【firebase】firestoreのデータ取得(get)と追加(add/set/update)

おすすめのオンラインプログラミング学習

firestoreのデータ操作に関する覚書です。

firestoreのデータの追加/置換/更新(addとsetとupdateの違い)

  • addは追加。
  • setは追加・置換。
  • updateは特定のフィールドの更新。

サンプル。setとupdateを使うことが多い。.docは省略可だけど大抵入れます。

firebase.firestore.collection('Users').doc('userID').add({
  ID,
  name
})

firebase.firestore.collection('Users').doc('userID').set({
  ID,
  name
})

firebase.firestore.collection('Users').doc('userID').update({
  name, // 名前だけを更新
  text // テキストを追加
 })
スポンサーリンク

firebaseの全データを取得(vuexの場合)

vuexの場合。

const userRef = firebase.firestore().collection('users')

export const actions = {
  users({ commit }) {
    userRef
      .get()
      .then((snap) => {
        snap.forEach((doc) => {
          console.log(doc.id, '=>', doc.data())
        })
      })
      .catch((error) => {
        console.log(error)
      })
  }
}
スポンサーリンク

get()で単一ドキュメントのデータ取得

 const currentUser = firebase.auth().currentUser
    const docRef = firebase
      .firestore()
      .collection('users')
      .doc(currentUser.uid)

    docRef.get().then((doc) => {
      if (doc.exists) {
        console.log('doc.data()', doc.data())
        const name = doc.data().name
      }
    }
スポンサーリンク

データの削除

管理画面から個別にできます。

チェックボックスを1つ減らした場合は、とりあえずフロントの方をコメントアウトして切ってしまえば、それ以降のユーザーは追加できなくなります。あとはゴミデータを削除するか否かだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました