致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。

Wordpress

WordPressエラーの覚書です。

致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。

致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。

functions.phpを編集するときなどにでます。

WordPress4.9から厳しくなったようです。wp-admin/includes/file.phpをコメントアウトする方法が紹介されていますが、その方法は採用しませんでした。

なぜならWpのエディタが使いにくいからです…。いい機会なのでそろそろ替え時かなっと。

Transmit(Mac用)というFTPソフトでサーバーのファイルを直接VsCodeを直接ひらく方法を採用しました。普通に関連づけがあれば開けるはずです。個人的にTransmitとVsCodeが好きなので使っていますが、もちろん他のFTPソフトとエディタでもOKです。編集して保存すれば反映されます。

VsCodeのPHP対応はこちらの記事をみてください。

Transmitの記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました