ワードプレスのサイトマップ(目次)の作り方、プラグイン3選比較。でもおすすめはない!

WordPressのサイトマップのプラグインを検討していたのですが、結局やめました^^;。
しかし、プラグインなしのコードで実装したのか、といえば、そうではなく、他のプラグインを使っています。

サイトマップのプラグインを使わない理由

サイトマップのプラグインを使わない理由はいろいろとありますが、
個人的に必須な条件を満たしていません。

個人的に除外設定はもちろん、記事のソートと表示件数の制御は必須の機能かな、と思います。

  • 投稿記事と固定記事の除外設定。投稿記事は、個別記事とカテゴリの設定があること
  • 記事数が増えると、表示件数を制御したくなる場合がある
  • 記事数が増えると、並べ替えがしっかりできないとユーザビリティを損なう

それに加えて、カテゴリごとにちょっと説明文を入れたい場合もあります。
ここまでしないと大抵、みにくい目次ができあがります。

ちなみに、このサイトは真面目に目次を作成していないので、ご容赦ください。(^^;

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

wordpressのサイトマップを作成するプラグイン3選

一応、調べたため、サイトマップのプラグインで比較的よさそうなものを3つほど紹介します。
並べ替えや除外設定を重視して探してため、一応、できるものもあります。

個人的には全ての条件を満たしていなかったため、採用を却下しましたが、
とりあえず、サイトマップが作れればなんでもいいんだ、という人は使ってもいいかもしれません。

The best HTML5 sitemap available for WordPress! No setup required. Flexible customization options available.

Simple Sitemapは日本であまり紹介されていないプラグインですが、
固定ページの除外や並べ替えができて、わかりやすいプラグインです。
投稿記事の除外カテゴリが指定できないのがデメリットです。
もちろんダイレクトにコードをいじればできます。

Table of Contents Creator automatically generates a highly customizable dynamic site wide table of contents that is always up-to-date.

Table of Contents Creatorは昔使っていてなかなかよかったのですが、
更新されていないのがデメリットです。更新されていないプラグインはセキュリティ的にもちょっと心配ですよね。

なんで紹介したのかといえば、よいプラグインなのに、あまり使っている人がいなかったため、ちょっと記念に(^^;

Auto generator of a customizable and designed sitemap page.

PS Auto Sitemapは、1番有名のため、使っている人もそれなりにいそうです。
除外カテゴリの設定はできますし、並べ替えはデフォルトの機能にはありませんが、
Wordpressの設定や他のプラグインと組み合わせれば、それなりにできます。

しかし、やっぱり最後の方法と比較すると、柔軟性にかけます。

スポンサーリンク

サイトマップ作成のおすすめな方法

ご存知の方も少なくないでしょうが、オススメ方法は、List category postsです。

使い方はこちらです。

List category postsのカスタマイズとショートコードの使い方(記事一覧生成プラグイン)
wordpressのカテゴリやタグの記事一覧を作成するプラグインList category postsのカスタマイズやショートコードをまとめ...

カスタマイズが自由で思い通りのサイトマップが作成できるいう理由が大きいです。

カテゴリのリストを作るプラグインなので、サイトマップのプラグインとして紹介されることは少ないかもしれません。

でも、カテゴリ全部並べればサイトマップです。

サイトマップの作り方は、多少、面倒に感じる人がいるかもしれませんが、実際は大して面倒ではありません。

カテゴリなんて10個もない人がほとんどでしょう。
1行書いてコピペー、必要なパラメーターを変えるだけなので、簡単なものなら5分もあれば作れます。

だったら、これでいいじゃん、と。

カテゴリの除外もソートも表示件数の制御もOKです。
間に説明文を挟むことも可能なため、必要な機能を全部満たしています。お勧めです^^

結局、サイトマップのプラグインは制御しずらいという話でした。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク