英語・英会話・翻訳

【比較】Google翻訳とDeepL翻訳の精度の違い!どっち!?【論文は!?】

英語・英会話・翻訳

Google翻訳とDeepL翻訳の精度の違いを検証してみました。

ほとんどの人がDeepLの方がよいというのはかなり前から知っていたのですけど、自分の目で確かめたく!一応、昔、英語学習はしていたため英語学習者です。英会話喫茶なども行っていました。今も海外の取引先を抱えています。ただ、ベテランの方からみると初心者ですかね、きっと。

【比較】Google翻訳とDeepL翻訳の精度の違い!論文はどっち!?

  • 日本語はざっくりと整えておくとよいでしょう。
  • 特に主語を省略している場合が多いです。

日本語、Google翻訳、DeepL翻訳の順番で見ていきます。

マインドマップソフトエドラマインドのテキストを使ってみます。おすすめのマインドマップソフトです。

日本語

  • フリー版の制限は100トピックまでしか追加できません。
  • エクスポートはできません。HtmlやSVGに出力制限があります。PNGなど画像は出力できますが透かしが入ります。
  • ページスタイルのタブにある色の設定が使えません。
  • 虹の色のほか、補色や交互に色を配置する方法ができません。手書き風のスタイルもありますが、使えません。デザインに凝りたい人は残念です。
  • パスワードをかけるセキュリティ機能も使えません。

EdrawMindはそこまで高くないのでセールの時期に購入するとよいでしょう。

Google翻訳

  • The free version is limited to 100 topics.
  • Export is not possible. There are output limits for Html and SVG. Images such as PNG can be output, but watermarks are included.
  • I can’t use the color settings in the page style tab.
  • In addition to the colors of the rainbow, there is no way to arrange complementary colors or alternating colors. There is also a handwritten style, but it cannot be used. It’s a pity for those who want to be particular about design.
  • The security function that requires a password cannot be used.

EdrawMind is not that expensive, so it’s a good idea to buy it when it’s on sale.

DeepL翻訳

  • The free version is limited to adding up to 100 topics.
  • Exporting is not possible; Html and SVG output is limited; PNG and other images can be exported but will be watermarked.
  • The color settings on the page styles tab are not available.
  • You cannot use the colors of the rainbow, complementary colors, or alternating colors. There is also a handwriting style, but it is not available. This is a pity for those who want to elaborate on the design.
  • The security feature to put a password on the page is also not available.

EdrawMind is not that expensive and should be purchased during sale times.

スポンサーリンク

【まとめ】Google翻訳とDeepL翻訳の精度の違い!どっち!?

結論をいうと、すべてにおいてGoogle翻訳が劣っている気がしました。これだけ違いがあると論文うんぬんはいうまでもなく、基本的にDeepLを使った方がよいです。

  • Google翻訳は回りくどいのに対して、DeepLはいい感じに補完してくれる
  • 主語や単語選びもそれなりに適格。日本語がわりと適当にもかかわらず…。

Googleを超える開発会社の出現は喜ばしいことではないでしょうか。

さらに、DeepL翻訳で翻訳したものをGrammarlyで整えるといい感じになります。

自動翻訳のおすすめ本

著:坂西 優, 著:山田 優
¥853 (2023/05/04 16:16時点 | Amazon調べ)
著:西山 聖久
¥2,200 (2023/05/04 16:18時点 | Amazon調べ)

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント