Googleドライブの利用規約の解釈と広報の反応

シェアする

it001

Googleドライブの利用規約を簡単に調査してみました。
公式の利用規約とあわせて広報の反応をみるとわかりやすいのではないかと思います。

NAVERまとめのGoogleドライブの解釈は恣意的

Googleドライブを利用してファイルをアップすると、ファイルの利用権をGoogleに与えることになる、と結構、有名なサイトにも書かれていました。NAVERまとめでも、

Google Driveの利用規約がヤバ過ぎる – NAVER まとめ

話題になっていまいたね。ただ、NAVERまとめってクオリティがいまいちなものが多く、

すぐにはてぶでは、恣意的な編集であると指摘されていましたね。基本的に一次情報である利用規約を読み直すのが正しいと思いますが、利用規約がいまいちわかりにくい人がいるかもしれません。最近、利用規約が変更されたかは調べていませんが、最新のものを見ればいいと思います。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

Googleの広報の反応

Googleの広報に確認した記事がこちらにありましたね。

そこでGoogleの広報に確認しました。

基本的に、ユーザーが「公開」の設定にしているものでなければ、PicasaであろうとGoogleドライブであろうと、Googleはユーザーのコンテンツを一般にさらすようなことはしません。

Googleサービスの「ライセンス付与」について確認してみました:海外速報部ログ:オルタナティブ・ブログ

Googleドライブはdropboxと違い、ファイルごとに権限が設定できるため、このような規約になっているのだ、とざっくりと解釈しました。
まあ、普通に考えて非公開設定のものをGoogleが勝手に使うことはありえないでしょう。

そんなことしたら大混乱なので、世界のGoogleがそんなことすらわかっていないことはないでしょう。
ただ、googleはIT企業にありがちな若干説明不足な会社という気はしますね^^;

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク