初心者向けgitの使い方・入門書籍(Sourcetree*Bitbucketのおすすめ本)

シェアする

program003

以前(2008年ぐらいまで)はsubversion(svn)ユーザーでしたが、現在はgitを利用しています。覚書がてらまとめていきます。

コマンドを覚えるかSourcetreeのソフトを使うか

Gitはコマンドで使う方法とgui、要はソフトウェアをインストールして使う2つの方法があります。Sourcetreeというソフトウェアはよくできているため、最初はソフトウェアを導入した方がとっつきやすいでしょう。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

Sourcetree*Bitbucketなら無料で非公開リポジトリが持てる

Web上のリポジトリ(ソースコードやファイルの貯蔵庫)としてGitHubとBitbucketのどちらを使うか迷うことになるかと思いますが、GitHubは非公開リポジトリが有料なのに対して、Bitbucketは料金が無料だったためこちらを採用しました。基本的におおやけにしたいものではないため非公開は個人的に必須です。SourcetreeとBitbucketの開発会社が一緒だったことも理由にあげられます。

スポンサーリンク

SourcetreeとBitbucketの環境下でおすすめのgit書籍

電子書籍は1冊買っただけです。Sourcetree*Bitbucketの組み合わせになると、この1冊しかありません。ちょうど評判もいいため、これでいいのではないでしょうか。電子書籍と1番使えそうなwebの情報を組み合わせで基本的な知識はだいたい習得できて導入できます。

最近はキンドルよりも他の電子書籍ストアが安いため利用することが少なくありません。

電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...

動画で学習するならudemyがおすすめです。udemyはgitの動画がたくさんあります。

udemy(ユーデミー社)の口コミ・評判。セールはいつどのぐらいの期間なの?
udemyは日本に上陸する前から知っていたユーデミ ユーザーです。udemyとは動画学習サイトです。個人的にはグラフィックやプログラミングの...

最近はプログラミング学習サイトでも教えているようですね。

エンジニア未経験の方に!オンラインのプログラミングスクール・サービスまとめ(プログラムの学習サイトの動画もあり)
エンジニア・プログラマーになりたい人のために、プログラミングサイトやスクールをまとめてみました。 個人的にはwordpressのph...

Sourcetree*Bitbucketのgitの使い方

gitの使い方を解説したサイトは腐るほどあり、10サイト以上ピックアップして多少は見たのですが、結局、下記がわかりやすくチュートリアルとしてよくまとまっていました。最終的にこちらのサイトどおりにやって把握するのが早いという結論になりました。ありがたいサイトです。

SourceTreeを使ってGitの使い方を説明します。コマンドは一切使いません。これを機に覚えてみませんか?UnityプロジェクトをGitで管理する方法も説明します。

Web開発者ももちろん参考になりますが、アプリ開発者の場合は最後にunityの解説もあるため助かります。とはいえ、まずは使うにあたりソフトのインストールとアカウントの登録です。

Sourcetreeでエクセル(Excel)やバイナリのマージの解決

使い方は上記のサイトをみればOKですが、エクセル(Excel)やバイナリのマージをどうするのか?一瞬迷ったためめもしておきます。
古いファイルを採用するか、新しいファイルを採用するかの2択です。テキストファイルを開いて手で修正はできません。

ビックリマーク(!)を右クリック > 競合の解決 > ”自分の変更”を使って解決(要はmaster)

プルして衝突になった場合、プルしたデータを捨てて自分のデータを採用します。

ビックリマーク(!)を右クリック > 競合の解決 > ”相手の変更”を使って解決(要はsub)

プルして衝突になった場合、自分のデータを捨てて、相手が更新したリモートのデータを採用します。

Sourcetreeの~lockファイル

~lockファイルって何だろう、と一瞬思ったのですが、lockファイルはファイルが開いているだけでした。

~lock.test.xls

ならエクセルファイルを閉じればいいだけですね。

SourceTreeのmacとwindowsのインストール

Sourcetreeはmac版もwindows版もあり、こちらからダウンロードしてインストールできます。サイトもある程度日本語化されています。

SourceTree は、Windows および Mac 向けの無料の Mercurial および Git クライアントです。ご使用の Hg および Git リポジトリにグラフィカルインターフェイスを提供します。

特に難しいことはありませんでしたが、Atlassian(SourcetreeとBitbucketの開発会社)のアカウント登録が必要です。バージョンアップを繰り返していることもあり、古い記事をみるとフローが変わっているためあまり役に立ちません。。やってみてわからなかったら調べる方が早いでしょう。

Bitbucketの登録

Bitbucketの登録はこちらからできます。Sourcetreeと共通のアカウントでOKです。

Collaborate on code with inline comments and pull requests. Manage and share your Git repositories to build and ship software, as a team.

Bitbucketの容量制限に注意

Bitbucketを導入する前にまず調べたのが容量制限のことです。まあ、無料で使えるものが制限がなかったら、それはそれで怖いですからね。当然のことでしょう。公式サイトにのっています。

Soft limit 1 GB: At this point we let you know you’re getting to the higher end of an effective repository size and you might want to perform maintenance to keep from hitting the hard limit.
Hard limit 2 GB: This is essentially a repository size stop sign we’ll limit what you can do until you reduce your repository size.

1gbでソフトな制限がかかり、 2gbでハードな制限がかかります。Sourcetreeで大きなファイルをコミットしようすると警告もでます。

あらかじめどのようにバージョン管理するのかよく検討した方がいいでしょう。

個人的にはプログラムなど軽いファイルのみにとどめ、photoshopなどのpsdはもちろんドキュメントはバージョン管理からもちはずしています。特にデザイナーやプランナーは要注意ですね。

大きなファイルのバックアップとしては、dropboxで十分かなという気がしています。

決定版クラウド(Dropbox Pro )とローカルで丸ごと2重バックアップを実現!
現在、Dropbox Proで丸ごと2重バックアップしています。 ローカルとクラウドの両方に同じファイルを置いています。今回はうちのPC環境...

中にはdropboxではなくドキュメント等はsvnと併用して管理している人もいるようですね。

subversionとgitの1番の違い

subversionとgitの違いはいろいろあるのですが、gitはネットを接続せずローカルでバージョン管理できるのが大きいな、と思いましたね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク