「Simple Author Box」の使い方・CSSのカスタマイズ | WordPressのプラグイン

シェアする

wordpress001

Simple Author Boxの使い方・CSSのカスタマイズの覚書を残しておきます。

プロフィールを表示するプラグインで重視するポイントとSimple Author Boxを採用した理由

プロフィールを表示するプラグインは実にたくさんでています。11個以上です。詳しくはこちらです。

Wordpressで記事下にプロフィール(投稿者)のアバターを表示するプラグインまとめ
Wordpressで著者情報(プロフィールの作り方)を調べました。記事下にプロフィール(投稿者)のアバターを表示するのに必要なプラグインをま...

下記の3点を吟味してSimple Author Boxを採用しました。

  • プラグインの設定のわかりやすさ
  • プロフィールなので見栄えのよさ
  • 最新の記事はいらない

わりと使っている人も多そうです。

Fancier Author Boxも有名なようですが、最新の記事はいりません。あとはデザイン的な好みでしょうか。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

Simple Author Boxの使い方

使い方が書いているサイトはたくさんあるため、適当に探しましょう。こことかわかりやすいです。

WordPressで記事の著者情報を簡単に表示させることができるプラグイン「Simple Author Box」を紹介します。手軽に表示できるのはもちろん、見栄えも設定項目を使うことでCSSなどを弄らなくても簡単に変更することができます。

すでに詳しく説明されているため詳細は書きませんが、General optionsだけ設定すれば、基本的にOKです。あとはカラーとフォントなどです。

スポンサーリンク

Simple Author Boxのcssカスタマイズ。名前のリンクを無効にする

名前はリンクされますが、あまり使わないような気がしまして、リンクを無効化することにしました。

/*Simple Author Boxの執筆者名のリンクを無効化*/
.saboxplugin-authorname a{
	pointer-events: none;
	color: #000;
}

親要素でpointer-eventsを指定してリンクを飛ばないようにします。リンクが飛ばなくなるため色もついでに黒にしておきます。

クラス名はソースコードをみればわかります。

Simple Author Boxに加えて画像表示にsimple local avatars、セキュリティ対策のために必要なEdit Author Slugも必要

Simple Author Boxに加えて画像表示にsimple local avatars、セキュリティ対策のために必要なEdit Author Slugも必要です。。詳しくはこちらです。

Wordpressで記事下にプロフィール(投稿者)のアバターを表示するプラグインまとめ
Wordpressで著者情報(プロフィールの作り方)を調べました。記事下にプロフィール(投稿者)のアバターを表示するのに必要なプラグインをま...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク