正規表現の最短マッチでurl置換(Search Regexでスラッシュをひっかける)

シェアする

program003

urlにカテゴリ名が挟まっていたのですが、任意のカテゴリ名を正規表現の置換で除去しました。覚書として残しておきます。

正規表現でurl置換(最短マッチでスラッシュをひっかける)

正規表現で次の置換を行います。

 http://aaa.com/tokyo/100
 http://aaa.com/kanagawa/101

↓上記を下記のようにしたいわけですね。

 http://bbb.com/100
 http://bbb.com/101

tokyoやkanagawaなどの任意の文字列をとる必要があるため正規表現が必要になります。検索するのにこれ!

 http://aaa.com/(.*?)\/

具体的に箇条書きで解説します。

  • まず基本の.*
  • . は任意の文字
  • * は繰り返し回数。この場合は0回以上。
  • バックスラッシュを使って任意の特殊文字をエスケープし、それを文字通り解釈するようにします。
  • ちなみに半角のバックスラッシュ”\”は、通常の日本語フォントでは半角の”¥”です。
  • バックスラッシュの半角の打ち方を調べる前に、¥でいいことを知っていればいいでしょう。
  • 括弧はなくてもいけますが、一応つけています。
  • はてなは最短マッチです。はてながないとアドレスが長い場合、最後尾のスラッシュを取得してしまいます。
 http://aaa.com/tokyo/100/hoge/hoge/

最短のスラッシュを取得するため最短マッチです。秀丸などのテキストエディタで置換する場合は、この正規表現でOKです。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

WordPressのプラグイン Search Regexの正規表現

WordPressのプラグイン、Search Regexの場合、|を入れます。

 |http://aaa.com/(.*?)\/|

あと、1番左のチェックボックスを有効にしないと正規表現になりません。管理画面をみればすぐわかります。

 http://bbb.com/head

後ほど、置換したアドレスをさらに修正したかったため、目印として個人的にheadという頭文字をつけました。

記事のエクスポートとインポートによりブログ移転をしましたが、内部リンクはすべてリンク切れしてしまうのですよね。その際にこのような正規表現の置換が便利なわけですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク