Gitのおすすめ本(入門書籍)!GithubとBitbucketの比較!

プログラミング

Gitのおすすめ本を紹介します
GithubとBitbucketのどちらがいいのでしょうか。

また、Github、Bitbucket、SourceTreeなどをノウハウの覚書もかねていきます。

githubとBitbucketの比較

以前(2008年ぐらいまで)はsubversion(svn)ユーザーでしたが、現在はgitを利用しています。SourceTreeとBitbucketからVSCodeとGithubにに乗り換えました。

Githubはマイクロソフトが買収し、その流れのせいかわかりませんがソースコードを非公開にできるプライベートリポジトリが無料になったことが大きいです。共有できるのは3人までです。

直接関係はありませんが、マイクロソフトのvscodeを使い始めたこともあります。

トレンドも完全に差がつきました。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

Gitのおすすめ本

Githubとvscodeの環境下でおすすめのgit書籍

SourceTreeとVSCodeはまだSourceTreeを使っている人も多いかもしれません。

ただ、SourceTreeがものすごく使いやすいわけでもなく、VSCodeはわりと気にいっていため、試しに使ってみたいなと。評判も悪くありませんでした。

また、VSCodeで一元管理したく、たまたま環境を作り直す機会があったため、その機会にお試しで。

マイクロソフトの中の人が書いた本があったため、試しに購入してみました。gitの使い方もかいてあり、文章がとてもわかりやすかったです。

他にはデバッグや設定などもいろいろと書かれています。マイクロソフトの本なのでやはりというかTypeScriptの解説はありましたが、言語とわずそれなりに使える本な気がします

SourcetreeとBitbucketの環境下でおすすめのgit書籍

Sourcetree*Bitbucketの組み合わせになると、この1冊しかありません。ちょうど評判もいいため、これでいいのではないでしょうか。電子書籍と1番使えそうなwebの情報を組み合わせで基本的な知識はだいたい習得できて導入できます。

gitの電子書籍を安価に買う方法

最近はキンドルよりも他の電子書籍ストアが安いため利用することが少なくありません。

電子書籍おすすめ徹底比較(2020) 漫画や小説で安いアプリ/サイトはどこ!?
2020年改めて電子書籍のおすすめサイトを徹底比較してみることにしました。電子書籍元年(2010年)から電子書籍ユーザーであり、はてぶ・いいねも充実している記事なので見ていってくださいね。 この記事とこの記事から分岐する記事で以下のこ...
スポンサーリンク

本以外のgithubの動画もある

udemyにはGitKrakenやコマンドラインなどの動画もあり

動画で学習するならudemyがおすすめです。githubの書籍は電子化されたタイミングはさておき、初版は古いものが少なくありません。udemyにはgitの動画がたくさんあります。

udemyのセールはいつで頻度は?ユーデミー社の口コミ
udemyが日本に上陸する前から知っていたユーデミユーザーです。英語の技術系コンテンツをよく買っていました。 udemyとは動画学習サイトです。個人的にはグラフィックやプログラミングの動画をお買い物をすることが多いですが、fxや株式な...

最近はプログラミング学習サイトでも教えているようですね。

【比較】安いオンラインプログラミングスクール/おすすめの無料プログラム教室は?
エンジニア・プログラマーになりたい人のために、オンライン版のプログラミングスクール比較していきます。初心者大人向けにおすすめで安いプログラム教室も紹介しますよ。 個人的にはブログを運営しているためwordpressのphpやcssもカ...

Github

Githubの公式

公式サイトはこちらです。

Build software better, together
GitHub is where people build software. More than 40 million people use GitHub to discover, fork, and contribute to over 100 million projects.

Githubの登録

登録方法は以下のとおりです。

  1. [Username]、[Email]、[Password] を入力して [Sign up for GitHub] のボタンを押す。
  2. ロボットでないことを証明する。
  3. [Next Select a plan] のボタンを押す。
  4. [Free](無料)か [Pro](有料) かを選ぶ。
  5. [Welcome to GitHub] ページで、プログラミング経験、利用目的、興味のあるキーワードを入力して [Complete setup] ボタンを押す。選ばなくてもスルーできる。
  6. メールアドレスにメールが送られてくるため、 URL をクリックする。続いてリポジトリの作成に入る

Githubフリー版と有料版の違い

Githubフリー版と有料版の違いです。

Free
$0
USD
The basics of GitHub for every developer
Unlimited public repositories
Unlimited private repositories
Limited to 3 collaborators for private repositories
2,000 total Action minutes/month
See pricing details
500MB of GitHub Packages storage
See pricing details
Advanced vulnerability scanning for public repositories
Automated security updates
GitHub Security Advisories
Issues and bug tracking
Project management
Pro
$7
USD
Per month
Pro tools for developers with advanced requirements
Includes everything in Free
Unlimited collaborators
3,000 total Action minutes/month
See pricing details
1GB of GitHub Packages storage
See pricing details
Private GitHub Pages and Wikis
Private protected branches
Code owners
Repository insights

有料版と無料版の違いは、共有できる人間が3人が大きいでしょう。

他にはアクションできる回数が2000から3000に、ストレージ容量が500MGから1GBに、GitHub PagesとWikiが利用可になることでしょうか。

githubのリポジトリの作り方

リポジトリの作り方は以下のとおりです。2回目以降は + アイコン >New repositoryでその画面に移動します。

  • リポジトリ名を入力する。
  • Initialize this repository with a README:READMEを作成するか否か。後から作れるため未チェック。
  • Add .gitignore:git で無視するファイルを指定するファイル。後から作れるためNone
  • Add a license:ライセンス設定。後から作れるためNone
  • [Create repository] でリポジトリを新規作成する。

githubのリモートリポジトリを共有用に新規でわける

外注さんなどの都合で、たまにリモートリポジトリを分けたいときがあります。

前提の作業として、github上で新規のリポジトリを作成しておきます。

あとはvscode上で確認します。

git remote -v

紐づけるリモートリポジトリのurlを変更します。

git remote set-url origin https://github.com/USERNAME/REPOSITORY.git

再び確認すると変わっています。

git remote -v

もっと詳しくみたかったら、configファイルを確認します。

cat .git/config

メールアドレスと名前を確認したい場合はこちらのコマンドで。

git config --list

あとはステージング、addはgui上でやって最後はgithubにプッシュしましょう。

git push -u origin master

-uは推奨されています。詳しくは調べてみましょう。

githubのリモートリポジトリの削除

github上でいらないリモートリポジトリは削除します。

Settings > Danger Zoneの[ Delete this repository ] > リポジトリ名を入力して[I understand the conequences, delete this repository]

リモートリポジトリが削除されるだけで、ローカルリポジトリを削除したい場合は別途、削除の作業が必要です。
スポンサーリンク

SourcetreeとBitbucketのノウハウ(過去記事)

コマンドを覚えるかSourcetreeのソフトを使うか

Gitはコマンドで使う方法とgui、要はソフトウェアをインストールして使う2つの方法があります。Sourcetreeというソフトウェアはよくできているため、最初はソフトウェアを導入した方がとっつきやすいでしょう。

Sourcetree*Bitbucketなら無料で非公開リポジトリが持てる

Web上のリポジトリ(ソースコードやファイルの貯蔵庫)としてGitHubとBitbucketのどちらを使うか迷うことになるかと思いますが、GitHubは非公開リポジトリが有料なのに対して、Bitbucketは料金が無料だったためこちらを採用しました。基本的におおやけにしたいものではないため非公開は個人的に必須です。SourcetreeとBitbucketの開発会社が一緒だったことも理由にあげられます。

Sourcetree*Bitbucketのgitの使い方

gitの使い方を解説したサイトは腐るほどあり、10サイト以上ピックアップして多少は見たのですが、結局、下記がわかりやすくチュートリアルとしてよくまとまっていました。最終的にこちらのサイトどおりにやって把握するのが早いという結論になりました。ありがたいサイトです。

【連載Git入門目次】ほんとは簡単?SourceTreeでGitを始めよう!
SourceTreeを使ってGitの使い方を説明します。コマンドは一切使いません。これを機に覚えてみませんか?UnityプロジェクトをGitで管理する方法も説明します。

Web開発者ももちろん参考になりますが、アプリ開発者の場合は最後にunityの解説もあるため助かります。とはいえ、まずは使うにあたりソフトのインストールとアカウントの登録です。

Sourcetreeでエクセル(Excel)やバイナリのマージの解決

使い方は上記のサイトをみればOKですが、エクセル(Excel)やバイナリのマージをどうするのか?一瞬迷ったためめもしておきます。
古いファイルを採用するか、新しいファイルを採用するかの2択です。テキストファイルを開いて手で修正はできません。

ビックリマーク(!)を右クリック > 競合の解決 > ”自分の変更”を使って解決(要はmaster)

プルして衝突になった場合、プルしたデータを捨てて自分のデータを採用します。

ビックリマーク(!)を右クリック > 競合の解決 > ”相手の変更”を使って解決(要はsub)

プルして衝突になった場合、自分のデータを捨てて、相手が更新したリモートのデータを採用します。

Sourcetreeの~lockファイル

~lockファイルって何だろう、と一瞬思ったのですが、lockファイルはファイルが開いているだけでした。

~lock.test.xls

ならエクセルファイルを閉じればいいだけですね。

SourceTreeのmacとwindowsのインストール

Sourcetreeはmac版もwindows版もあり、こちらからダウンロードしてインストールできます。サイトもある程度日本語化されています。

Sourcetree - 無料の Git & Mercurial クライアント | Atlassian
Sourcetree は、Windows および Mac 向けの無料の Mercurial および Git クライアントです。ご使用の Hg および Git リポジトリにグラフィカルインターフェイスを提供します。

特に難しいことはありませんでしたが、Atlassian(SourcetreeとBitbucketの開発会社)のアカウント登録が必要です。バージョンアップを繰り返していることもあり、古い記事をみるとフローが変わっているためあまり役に立ちません。。やってみてわからなかったら調べる方が早いでしょう。

Bitbucketの登録

Bitbucketの登録はこちらからできます。Sourcetreeと共通のアカウントでOKです。

Bitbucket | The Git solution for professional teams
Collaborate on code with inline comments and pull requests. Manage and share your Git repositories to build and ship software, as a team.

Bitbucketの容量制限に注意

Bitbucketを導入する前にまず調べたのが容量制限のことです。まあ、無料で使えるものが制限がなかったら、それはそれで怖いですからね。当然のことでしょう。公式サイトにのっています。

Soft limit 1 GB: At this point we let you know you’re getting to the higher end of an effective repository size and you might want to perform maintenance to keep from hitting the hard limit.
Hard limit 2 GB: This is essentially a repository size stop sign we’ll limit what you can do until you reduce your repository size.

Reduce repository size - Atlassian Documentation

1gbでソフトな制限がかかり、 2gbでハードな制限がかかります。Sourcetreeで大きなファイルをコミットしようすると警告もでます。

あらかじめどのようにバージョン管理するのかよく検討した方がいいでしょう。

個人的にはプログラムなど軽いファイルのみにとどめ、photoshopなどのpsdはもちろんドキュメントはバージョン管理からもちはずしています。特にデザイナーやプランナーは要注意ですね。

大きなファイルのバックアップとしては、dropboxで十分かなという気がしています。

決定版クラウド(Dropbox Pro )とローカルで丸ごと2重バックアップを実現!
現在、Dropbox Proで丸ごと2重バックアップしています。 ローカルとクラウドの両方に同じファイルを置いています。今回はうちのPC環境を丸ごと暴露しようと思います。 Dropbox Proを導入したのち、すぐにこの構成に移行しました。...

中にはdropboxではなくドキュメント等はsvnと併用して管理している人もいるようですね。

subversionとgitの1番の違い

subversionとgitの違いはいろいろあるのですが、gitはネットを接続せずローカルでバージョン管理できるのが大きいな、と思いましたね。

人気記事  【比較表あり】安いオンラインプログラミングスクールはおすすめ?【無料あり】
  1. プログラミングスクールは格安に!cssやphpも楽勝に!
  2. 電子書籍並みの価格で買える格安のプログラム動画学習サイトも一緒に紹介!初心者から上級者向け英語コンテンツまであり。ソースコードは言語関係なしに世界共通!
スポンサーリンク
プログラミング
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました