドsimを使ってもいいのではないでしょうか。

その他のデメリットとしては下記のとおりです。

  • レンタルwifiと比較すると無制限プラン以外料金が高いです。
  • 2年縛りがある場合があります。

クラウドsimのメリット

sim購入の煩わしさなどがあるため、クラウドsimはそれがないのはいいところです。

Glocalnetのg3は優秀で、多スロットやモバイルバッテリーの機能があります。この機能を搭載した端末はまだ大容量のレンタルwifiにありません。

グローカルネット

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク