WordPressのアイキャッチ画像を外部urlで指定するプラグインまとめ(ダウンロードなしの方法)

シェアする

wordpress001

WordPressのアイキャッチ画像を外部urlで指定する方法を調査してみました。いろいろと便利そうなので。
メディアライブラリに追加するのではなく、ダウンロードせず画像を指定したい場合ですね。

スポンサーリンク

WordPressのアイキャッチ画像を外部urlで指定するプラグイン

いくつかプラグインがでているようです。

  • Remote Images Grabber(更新なし)
  • WP Remote Thumbnail
  • Nelio External Featured Image

WP Remote Thumbnailより、Nelio External Featured Imageの方がいいよ、
みたいなのは海外で結構見かけましたね。

WordPress › Nelio External Featured Image « WordPress Plugins

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

プラグインの使い方

使い方はほとんどのプラグインが共通しています。
投稿画面で外部URLを指定するだけなので、簡単なのですが、
ただ、問題はテーマによりうまく表示できないケースがあるようです。

スポンサーリンク

Nelio External Featured Imageの使い方

個人的にたどり着いたのが、Nelio External Featured Imageです。
Nelio External Featured Imageの使い方も同様です。
アドレスを指定すると、Wordpressの投稿の管理画面からその画像が確認できるようになります。

ただし、これだけでは表示されません。スタイルシートに次のコードを追加します。

/* 外部urlのアイキャッチのサイズを指定*/
img.nelioefi {
	min-width:590px;
}

より詳しく知りたい方は…公式のFAQで。

参考
WordPress › Nelio External Featured Image « WordPress Plugins

アドレスを確認すると、data:image…の作りになっていますね。

すでにアイキャッチ画像を利用している場合や指定している場合、かぶって表示されないため心配しなくてOKです。
最優先されるようです。

Default Thumbnail Plusというプラグインを使っていても、それより優先されて表示されます。
Default Thumbnail Plusの優先度まとめ

ちなみに、人気記事のサムネイルは元の画像がそのままになります。あくまでアイキャッチを指定するということですね。

altの指定も可能です。

コードの実装する場合の参考資料

Stack Overflowが1番参考になりましたね。この人はコードで解決した人ですね。
wordpress featured image from external url without download – Stack Overflow

ただし、今回はプラグインにしたためテストせずの情報提供のみです。
ほかにもぐぐればいろいろとサンプルはでてきます。

ちなみに、Googleさんにお聞きするとき、
アイキャッチは英語でfeatured imageなので、お間違えなく。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする