edrawmaxの無料版・試用版!MacWindowsフローチャート買い切りのおすすめは?

PC・ソフトウェア・ブラウザ

プログラミングやアプリ開発のためフローチャートを書くことがあります。おすすめはどれでしょう?↑↑上記は実際に使ってみた格安フローチャートソフトedrawmaxです。

いつもは使わないので、昔から買い切り派です。

フローチャートソフト・アプリで買い切りのおすすめはEdrawMax【Mac・Windows対応】

買い切りのフローチャートソフトを調べたところ、圧倒的にEdrawMaxが安いです。

EdrawMaxのセールはいつ?最安値の価格は?

春夏秋冬とわずセールをやっています。15000円代が最安のようです。

Wondershare EdrawMax

EdrawMaxの体験版の制限(無料版・試用版!を使おう)

まずは体験版をインストールすると早いです。

  • 体験版は15日です。十分でしょう。
  • エクスポートや一部の機能が使えないです。使えない機能は公式サイトに飛ばされます。

インストールは簡単でカスタマイズの設定などもないためクリックしていればすぐ終わります。

Wondershare EdrawMax

EdrawMaxのメリット

edrawmaxの無料版・試用版
acWindowsフローチャート買い切りのおすすめは?
edrawmaxの評判

大体の部分では満足です。

  • フローチャートほか、グラフ、個人的に使いませんが、電気回路図などの図面にも対応
  • インポートはVisio(一括インポートもあり)、SVG、CAD
  • エクスポートはJPG、PNG、BMP、TIFF、PDF、Word、Excel、PPT、SVG、Visio、PS/EPS
  • 整列機能あり

Wondershare EdrawMax

EdrawMaxのインポート機能

EdrawMaxのインポート機能

Visioデータのインポートができるため、乗り換えは容易です。

EdrawMaxのエクスポート機能

EdrawMaxのエクスポート機能

SVGやhtml、Visioの書き出しに対応している点は評価できます。

Wondershare EdrawMax

EdrawMaxのデメリット

EdrawMaxのグリッドのスナップ

Windowsで右クリックすると、グリッドのスナップという項目がありますが、グリットをスナップが効かないっぽいです。。バグなのでしょうか。大変残念です。

またグリットサイズも変更できません。オンライン版はあるようですが、WIndowsにはありません。。

個人的にはフローチャートを描く際に重宝していた機能です。

グラフィックソフトに慣れているものとしてはこの機能は必須なのですよね。

整列機能やガイドで揃えることはできます。

edrawmaxの整列機能

Wondershare EdrawMax

また複数人で使う場合は、サブスクリプションになってしまうようです。

edrawmaxのweb版とソフトウェア版の違い

両方とも使ってみました。

機能なども多少違うようです。個人的に1番気になったのはedrawmaxのweb版は若干重いということです。そのためソフトウェア版で使うことがおすすめです。Dropboxなどで同期すればオンラインと使い勝手は変わりません。

edrawmaxとedrawmindの違い!マインドマップ機能は使えるの?

edrawmaxとedrawmindの違い!

edrawmaxは作図フローチャートソフトです。

edrawmindはマインドマップのソフトです。

edrawmaxでもマインドマップを作ることができますが、edrawmindよりだいぶ機能が少ないです。

試しに使ってみました。

体験版を試してみると早いですね。

Wondershare EdrawMax

edrawmindの詳細はこちらをみてください。

EdrawMaxのTwitterの口コミ

VisioからEdrawMaxに乗り換えした口コミが多いですね。Visioは買ったことありますが高いです。

Wondershare EdrawMax

スポンサーリンク

フローチャートソフト・アプリで買い切りのおすすめはMicrosoftVisio【Windows/Web版】

Visioのメリット

  • グリット表示して吸着ができる

Visioのデメリット

  • デメリットはMacでは使えないことです。
  • Web版は買い切りではありません。サブスクリプションです。

しかも、Web版はあまり評判がよくありません。。

office365にVisioは含まれている!?

office365を契約している場合、現在、Visioは使えるはずです。ただし、ずっとサブスクリプションに契約しなければなりません。

それよりも、Googleドキュメント(無料)、スプレットシート(無料)やOpenOffice(無料)とEdrawMax(買い切り)を組み合わせるとよいです。

エクセルでフローチャートはおすすめしない

エクセルでフローチャートを書くのはおすすめしません。Excelでフローチャートはかろうじて描くことはできますが、表計算ソフトだからです。

スポンサーリンク

フローチャートソフト・アプリはほとんどサブスク【Mac・Windows】

ほとんどのフローチャートソフトはサブスクリプションです。

マインドマップと併用できるものが多いです。詳細はこちらの記事です。

スポンサーリンク

フローチャートソフトは個人的にどれを使っているの?

個人的にはもともとVisioの買い切りユーザーです。

どうしても必要で高い値段で買いました。今はもう販売されていないVisio 2016です。2016年の頃、EdrawMaxは日本で販売されてばかりでまだ機能に不安がありました。。Visioはその前にも買い切りを1回買っていますので2回目ですね。

マイクロソフト
¥50,380 (2022/11/20 13:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ただ、2022年に体験版を使ったところEdrawMaxは大きく進化していました。そしてVIsioは倍以上の料金です。今知り合いに聞かれたらEdrawMaxでいいんじゃないという気がします。

EdrawMaxとEdrawMindとEdrawInfoのセット割引の際に購入しました。

Visio 2016はもうちょっとuiなども古い気がしますからEdrawMaxを今後使っていこうと思います。

Visioがよい場合は、Visio Plan 1ならサブスク¥540で使えます。

マイクロソフトは買い切りは高額で、サブスクは安価な会社です。500円でざっくりと計算すると年6000ですから、5年使っても30000円です。不要なときは解約もできます。今ならサブスクでもいいですね。ただ、Visio Plan1はWeb版のみです。

1つ大きな問題があります。、VisioのWeb版は評判が悪いということです。

だから結論とししてはEdrawMaxです。

Wondershare EdrawMax

グリッドの設定だけ早くなおしてほしいです。参考になれば幸いです。

フローチャートの書き方の本。

スポンサーリンク
PC・ソフトウェア・ブラウザ
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました