safari(ios)で効かない!?linear-gradientの使い方(transparentの透明度、斜め、%指定、蛍光ペンのマーカー)

プログラミング学習

css3のlinear-gradientを使うことにより、蛍光ペンのマーカーのような効果を作成できます。

linear-gradientの使い方

linear-gradientはもともとグラデーションの効果を作成する命令です。このlinear-gradientを使って蛍光ペンっぽいものを作ることができます。

linear-gradientの使い方(色と太さの関係)

もちろん、backgroundでもできますけど、これだとマーカーの太さを変えられないんですよね。
paddingで調整はできます。

.marker {
	background: #f8f8d0;
}

さて本題です。そこで、こんな風に書きます。

.thinmarker {
	background: linear-gradient(transparent 30%, #ffff66 30%);
	font-weight: bold;
}

.lime-thinmarker {
	background: linear-gradient(transparent 60%, #66FFCC 60%);
	font-weight: bold;
}

.water-thinmarker {
	background: linear-gradient(transparent 60%, #66ccff 60%);
	font-weight: bold;
}

transparentが透明度ですね。%は透明度ではなく、グラデーションの位置(高さ)です。
0%にすると、上まで塗ります。100%に近づけるに従って、塗りの面積が小さくなります。

同じパーセントにしているため、グラデーションはかかりません。

スポンサーリンク

iosやSafariで効かない!?transparentのグラデーションが黒くなる

transparentをrgbaに置き換えます。

.marker {
  font-weight: 900;
  background: linear-gradient(rgba(255, 255, 255, 0) 0%, #f0e68c 20%, #f0e68c 100%);
}

詳細はこちらの記事がわかりやすかったので割愛します。

スポンサーリンク

cssのグラデーションの斜めとパーセントで切る

たまに使うと忘れるためめも。

degが角度です。555 70%, #bfbfbf 70%のように、同じ位置に2つの色を指定するとlinear-gradientはパキッと色がわれます。

background: linear-gradient(180deg, #555 0%, #555 70%, #bfbfbf 70%, #bfbfbf 100%);

同じ位置に2つの色を指定しなければ普通にグラデーションになります。

  background: linear-gradient(
    90deg,
    transparent 0%,
    transparent 2%,
    #e9e3d5 12%,
    #e9e3d5 88%,
    transparent 98%,
    transparent 100%
  );

コメント

タイトルとURLをコピーしました