table of contents plusのジャンプ先の位置がずれるため、アンカーの調整をしました。

シェアする

wordpress001

小ネタです。table of contents plusのジャンプ先の位置がずれるため、アンカーの調整をしました。その他、フォントサイズや行間など細かい調整を行いました。

table of contents plusのwordpressサイト

目次を自動で生成する、強力でユーザーフレンドリーなプラグインです。 全てのページとカテゴリーリストを表示するサイトマップも出力することができます。
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

table of contents plusのアンカーを綺麗にあわせる方法

ジャンプすると、見出しの下にあわさります。 見出しのマージンなども見出しにより、違うため調整が必要ということですね。

初期値の30はWordpressのツールバーの高さのようです。

「Enable smooth scroll effect」をチェックしていると 上級者設定の方に「Smooth scroll top offset」という項目が追加されます。 オフセットが調整できるわけですね。^^

面倒くさいので、基本的に英語で使っているのですが、日本語化した場合

「スムーススクロール」をチェックしていると、 上級者向けの「スムーススクロール先の余白」が追加されています。

移動中にユーザーがマウスをまわす可能性もあるため、多少ゆとりを持って設定した方がいいかもしれません。

あとキャッシュ系のプラグインを利用していたらキャッシュをクリアすること。

スポンサーリンク

table of contents plusの行間

ついでにtable of contentsの行間も調整すると綺麗に見えます。 設定にはないため、cssに追加ですね。

/* table of contents plusの行間 */
#toc_container li {line-height: 1.8;}

table of contents plusのフォントサイズのcssが効かない

通常、プラグインの管理画面からフォントサイズを指定すれば終わりですが、とあるテーマでフォントサイズのcssが効かない状態になりました。結局、スタイルシートで直接書き換えました。

.toc_list a {
	font-size: 22px;
	line-height: 1.8;
}

また、上級者向けの設定に、

CSS除外 プラグインのCSSを読み込まない場合チェックを入れてください。

のチェックボックスもあります。こちらチェックを入れると、背景や中央寄せも消えて1からcssをカスタマイズできるようです。

このプラグインは設計が美しく、ほんとすごーくよくできていると思います。^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク