電子書籍の漫画や雑誌読み放題サービス比較、定額で安いおすすめは?(2017年度版)

シェアする

ebook_03

電子書籍の漫画や雑誌読み放題サービス比較していきます。

auブックパス(雑誌読み放題、ビジネス雑誌多数あり)

500円ぐらいで50000冊以上の電子書籍が読み放題です。しかも雑誌読み放題だけではなく漫画読み放題もあって初月は無料です。

ブックパス

auブックパスのITビジネス雑誌は、週間アスキー、週間エコノミスト、週間ダイヤモンド、週刊東洋経済、ダイヤモンドzai、日経ビジネスAssocie(アソシエ)、MacFan、Wired、Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)、flick!、株主手帳、DOS/V POWER REPORT、WiLL(ウイル)、ZAITEN、Bricolage(ブリコラージュ)、alterna(オルタナ)、CSR monthlyです。

ワイドショー系のネタ雑誌は、週プレ、週刊女性、週刊SPA!、AERA、週刊朝日芸能、紙の爆弾などがありますが他と比べて少し少なめです。auブックパスはそのぶん、雑誌以外の他の書籍が充実していますよ。

  • 漫画・写真集・実用書・小説や雑誌・ライトノベルなどが読み放題できます。
  • auのKDDI株式会社が運営しています。
  • パソコン(Windows/Mac)、Android、iPhone対応(注・デメリットになりますがスマホはau端末でないとダメのようです)。
  • 公式サイトをみると読み放題と読み放題じゃないものが混ざっています。キーワード「読み放題」で検索しましょう。

ブックパス

amazonの電子書籍読み放題サービス、kindle unlimited

冊数は12万以上あって初回30日間無料です。

普通の雑誌だけならdマガや楽天マガジン、auブックパスなどが価格的には安いかもしれませんが、kindle unlimitedはラインナップがちょっと違うことがウリです。

  • kindle unlimiteは、雑誌ではなく、セルフパブリッシュや同人誌系はわりと無料で読めるためおすすめです。かなり面白い本があるため、自分が興味があるジャンルのキーワードで一度検索してみるといいです。
  • 一般書や漫画読み放題、ライトノベル、大人向けまで、ジャンルが豊富です。

Kindle Unlimited

とはいえ既存雑誌でもキンドル独占もあります。

月刊Mdnというグラフィック雑誌はキンドルしか読み放題ではありません。またWeb Designingやデジタルカメラマガジンも無料で読めるため、デザイナーさんにはおすすめです。

月刊C MAGAZINEも無料のためプログラマーさんもいいかもしれません。

クリエイター向けかもしれませんね。

他では読めない書籍があるので、一度入ってみるとよいでしょう。

Kindle Unlimited

kindle unlimitedについてはこちらに詳しくまとめます。

リンク(現在、記事作成中)

dマガジン

180誌以上の人気雑誌最新号が読み放題! | dマガジン

会員数300万人を超える雑誌読み放題のサービスです!dマガジン会員は週刊誌の読者層が多いようです。会員登録すれば初回31日間無料です。

dマガジン

dマガジンのITビジネス雑誌は、COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)、SAPIO、週間アスキー、週間エコノミスト、週間ダイヤモンド、週刊東洋経済、ダイヤモンドzai、日経PC21、日経ビジネスAssocie(アソシエ)、日経マネー、プレジデント、MacFan、Wired、ファミ通などです。

ファミ通はdマガジン独占で他にはありませんね。ゲーム好きはdマガジンがいいかもしれません。

個人的にはワイドショー系はまったくみないのですが、ワイドショー系もかなり豊富です。

ワイドショー系のネタ雑誌は、週刊現代、週プレ、女性セブン、Friday、女性自身、週間新潮、週間文春、サンデー毎日、週刊女性、週刊朝日、週刊ポスト、FLash、週刊SPA!、AERA、NewsWeekなどです。

「週間新潮」と「週間文春」はdマガジン独占のようです。

dマガジン

  • バックナンバーを含め1000冊以上が月額400円(税抜)で楽しめます!
  • 気になるジャンルや旬なキーワードからも記事が読めます。
  • 運営はドコモ。ドコモの方はもちろん、ドコモ携帯を使っていなくてもOKです。要は誰でも使えます!
  • 発売日と同時に配信される雑誌は約8割にのぼり、家に居ながら最新号が読めます。 
  • 拡大して読んでも文字が読みやすいです。
  • 記事単位でコンテンツがまとまっているので、普段読まない雑誌からも情報が拾えます!
  • Android、iOS(ipadも対応)、PC(Windows7以上、Mac OS 10.6以上)に対応しています。
  • TVCMもやっています。

会員は男女比ほぼ50:50で年齢層はさまざまです。コンビニに並んでいるメジャーな雑誌ばっかりなので誰でも利用できるのですね!

dマガジン

雑誌数が豊富なので興味に応じてチョイスできます!

  • 女性ならグルメや自分磨きを意識した美容や献立に役立つレシピをチョイスしたり
  • トレンドに敏感な20代は、ファッション誌やライフスタイル誌が人気だったり(彼女・彼氏のプレゼント選びにも役立つかもしれません)
  • ネットやワイドショーで話題になったゴシップネタも提供したり

趣味の雑誌も豊富です。会社でもプライベートでも、話のネタならなんでもこいですね!

dマガジン

楽天マガジン(月額・年額が最安)

楽天マガジン:約200誌いろいろなジャンルの雑誌が読み放題!

「楽天マガジン」 は31日間無料でお試しでき、楽天ポイントも貯まり、楽天ポイントで支払い可能です。月額380円(税抜)だけど年払いだと300円(税抜)になり、最安のサービスです。雑誌数も多く、約200雑誌以上がュース、ビジネス、スポーツ、ファッションなど多彩なジャンルが読み放題です。

楽天マガジン

「楽天マガジン」 のITビジネス雑誌は、COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)、SAPIO、週間エコノミスト、週間ダイヤモンド、週刊東洋経済、ダイヤモンドzai、MacFan、Wired、Forbes JAPAN(フォーブスジャパ)、Web Designingなどです。

Web Designingはdマガジンやブックパスにありませんね、webデザイナーさんは楽天マガジンがいいかもしれません(kindle unlimiteは読み放題です。)。

ワイドショー系のネタ雑誌は、週刊現代、週プレ、女性セブン、Friday、女性自身、サンデー毎日、週刊ポスト、FLash、週刊SPA!、AERA、週刊朝日芸能、紙の爆弾、NewsWeekなどです。

楽天マガジン

  • 「楽天マガジン」 はもちろん楽天が運営する定額制雑誌読み放題サービスです。
  • 2016年8月よりサービス開始!
  • 最大5台のスマートフォン(iPadも含む)・タブレットで利用が可能です。
  • 専用のアプリで楽天koboとは別アプリになっています。
  • アプリの機能としてはダウンロードしてオフラインでも読め、お気に入りの登録雑誌を自動ダウンロード。
  • 他にもしおり機能、ランキング、おすすめ記事やまとめ記事を提供するマガジン機能があります。
  • デメリットとしては、楽天マガジンはPCでの購読には対応していません。
  • アプリがたまに落ちます。。

でも、バックナンバーも読めるなどの利点もあり、雑誌数も多いので安いのから試したいなら楽天マガジンかも。

楽天マガジン

u-next(雑誌だけではなく映画の見放題)

u-nextの提携雑誌は、週刊東洋経済、日経PC21、日経ビジネス Associe(アソシエ)、MacFan、Wired、flick!です。

ワイドショー系のネタ雑誌は、週プレ、週刊女子、週刊アサヒ芸能です。

u-nextのメリットは何と言っても映画やドラマなどの動画見放題です。雑誌数は少なめですが、みたい雑誌があるか否かが大事です。

ios(ipadも含む)、androidアプリ等があり、Windows・Macなどのパソコンでも見れます。

u-nextの詳しいことは映画の記事をみてください。
u-nextの公式サイトと特徴

フジテレビオンデマンド

フジテレビオンデマンドの提携雑誌は、COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)、週間エコノミスト、週間ダイヤモンド、週刊東洋経済、ダイヤモンドzai、MacFan、Wired

ワイドショー系のネタ雑誌は週間現代、週プレ、Friday、女性自身、サンデー毎日、週刊朝日、Flash、週間SPA!、AERA、NewsWeekです。

フジテレビオンデマンドの詳しいことは映画の記事をみてください。
フジテレビオンデマンドの公式サイトと特徴!?

ひかりTVブック(雑誌読み放題サービス、NTTぷららが運営)

ひかりtvという雑誌読み放題サービスです。スマホだけではなく、ipadなど閲覧できます。詳しくは下記をみてください。

ひかりTVブックの公式サイトと特徴

星の砂文庫(携帯小説読み放題サービス)

携帯小説読み放題サービスの星の砂文庫があります、詳しくはこちらです。

星の砂文庫の公式サイトと特徴

その他の漫画・雑誌の読み放題サービス ソフトバンクのブック放題など

他にも電子書籍の読み放題サービスは探せばあります。

ただ、たとえばソフトバンクのブック放題はappleストアやandroidストアをみたら、エラーなどが発生するという1のレビューが大変多かったため、利用していませんね。。料金的にもdマガジンや楽天マガジンの方が安いですし。。今後の改善が期待されますかね。

電子書籍の雑誌読み放題サービス比較、個人的におすすめなのは?

雑誌で大事なのは数ではありません。読みたい雑誌があるかではないでしょうか。

ざっくりと眺めて読みたい雑誌が多いものを選べばいいと思います。

とはいえ、トータルでどこが多いのか気になる人も多いでしょう。雑誌読み放題サービスを比較すると、「dマガ」「楽天マガジン」が雑誌数が多いです。ただし、ITや経済誌はブックパスも充実しています。

ブックパス

個人的にはmacbook proユーザーでパソコンでも電子書籍を読みます。楽天マガジンはPCに対応していないため、Dマガジンですかね。DTVという映画見放題サービスをユーザーでもありますから。

dマガジン

でも、楽天ポイントが余っていてタブレットやスマホしか閲覧しない人は、楽天マガジンでもいいかもしれません。年額で契約するつもりなら安くなりますし。

楽天マガジン

dokomoやauのように電子書籍の読み放題と映画の見放題のサービスが別れていないのがu-nextになります。u-nextは映画もdtvより充実しているため、映画好きでu-nextに読みたい雑誌があるなら、u-nextでもいいかもしれません。

u-nextの公式サイトと特徴

電子書籍のdマガは映画などの動画見放題のDtvも展開しています。auブックパスもauビデオパスを展開しています。だから、アカウントを作ってもよいじゃないか、という気もします。映画のまとめはこちらです。

映画見放題無料サイト/ネットレンタルサービス比較、おすすめで安いのは!?(月額のお試し)
覚書ついでに映画のネットレンタルを比較してまとめていきます。最後に自分の使い分け方も。 U-NEXT〜コンテンツ数最多、韓流、ディズニ...

kindle unlimitedもおすすめですが、雑誌だけで考えると料金が高めなので、雑誌というより個人出版で面白い書籍を見つけるのが楽しみになりつつあります。

Kindle Unlimited

雑誌は読み放題でいいかもしれませんが、漫画は読み返したりしたいので、個人的には読み放題ではなく普通に全巻購入しています。

電子書籍の漫画読み放題サービス比較、定額で安いおすすめは!?(無料読み放題サービスは違法!?)

会員登録なしの無料サイト、海外など違法サイトもありますから注意してください。よく知りませんが、フリーブックスというサイトも閉鎖されたみたいですね。漫画を描くのもそれなりに大変ですから、なんでも無料ではなく作者さんに貢献することも大事ではないでしょうか。

でも、どうしても無料で読みたい人は漫画読み放題サービスの初月無料を利用するといいのではないでしょうか。「ブックパス」はある程度置いてあるみたいです。

ブックパス

あと、小ネタで情報を提供すると、集英社のジャンプのアプリはある程度、無料で読めるようです。ただ、どのアプリもビジネスなのでどこかが購入してもらうことが前提になっています。

漫画は定額読み放題より全巻半額の方がいい!?

有料サイトでも漫画は期間限定だったり数が少なかったりします。個人的には1巻だけ無料などはめんどくさいため利用しません。読んだことがない漫画を試し読みするならいいかもしれませんけどね。

漫画の読み放題サービスも利用しません。あとで読み返したいとき、読めない場合が多いからです。ちょっと所有しておきたい欲求もあります。

hontoやdmm電子書籍、ebookjapanなどをうまく利用するれば、3割〜半額で購入できます。ワンピースやキングダム、東京喰種(トーキョーグール)などの人気漫画でも購入できます。個人的にはほとんど半額で全巻大人買いをしていますね。

セールをうまく利用することが大事です。電子書籍購入サイトはこちらに詳しくまとめました。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...

漫画の読み放題サービスがあったら、漫画喫茶よりもそうとう安いことになります。漫画喫茶は1時間ごとだけど、電子書籍の漫画読み放題サービスは月額です。だから、何かのキャンペーンでやるせによ、なんでもかんでも読み放題にはならないんじゃないかな、という気がします。というか、半額で全巻買った方がいいかなと思っています。

小説読み放題サービス比較、個人的におすすめなのは?

小説読み放題サービスですが、そもそも一気に冊数を読めるものでもなく、小説自体がそれほど高いものではありません。hontoやdmm電子書籍などをうまく利用するれば、3割〜半額で購入できますから、普通に買ってもいいかもしれません。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...

小ネタで情報を提供すると、他には携帯小説読み放題サービスとして、星の砂文庫があります。

星の砂文庫の公式サイトと特徴

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク