WordPressで記事下にプロフィール(投稿者)のアバターを表示するプラグインまとめ

シェアする

wordpress001

WordPressで著者情報(プロフィールの作り方)を調べました。
記事下にプロフィール(投稿者)のアバターを表示するのに必要なプラグインをまとめておきます。

スポンサーリンク

プロフィール(投稿者)のアバターを表示するプラグインまとめ

実はたくさんでています。

  • Fancier Author Box by Themato Soup
  • Fanciest Author Box
  • Sexy Author Bio
  • Starbox – the Author Box for Humans
  • WP About Author
  • WP Biographia
  • Simple Author Box
  • Author Box Reloaded
  • Custom About Author
  • Author Box Plugin with Different Description
  • Co-Authors Plus

見栄えなどはこちらのサイトが参考になるでしょう。

11 of the Best WordPress Author Bio Plugins

他にもPHPなどのWeb技術に解説されているサイトです。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

コードで実行するか否か

もちろん、コードで実装してもよいのですが、
表示部だけではなく、複数人で運営してソーシャルメディアなども対応させることになるとちょっと面倒そうでした。
よさそうなプラグインがたくさんでていたため、プラグインを採用しました。

スポンサーリンク

プロフィールを表示するプラグインで重視するポイントとどれを選んだのか

結局、個人的にどれに選んだのか、という点ですが、

  • プラグインの設定のわかりやすさ
  • プロフィールなので見栄えのよさ
  • 最新の記事はいらない

この3点で吟味してSimple Author Boxにしました。
わりと使っている人も多そうです。

使い方が書いているサイトはたくさんあるため、適当に探しましょう。
こことかわかりやすいです。

WordPress:記事の著者情報を簡単に表示できる「Simple Author Box」 | NxWorld

あわせて必要なsimple local avatarsというプラグイン

実は、好きなアバターを画像を使うため、もうひとつのプラグインが必要です。そうじゃないとWordpressのGravatarに登録するという面倒なことになります。。

WordPress › Simple Local Avatars « WordPress Plugins

Simple Local Avatarsの使い方や同一メールアドレスで管理する方法はこちらの記事をみてください。
WordPressでユーザープロフィールの画像を追加・表示するカスタマイズまとめ

《実は3つ必要!?》セキュリティ対策のために必要なEdit Author Slugというプラグイン

プロフィールを表示すると、著者のUrlがバレバレになります。
そうでなくてもバレバレになっている場合があるので、注意は必要ですが…。

著者のUrlがばれると何がまずいのか、といえば、Wordpressのログインidがばれます。
つまり、adminにしているのとなんら変わりなく、あとはパスワードさえ総当たりで調べてやぶられれば…。

という怖い展開になってしまうわけですね。

このプラグインは任意のアドレスにしてあげるプラグインです。
偽のアドレスを表にだして、WordpressのログインIDが表にでない工夫ですね。

WordPress › Edit Author Slug « WordPress Plugins

他にも類似プラグインに

  • SF Author Url Control
  • WP Author Slug

がありますが、有名なのはEdit Author Slugです。

作成方法はやってみると、わりと簡単です。
ただ、3つもプラグインが必要なんて、ちょっと面倒ですが、やっぱ3つとも使うといいかな、という気がします。

WordPressの複数人管理(外注)は管理者権限を寄稿者にする!?

詳しくはこちらの記事をみてください。
WordPressの複数人管理(外注)は管理者権限を寄稿者にする!?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする