フォトショップ・Adobe creative cloudを安く買う方法(通信講座も比較)

アート

Adobe製品を安く買う方法まとめです。

フォトショップ・Adobe creative cloudを安く買う方法

Amazonと公式サイト、どちらがいいのかですが、セールの状況によります。ただし、公式サイトの方が柔軟に期間が選べるため、基本は公式サイトでいいでしょう。

それに加えて、法人は無理ですが、個人の方は通信講座にAdobe creative cloudをつける方法があります。商用利用もできます。ただし、Photoshop単体などは無理なため、その場合はAmazonや公式になりますね。

スポンサーリンク

Adobe creative cloudやフォトショップを安く買う

Adobe公式サイトのセールの時期

Adobeの公式サイトでもセールをやっている場合があります。

フォトプランはPhotoshop単体よりお得です。

すべてのプラン > フォトプラン

ただし、フォトプランは年間契約しか選べないため単月や数ヵ月契約したい場合は個々のプランを選びます。

Photoshopは写真加工に便利ですが、お絵描きもできます。

Photoshop

Illustratorはイラストやロゴを制作するのに便利です。

Illustrator

XDはアプリ開発によく使われますよね。Webサイト、アプリなどデザインできるツールです。UIUXのデザイナーやWeb系デザイナーが使われています。エンジニアでも個人開発する際に使われている方もいるようです。

Adobe XD

AmazonでAdobeのセールの時期

Amazonは11月だけではなく、新生活の3月にもセールをやっていた時期があります。

では、今セールをやっていなかったらどうしましょう。セール待ちは意外としんどいですよね。

スポンサーリンク

adobeの通信講座比較(Adobe Creative Cloud付き)

adobeのスクールパートナープログラムとは(個人のみ/法人NG)

ご存知の人のご存知でしょうが、昔からAdobeのパートナースクールがあります。

いわゆる通信講座なのですが、他と違うのはAdobeのソフトがついてくること。そして、個人でも商用利用が認められるため、セールのタイミングを逃したなどの理由から利用される方がいます。

実質、Adobeのライセンス目的でもよいということ!もちろん、動画学習教材としての利点もあります。はじめて使う人はソフトウェアの使い方の教材としても便利です。

デジタルハリウッド

「Adobeマスター講座」はデジタルクリエイティブに必須のAdobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を使えるパッケージプランです。

個人での商用利用OKのライセンスです。法人名義NG。必ず個人名義で申し込みしましょう。

学生・教職員個人向けライセンスといっても、講座を受講することでデジハリの学生となるため社会人の方でOK!

デジタルハリウッドは1994年の創立以来 デジタルクリエイティブ教育に力をいれている老舗です。アドビシステムズ株式会社より「プラチナスクールパートナー」に認定されています。そのためデジタルハリウッドの学生はAdobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)をお得な特別価格で購入できます。

  • Adobe Creative Cloudがあればグラフィックデザイン、WEBデザイン、映像編集などクリエィティブ全般が学べます。
  • 講座といっても課題や学習ノルマはありません。ただしデジハリ・オンラインスクールのお試し講座のようで視聴期間は申込みから1か月に限られるようです。
  • 学生以外の方が買うなら基本的に一番安い(同価格スクールもいくつかあります)!
  • 納品速度がどこよりも速い(他校は数日?1週間かかる)!
  • デジハリ生専用のオンラインストア利用可能。モリサワフォントやハードウェアも安くなる!(他校にはない)
  • デジハリの学生になるので受講後に仕事を紹介してもらうこともできる!
  • 卒業生10万人。オンラインスクール受講生は年間25,000人を超える。

教材はわかりやすいオンライン動画(他校はDVDだったりテキストだけ)。詳細は公式サイトで!

デジタルハリウッド

アドバンスクールオンライン

アドバンスクールオンラインはAdobeのプラチナスクールパートナーです。

Adobeの通信講座ですが、『オリジナル通信講座セット(Adobe Creative Cloud 学生・教職員個人向けライセンス付き)』がついてきます。Adobeのソフト目的で入る人も多いようです。

アドバンスクールオンライン

個人での商用利用OKのライセンスです。法人名義NG。必ず個人名義で申し込みしましょう。
  • 通信講座は課題や学習ノルマはありません。好きなタイミングで学習可能
  • 1年、2年、3年プランのコースから選べます。
  • 受講期間が1年間〜なので他社と比べても学習できる期間が長いです。
  • 学生版は通常版と同様のアプリケーションや機能を使用できます。
  • これからAdobeを始めたい方だけでなく、現役でAdobeCCを利用している方にもおすすめ。

アドバンスクールオンライン

商用利用できる

公式サイトに記載があります。

商用利用できますか?
A. 基本的に商用利用が可能です。

https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq09260038.html

スクールに関する記載もあります。

Q2. スクールの受講生(個人)が購入した学生・教職員個人版ライセンスの商用利用は可能ですか?
A2. 受講生個人として利用することは可能です。 

Q3. スクールの受講生(個人)が購入した学生・教職員版ライセンスの法人利用は可能ですか?
A3. いいえ、できません。購入者(この場合、受講生個人)が勤務または取引する会社、法人、団体または 事業体の業務のために利用することはできません。

https://www.adobe.com/jp/information/creativecloud/students/school-partner.html

プラチナが最大規模のためお得である可能性は高い気がします。

スポンサーリンク

Adobeは安い国はあるの?

海外版を使えば安く買えると考える人もいるかもしれません。

昔、小売店を通しているときはあったのですけど、サブスクリプションになった後、聞かなくなりましたね。オンライン販売もスクール販売もAdobeによりコントロールされているかもしれません。裏技的なものはなさそうです。ただし、Adobe以外のソフトを使う選択肢はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました