WordPressのレンタルサーバーおすすめで安いのは?【過去トラブルで比較】(500円~1000円)

Wordpress

WordPressのレンタルサーバーのおすすめで安いのどれでしょう。

単にスペックを比較するのではなく、今までいろいろなトラブルも経験しましたので、そのあたりを踏まえてメリット・デメリット、 過去に起きたトラブルなども紹介していきます。2010年頃にはじめてレンタルサーバーを借りて、今までに6つ以上のレンタルサーバーを借りてきました。

目次

レンタルサーバーの選び方

大事なのは、転送量、MYSQLの数はもちろん、サーバーの仕様やサーバーの方針などです。503エラーのでにくさ、プラグインのトラブルもサーバーにより違いますので、単に料金ということだけではなく、そのあたりを解説していきます。

レンタルサーバーはトラブルがなく安定的に運用できることこそ最重要です。

逆にサイト運営では関係ないのは容量などですね。そこまで使いきれません。

WordPressのレンタルサーバーでおすすめで安いのは?

【比較表】wordpressのレンタルサーバー安いランキング

おすすめのレンタルサーバーだけ安い順にランキング化しました。実際に起こった障害などもまとめました。意外にトラブルコストって時間食いますので。

公式
プラン名
初期費用
継続料金
MYSOLの数
転送量
過去の障害
備考
スタンダード
1500(ポイント全額支払い可)
400(36ヵ月) + さらにネットオウルポイントで25%オフ
20個
300GB/月
プラグイントラブル
スタードメインと併用で最安
スタンダード
1029
515(年払いで2ヵ月分割引430円ぐらい)
20個
80GB/日
503エラー
box1
無料(3ヶ月以上)
480(36ヵ月)
無制限
1TB/月
なし
ミックスホストと管理画面一緒
box2
無料(3ヶ月以上)
880(36ヵ月)
無制限
2TB/月
なし
ミックスホストと管理画面一緒
スタンダード
無料
880(36ヵ月)
無制限
2TB/月
データトラブル
X10
3000
900(36ヵ月)
50個
70GB/日
なし
初心者向け

カラフルボックスさんからクーポンコードをもらいました。

1周年記念のクーポンももらいました。1周年記念の方が割引率が高いですよ。

クーポンコード有効期間:7月26日(金)10時 〜 8月5日(月)17時
クーポン割引コード:619CKPBCPA
サーバーの購入時に上記のコードを入力すると、その場で料金が20%割引されます。
プロモーションコード(クーポンコード):7DFYDRV5
クーポンの有効期限:2019/12/31まで

条件は以下のとおりです。

【 プロモーションコード(クーポンコード)利用可能条件 】
サーバーの無料トライアルから有料にアップグレードの場合。
12ヶ月以上の有料契約の場合。

カラフルボックス(ColorfulBox)

格安のレンタルサーバーは転送量に注意!

安いレンタルサーバーを選ぶ場合、最も注意すべきは転送量です。

個人的な経験でいうと、さくらインターネットはアクセス増加で503エラーが出まくったことがあります。

このサイトも昔はさくらインターネット運営でしたが、今はエックスサーバーです。

この落とし穴はここかもしれません。エックスサーバーでは503エラーはでたことがありません。

余談ですが、ロリポップも503エラー情報が結構あったため、レンタル候補に入らなかったサーバーです。

レンタルサーバーは継続出費ではありますが、アドセンスでも張っておけばすぐにプラスになりますから、そこまで値段を気にする必要がないかもしれません。

転送量は計算方法までつめないといけないということですね。

転送量オーバーすると、いかような症状があらわれます。

  • サイトアクセスが遅くなる。
  • 503エラーがでてそもそもアクセスできなくなる、
  • レンタルサーバー会社から「なんとかしようよ」と苦情がくる。。

改善策としては上位プランにする、サイトを引っ越す、負荷(アクセス)を減らすあたりでしょうか。ただ503エラーがでると不安があるため、サイトを引っ越すことが現実的でしょうね。

エックスサーバー

サイトの引っ越しはかなり面倒ですよ。エックスサーバーを2つレンタルする方法があります。

最安のレンタルサーバープランはmysqlの数に注意!

スターサーバーやさくらインターネットにはもっと安いライトプランがあります。しかし、mysqlが1つしか使えません。
mysqlひとつに対してwordpressひとつでデータベースの管理がおすすめです。素人の人のために簡単に説明すると、MY SOL=Wordpressのサイト数と言い換えてもいいでしょう。

自分が作るサイト数に見合ったプランを選びましょう。

それでもレンタルサーバー代は500円未満の激安に抑えたいなら!

とにかく500円未満に出費を抑えたいならスターサーバーがおすすめかもしれません。スターサーバーは転送量のトラブルも起きたことがありません。ただ、個人的には小型のサイトを運営する前提で借りています。大型のサイトはスターサーバーには入れていません。

さくらよりスターサーバーの方が安定感がある気がします。

理由としてあげられるのは下記です。

マニアックな話をすると、スターサーバーとエックスサーバーはメンテナンス時間が一緒だったりしますね。エックスサーバー系列ともいえるでしょう。

スターサーバーは初心者でも比較的扱いやすいサーバーです。プラグイントラブルも特殊なものを除いてめったになく回避策はあります。

スターサーバー(StarServer)

サイトが大きくなる場合は、カラフルボックスの方がよいでしょう。上位プランへの切り替えもできます。

カラフルボックス

【比較】スターサーバー(StarServer)とエックスサーバー(xserver)とミックスホスト(MixHost)とカラフルボックス(ColorfulBox)

ポイントだけ書きます。ミックスホストとカラフルボックスは非常に似ているレンタルサーバーです。

ミックスホストとカラフルボックスはcpanelの管理画面まで一緒です。だから、片方使った経験がある人は扱いやすいです。

違いとしてはカラフルボックスの方がトラブルが少ないため、現在、カラフルボックスを借りています。運営実績はミックスホストの方が長いです。

ただ、ITの専門職の人は別として、1番最初に借りるレンタルサーバーとしてはあまりおすすめしません。

カラフルボックスのサポートはある程度わかっていること前提に話されたこともあったので。

初心者ならエックスサーバーやスターサーバーがおすすめです。

すでにエックスサーバーなどの運営実績がある人、ITに強い自信がある人、エンジニアさんなどはカラフルボックスやミックスホストがおすすめです。

エックスサーバー(xserver)

スターサーバー(StarServer)

ミックスホスト(MixHost)

カラフルボックス(ColorfulBox)

ミックスホスト(MixHost)とスターサーバー(StarServer)とエックスサーバー(xserver)の比較記事を書きました。ミックスホスト(MixHost)とカラフルボックス(ColorfulBox)はほぼ似ていますので、参考にしてもよいでしょう。

スターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較と違い
メジャーな格安レンタルサーバーのスターサーバー(StarServer)とミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(xserver)の比較していきます。おそらくみんなが1番よく契約する500円〜1000円プランで比較してみます。 ...

カラフルボックス(ColorfulBox)のメリット・デメリット(災害に強いバックアップの仕組みあり、レンタルサーバーが500円)


カラフルボックス

過去に起きた障害・トラブル

思いつきませんね。ただ、2019年から導入を開始しました。

エックスサーバーの方が初心者向けだと思います。カラフルボックスはサポートサイトの説明が最低限であり、どちらかというとわかっている向けです。

it関連者やitに強い人はおすすめかも。

デメリット

デメリットはxserverはもちろん、mixhostより運営期間が短かいことです。2018年から始動しましたが、今のところトラブル報告もなく順調な滑り出しのようです。

カラフルボックス(ColorfulBox)

他社とのレンタルサーバー比較

他社とのレンタルサーバーの差別化として1番興味深かったのは、『カラフルボックス』が災害の際も安全安心ということです。嫌な話ですが地震などが多いですからね。

リージョン(データの保存先)選択ができる仕組みを導入するだけではなく、「地域別自動バックアップ」機能があり、バックアップは別の地域に保存する機能が標準搭載しています。このバックアップは、ファイルやデータベース(MySQL)など過去14日分のバックアップになります

たとえば、リージョン(データの保存先、注、リージョンは14日ではない)が東京の場合は、14日分のバックアップデータは大阪になります。大阪を選択した場合は、東京がバックアップです。東京と大阪の両方にデータが残せますから、万が一地震などの災害が起きても大丈夫ということですね。

もうひとつはmixhostではもう廃止されてしまったワイコイン(月額480円)プランがあるため、今から格安プランではじめるならここかもしれません。

もうひとつはバリュードメインと連携しているので、安いバリュードメインでドメイン管理したい場合に便利です。

もうひとつはアップグレード・ダウングレードはどちらも大丈夫な柔軟さがあります。アップグレードOKだけど、ダウングレードできないという、ややいじわるなレンタルサーバーもありますからね。

他の構成はmixhostと似ていますね。最新のSSDに高速WEBサーバーの「LiteSpeed」を採用したコスパがよいクラウド型レンタルサーバーです。

カラフルボックス

特色

初期費用無料です(正しくは1ヶ月契約のみ初期費用が発生しますが、そのような人は珍しいでしょう)。

  • ベンチマークテストは、旧来のApacheに対して約3倍以上、Nginxに対して約5倍以上の差がつく速度を実現済。
  • WordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」を採用済。
  • Apacheと完全な互換性がありつつ高速な「LiteSpeed」Webサーバーを採用済。
  • 表示速度を高速化するHTTP/2&QUIC完全対応済。
  • ピュアSSDを10台搭載RAID構成の超高性能サーバーを採用済。
  • かんたん操作のコンパネcPanelを採用。
  • マルチドメイン・データベース・メールアドレス・FTPアカウントは無制限使い放題!
  • PHP7、MySQL(MariaDB)、SSH、Cronなど多数の機能に対応済。
  • 無料SSL(COMODO)に標準対応済。
  • メールや電話だけではなくライブチャット(平日9:30〜17:30)もあります。サポートはすべて専門のプロが対応しているそうです。
  • WAF、ウィルス・スパムメールフィルターを標準搭載してセキュリティ対策済み。

料金をクリックすると、プラン別の比較表が用意されているのでみてみましょう。30日間無料お試しができます。

カラフルボックス

エックスサーバー(xserver)のメリット・デメリット・過去に起きたトラブル(WordPressのレンタルサーバー初心者におすすめ)

http://www.xserver.ne.jp/

過去に起きた障害・トラブル

思いつきませんね。すごい安定しています。

エックスサーバー

特色

エックスサーバー:MySQL50個、転送量:X10プラン:1日70G/日 70*30=2100GB、X20プラン:90GB/日、X30プラン:100GB/日、容量:200GB、サブドメイン無制限、1000円
エックスサーバー

  • バックアップ機能
  • サーバー移転機能

バックアップはまあWordpressのプラグインなんかもあるのですが、 サーバー移転機能はその共有サーバーがまずかったとき、試してみたい機能ですね。
また、他のサーバーを比較すると、エックスサーバーはこの6年以上を経て本当にスペックアップしました。 昔はファイアバードとそんなに変わらなかったのですが、今ではかなり差がありますし、 エックスサーバーより高いサーバーよりもいいかもしれません。
そして、エックスサーバーはいまだトラブルらしいトラブルが起きたことがありますね。 トラブルと格闘しなくていいため初心者におすすめです。Wordpressの簡単インストールもあります。 さくらからエックスサーバーに移転したとき、体感速度もあがりましたね。

エックスサーバー

スターサーバー(StarServer)のメリット・デメリット・過去に起きたトラブル

クラウド型高速レンタルサーバー【スターサーバー】

スターサーバー(StarServer)

過去に起きた障害・トラブル

スターサーバーの前進、ファイアバードの時代に引っ越しプラグインでトラブりました。一部特殊なプラグインを利用すると、トラブルが起こる場合があります。 エックスサーバーより頻度は高く、さくらインターネットよりは頻度は低いです。 大抵、回避策があるため、気にするレベルではありませんけど。具体例をひとつあげると、Duplicatorというプラグインのエラーにちょっと苦しめられましたね。エックスサーバーではでないらしいです。All-in-One WP Migrationで回避できます

Duplicatorのエラーまとめ、All-in-One WP Migrationの方が比較するといい
さくらインターネットからネットオウル系のファイアバードにDuplicatorを利用して引っ越ししようとしましたが、 小一時間弱で見切りをつけてAll-in-One WP Migrationを利用したという流れの記事です。 Duplicat...

ずっと使っていてこのぐらいしかトラブルがなかったためおすすめです。

スターサーバー(StarServer)

スタードメインと併用すると最安級に【特色】

6ヵ月のスタンダードプランの領収書を確認すると3240円です。25%割引適応前なので、1ヵ月あたり375円あたりになりますかね。 消費税は計算していません。

スタードメインはcom、netの独自ドメインが安くなる可能性が高いうえに、スタードメインでドメインを取得した際に発生したポイントが、ファイアバードの支払いにあてる技が使えるのがいいですね。ここ6年間以上の傾向でいうと、お名前comよりもスタードメインの方がおすすめです。

スタードメイン

MySQL10、オリジナルドメイン5つ、転送量300G/月、容量100GB、サブドメイン3,000個、500円、メールサポート早い

スターサーバー(StarServer)

ミックスホスト(MixHost)のメリット・デメリット

レンタルサーバーならmixhost | 30日間無料お試し

過去に起きた障害・トラブル

MixHostは2017年2月にサーバー障害を起こしています。障害はありましたがデータが消えた等のトラブルはありません。3ヵ月無料と状況を逐一報告する誠実な対応でのりきったのです。

ミックスホスト(MixHost)

MixHostはトラブルを起こしましたが、それを差し引いてもレンタルしていいレンタルサーバーだと思います。次のような特徴があります。

特色

  • mixhostは月額480円から利用できるピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。わりといいとこ取りのレンタルサーバーです。
  • 高速性を追求し、一般的なWebサーバーであるApacheよりも数十倍~数千倍高速で完全な互換性を持った「LiteSpeed」Webサーバーを日本で初めて採用!
  • 最新のピュアSSD構成のハイスペックサーバーを採用!
  • 国内最大級732Gbpsの高速バックボーン!
  • WordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」を標準でご提供!
  • 月額480円からの高コストパフォーマンス!
  • マルチドメイン、メールアドレス、データベース、FTPアカウント、・無制限!
  • PHP7、MySQL、SSH、Cronなど多数の機能に対応!
  • 世界トップシェアのコントロールパネル「cPanel」を採用!
  • WordPressなど数百種類の人気のアプリケーションを簡単インストール!
  • サーバーリソースを、契約プランに応じて独立制御!
  • 他のユーザーの影響を受けにくく安定したサービスを提供!
  • 運用規模に合わせてリソースの増減自由自在!
  • 高安定性・高セキュリティ・バックアップ
  • サーバー稼働率99.99%以上の安定性!
  • WAF、ウイルススキャン、スパムメールフィルタを標準搭載!
  • 大切なデータを保護する為、1日1回、遠隔地に自動バックアップ!
  • 過去30日間分のデータから無料でいつでも簡単復元!
  • 高速にアクセスできる日本リージョンで大人向けサイトにも対応!
  • 30日間無料お試しがあります。

ミックスホスト(MixHost)

さくらインターネット(sakura)のメリット・デメリット・過去に起きたトラブル



過去に起きたトラブル・デメリット

さくらは転送量は80GB/日(公式情報)まで緩和されましたが、どちらかというとWordpressのプラグイン等で 503エラーがでます。そのため、うちも数サイトほど引っ越して苦労しました。このサイトはさくらのままで頑張ってきましたが、https化するタイミングで実ははエックスサーバーに引っ越しています。

503 Service Temporarily Unavailable でさくらインターネットからファイアバード・エックスサーバーに移転・引っ越し
さくらインターネットで503 Service Temporarily Unavailable エラーがでたら、 次のような手順で対応するとよいです(実経験)。 さくらインターネットで503 Service Temporarily...

負荷に対して制限が厳しめのレンタルサーバーなので、変な使い方はしている人がいないという点で安心できますね。

さくらインターネット

スペックや特色

スペック表は公式サイトをみればわかるため、1番ピンポイントの判断材料になるところを書いていきます。

MySQL20個、転送量1日80G/日、容量:100GB、サブドメイン無制限、、500円~
さくらインターネット

メリットはどのサーバーもマニュアルがあり別に問題ありませんが、なんとなくさくらインターネットのマニュアルが一番読みやすい感じがします。サポートは土日もやっていますがメールのみです。電話は平日です。 効率化のためでしょうけど、結構テンプレート的な返事が多いかもしれませんので、突っ込んで話をすることがおすすめですかね。そうすると丁寧に回答してもらえます。
デメリットはさくらインターネットの最安プランは、PHP未対応で、Wordpressが使えません。 何年も使ってるとわかってくるのですが、他のサーバーと違って特殊な仕様が多く問題になることもあります。
サポートはより知りたいことを突っ込めば丁寧に回答はしてくれます。 ただ、エックスサーバーの方が回答は早いですね。

エックスサーバーとX2(エックスツー)の比較

エックスサーバーとX2(エックスツー)を比較すると、個人的にはエックスサーバーでいいんじゃないでしょうか。 2つエックスサーバーを借りるという選択肢もあります。
X2(エックスツー)のウリはPHPを高速化するエックスキャッシュですが、 WordPressではキャッシュ系のプラグインはたくさんでています。
http://www.xtwo.ne.jp/
エックスツー:MySQL無制限、スタンダードプラン:70GB/日、アドバンスドプラン:90GB/日、容量100GB〜、サブドメイン無制限、1890円
X2
エックスサーバー:MySQL50個、転送量:X10プラン:1日70G/日 70*30=2100GB、X20プラン:90GB/日、X30プラン:100GB/日、容量:200GB、サブドメイン無制限、1000円
エックスサーバー
まあ、1回借りてみたいという気持ちもわからなくないですけどね。

WordPressのレンタルサーバー以外に必要なものは?

ドメインになります。個人的にはスタードメインで運用しています。ポイントがたまるからです。

スタードメイン

ポイントはスターサーバーの支払いに使えます。ドメインには残念ながら使えませんから、セットで利用がおすすめです。

スターサーバー(StarServer)

WordPressのレンタルサーバー代は無料という視点と結論

無理やり格安レンタルサーバーを選ぶ必要はありません。

なぜならWorspressをちょっと真面目に運営する方なら、適当にアドセンスとAmazonアフィリエイトでほぼ月1000円以上いくからです。経験上、マイナスはなくプラスしかないのです

だから、エックスサーバーを借りても、レンタルサーバー代を払っている気がしないのです。今だ無料ブログを使っている人は非常にもったないないですね。広告あり・広告なしに関わらず無料のWordpressのレンタルサーバーを使っている人ももったいないですかね。

はじめてレンタルサーバーを運営する人は、この視点は持っておくべきですかね。 なので、どれか1つ選べと言われれば、あまり料金に縛られず、xserverになります。理由はトラブルコストが1番小さいから。 6年以上利用すると、トラブルコストをいかに少ない方が楽かがわかってきます。

エックスサーバー

また、スターサーバーとミックスホストを安定的に運営できます。せめてスターサーバーのスタンダードプランとスタードメインのあわせ技、もしくはミックスホストを借りましょう。速度をとるならミックスホストです。

スターサーバー

MixHost

その他のレンタルサーバー

他にも格安レンタルサーバーはありますが、ハッスルサーバーは2chなどで評判に悪評があり、99円レンタルサーバーはユーザーデータが飛んだみたいな記述をみてやめました。その他有名なレンタルサーバーとして次のようなものがあります。

ロリポップ

ロリポップ!レンタルサーバー | 利用実績170万人突破!無料SSLあり

ロリポップ

ロリポップのプラン

  • エコノミープラン:転送量40GB/日、MYSOL0個、10GB、100円
  • ライトプラン:転送量60GB/日、MYSOL1個、50GB、250円〜
  • スタンダードプラン:転送量100GB/日、MYSOL30個、120GB、500円〜
  • エンタープライズ:転送量無制限、MYSOL100個、400GB、2000円〜

ロリポップの転送量とMy SOLの数を確認すると、どちらかというとスタンダードプランやエンタープライズなど上位プランがロリポップはいいのかも。

ロリポップ

新規注目のフレンドサーバー(大人向けok、共有・専用サーバー、ハウジングプランあり)

フレンドサーバー [レンタルサーバー・ホスティング]

フレンドサーバーは専用サーバーにリンクを貼っておきます。飛び先のアドレスを削ってトップページを見れば、共有サーバーのプランも見れますよ。

フレンドサーバー

スーパーレンタルサーバープランは低料金で転送量・マルチドメイン無制限で人気みたいですね。

  • 日本ではなく、米国カリフォルニアのシリコンバレーにサーバーがあります。
  • 日本人スタッフが対応。
  • 専用サーバー以外にも共有サーバーもあり。
  • 大規模サイトから月額3ドル(約300円)までのちょっと使ってみたい方までOK。
  • 珍しく大人向けもOK。
  • 海外サーバーの心配なレスポントですが、海外と日本のレスポンス差はほぼなし(約0.028秒で自社調べだそうです。)
  • SSL証明書対応。
  • 玄人向けにはホスティングではなくハウジングのデータセンターを提供。
  • 専門知識は必要ですが、ハウジングなので自分の業務に最適なサーバ設定のカスタマイズ拡張が可能。
  • 海外のIPになるから複数サイト運営の人はいいかも。
  • ほぼMYSQL無制限プラン (480円プラン〜 )。

フレンドサーバー

vpsレンタルサーバーのおすすめで安いのは?(WordPressはもちろんWordpress以外のWebサービスに利用可能)

vpsサーバーは少し難易度があがります。ただ、その分メリットもあります。

    • 管理者権限(root権限)を持てる
    • 仮想サーバー1つ1つにCPUやメモリなどのハード資源が割り当てられている(他のユーザーの影響が受けにくい)
    • OSやアプリケーションが選べる。PHP以外のWebサービス(例、Twitter bot、マッチングアプリ、to doアプリ)を作れる。

デメリットもあります。

サーバーを自分で構築し、メンテナンスできるスキルや労力が必要です。

udemyに中村祐太さんの「はじめてのLinuxサーバー構築運用入門 – コマンド操作がはじめてでも自分でWebサーバを構築できるオンライン講座」があるため、そちらをみてみましょう。

udemyのセールはいつで頻度は?ユーデミー社の口コミ
udemyが日本に上陸する前から知っていたユーデミユーザーで英語の技術系コンテンツをよく買っていました。 udemyとは動画学習サイトです。個人的にはグラフィックやプログラミングの動画をお買い物をすることが多いですが、fxやヨガ、カメ...

vpsサーバーであればWordpressだけではなく、さまざまなWebサービスを展開できます。主にエンジニアさんやエンジニアさんを目指している人、向けですかね。

LAMP(PHP) / Ruby on Rails / WordPress(KUSANAGI) / Redmine / Jenkins / GitLab / Drupal / ownCloud / Docker / concrete5 / MongoDB / Redis / Django / baserCMS / Matomo / Zabbix / Joomla / Mastodon / MediaWiki / MIRACLE ZBX / LEMP(PHP) / Minecraft / Cacti Nagios / Webmin / Node.js / ISUCON7 / Mattermost / Dokku / ISUCON8 / テラリア / Laravel / 7 Days to Die / Factorio / かんたんKUSANAGI / ArchiveBox / Assetto Corsa / Metabase / CS:GO

vpsサーバーで有名なのは、conoha vpsとsakura vpsです。違いとしては以下のとおりです。

  • sakura vpsの方が年払いにすると若干安い
  • sakura vpsの方が上位プランになると容量が多い(ただ容量はあまり使わないという話もある)
  • conoha vpsとsakura vpsともにスケールアップはできるが、sakura vpsはスケールダウンができない。

スケールダウンができないのは非常に問題です。

そのため、ConoHa VPSの方がおすすめです。ConoHa VPSはスケールダウンができます。



また、ConoHaカードを購入すると、vpsだけではなく、いろいろなサービスが使えます。

ConoHa WING、ConoHa VPS、ConoHa for Windows Server



さくらvps



インターネット初期の頃からある老舗さくらインターネットが展開する「さくらのVPS」です。漫画でわかりやすく解説しているところは好感がもてます。

年間で支払うと割引されます。

さくらvps

  • 2週間無料お試し付きです。
  • 北海道の石狩、東京、大阪のデータセンターが選べます。
  • OS再インストールやコンソール作業もブラウザ上で簡単にできます。
  • 仮想化技術「KVM」を使用し、仮想サーバ環境の独立を実現!
  • 各仮想サーバに100Mbps共有回線を提供!
  • サポートWebサイトのほか、メール・電話での無料サポートもあります。
  • 「さくらのVPS」からクラウドサーバー「さくらのクラウド」へのマイグレーション機能を提供(手軽にVPSからクラウドへサーバを移行することが可能)参考ソース:https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2013/09/02/90083/

さくらvps

さくらvpsが利用できるか技術的に不安な人は、udemyの講座をみてみましょう。個人的にも昔購入した、中村祐太さんの「はじめてのLinuxサーバー構築運用入門 – コマンド操作がはじめてでも自分でWebサーバを構築できるオンライン講座」がおすすめです。

udemyのセールはいつで頻度は?ユーデミー社の口コミ
udemyが日本に上陸する前から知っていたユーデミユーザーで英語の技術系コンテンツをよく買っていました。 udemyとは動画学習サイトです。個人的にはグラフィックやプログラミングの動画をお買い物をすることが多いですが、fxやヨガ、カメ...

wordpressのブログ削除

ブログの削除方法もあわせてメモ書きしていきます。

スタードメインの解約

スタードメインのドメインの解約は以下のとおりです。

ログイン > 契約管理 > 利用中のサービス > 該当サービスの「利用停止」> 停止確認画面へ > 利用停止を確定する

利用停止の確認は以下からできます。

利用中のサービス > 「利用停止」の「全て」の表示をクリックする

カラフルボックスでWordpressのアンインストール

カラフルボックスでWordpressのアンインストールする方法は以下のとおりです。

ログイン(cPanel) > WordPress > マイ・アプリ > 削除したいWebサイトの「×」をクリック > アンインストール

アンインストールプロセスは、インストールされたソフトウェアに関連するすべてのファイルとディレクトリおよびデータベースやテーブルを削除し、元に戻すことはできません。

と注意書きが気が表示されます。データベースも一緒に削除されるんですね!

アンインストール後、MySQLを確認するとデータベースも削除されていることが確認できます。

ログイン(cPanel)> MySQL® データベース

カラフルボックスでドメインを削除

しかし、該当ドメインにアクセスすると、Index of /という表示になります。この状態はセキュリティ的にまずいです。cPanel内のドメインがまだ有効だからです。そこでドメインも削除します。「ドメインにリダイレクト設定を行い他のサイトへアクセスさせる」方法もあります。

削除は以下のとおりです。

ログイン(cPanel) > アドオンドメイン > 該当ドメインを「削除する」 > 削除する

もうひとつやることがあります。

FTPソフト上からフォルダのごみデータも削除すると、Index of /という表示が消えます。
人気記事  【比較表あり】安いオンラインプログラミングスクールはおすすめ?【無料あり】
  1. プログラミングスクールは格安に!cssやphpも楽勝に!
  2. 電子書籍並みの価格で買える格安のプログラム動画学習サイトも一緒に紹介!初心者から上級者向け英語コンテンツまであり。ソースコードは言語関係なしに世界共通!
スポンサーリンク
Wordpress
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました