1tbのssdにmacbook air 2015 2014 2013 2012を交換・換装する方法

シェアする

apple001

macbookは13インチと15インチになり、11インチが廃止されますね。 11インチの1tbをだしてくれないのなら、もはや現行機を1tbにアップグレードするしかありません。もしくはmacbook proに移行するかですね。

macbook air 2013年、2014年、2015年のモデル1tb ssdの換装

macbook air 2013以降の1tb ssdが2016年3月ごろに発表され アマゾンなどでいつ取り扱いになるのかに注目してました。

久々にアマゾンで検索したら、なんと5月から取り扱い開始したみたいです。

しかし熱が…まいりました。。^^;、MacBook Air (11-inch, Mid 2013) なので、Macbook air 2012じゃないのが辛いですね…。

アマゾンと、あと秋葉館でも取り扱いはあるみたいです。「OWC Aura SSD」で検索しましょう。
秋葉館オンラインショップ

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

macbook air 2012年以前のモデル1tb ssdの換装

ちなみに、macbook air2012の場合は、トランセンドジャパンが評判がよいみたいですね。 Jetdrive SSDは大容量960GBです。こちらはアマゾンにすでにレビューが豊富で安心感がありますね。

公式情報:http://jp.transcend-info.com/apple/jetdrive/

買い替えなどは間違えないようにご注意ください。

スポンサーリンク

macbook air 11インチ 廃止はめちゃ困る

11インチは持ち運びにちょうどいいサイズですし、Photoshopもギリ使えるサイズです。

もはやmacを捨てて、vaioなどwindowsに移行する方法もありますが、 xcodeなどを利用するiosの開発者はwindowsに移行もできなく、どん詰まりな感じです。

mac book proはスパックとサイズと重さ次第と考え、発表までまってました。

後日談…結局 mac book pro 13インチを購入

追記です。OWC Aura SSDの評判がよくないため、結局 mac book pro 13に乗り換えました。

発表された日にポチりました。

決め手は思ったほどサイズが変わらなくなっていたからでしょうか。特に横幅が変わらなくなっており、
mac book air 30 cm → mac book pro 30.41 cm カバンに入ると。^^
mac book air 19.2 cm → mac book pro 21.24 cm 奥行きはちょっと変わりますが、奥行きなら関係ありません。

デメリットとしては

軽くなったとはいえ、macbookair11インチと比較すると、ちょっと重たくなりました。。1.08 kg → 1.37 kg。体感的にも重たくなったのがわかります。。
重さだけみると、macbook early12インチが1kgきり軽くていいのですが、500gbで最低1tbを望むため条件に当てはまりませんした。早くこの軽いのが1tbにできるといいんですけど。数年後はこちらに乗り換えるかもしれません。

そして、残念なことにリンゴマークが光りません。

そのかわり得たメリットとしては、cpui7、メモリー16gb、ssd1tbになりました。すべて最大限カスタマイズしていますけど…。

もはや500gbでは足りなく、かなりやりくりしている状態だったので、特に1tbは嬉しいですね。性能重視でcpuなどにお金をかけるようにしてTouch Bar非搭載モデルにしました。

スポンサーリンク

macbookのカスタマイズモデルを安く購入する方法

秋葉館でカスタマイズモデルが安く買えるという情報もありましたね。法人もしくは個人でも個人事業主ということにすればOKらしいです。「mac本体 > 新品mac本体」でいけます。
秋葉館オンラインショップ

ヨドバシカメラ等の大手家電量販では、カスタマイズモデルの取り扱いはありません。
ビックカメラはあるみたいな話も聞きましたがカスタマイズモデルはポイントがつかないため意味なしです。

今は秋葉館でも取り扱いがあるみたいですけど、発表日はなくちょっと急いでいた事情もあり、
個人的にはapple storeで購入しました。

mac book pro 2016の場合、変換コネクタ・ケーブルも必要に

mac book pro 2016の場合、電源も含めUSB Type-C(Thunderbolt 3)が2つしかついていないため、変換コネクタやケーブルが追加が必要になります。こちらに詳しくまとめました

macbook proのUSB Type-C(Thunderbolt 3)からType-Aの変換コネクタ

dropboxとノートpcで構築するバックアップ構成

ちなみに、PCとクラウドの環境は次のような感じですかね。1tbで環境をで揃えたいです。 仕事を円滑にするためなので、かなり投資はしています。

  • dropbox pro 1tb
  • windowsバックアップノート1tb(格安pc)
  • windowsノートメイン1tb → 現在ペンつきのものに移行を検討中。すでに販売されているVAIO Z Canvasか、surfacebookの1tbでてほしいな。ワコムのCintiq Comlianion 2の次も1tbを期待したいですね。
  • macbook air 11インチ 500gb → macbook pro 1tbに移行

dropboxのバックアップの仕組みはこちら
決定版クラウド(Dropbox Pro )とローカルで丸ごと2重バックアップを実現!

mac book airが1tbになればdropboxの選択型同期なんかを使わず、すべて1tbでシンプルに使えます。 ssdの2tbもでてくるといいな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク